スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
願う法改正
数日前に、ブリーダー崩壊寸前の情報が入って来た。
数は、350頭。
従業員3名。
所詮世話なんか出来ない数である。

2ヶ月前に、某繁殖場を訪ねた。
ここも200頭近い。
経営者1名と、朝9時から1時までのバイトの子が一人。
この現場も、めちゃめちゃであった。
世話って、何をしているんだろう???
ご飯を200頭にあげ、排泄の処理をし掃除をするのに、4時間では不可能。

現在、シェルターに100頭近い子達が居る。
常勤3名+応援1名+ボランティアさんの参加(この数は2名の時もあれば10名の時もある)
私が食事の用意をしているが、作るだけで40分。
配膳は別の人が行っている。
これでも、猛スピードで手際よくやっている。
前日の作業終了の際に、食器の用意と犬舎番号の札も準備し、フードの不足も補っている。

どんな給餌・水のやり方なんだろう???
昔、見た繁殖場の餌やりは、ドライフードをばら撒いていた。
鳩の餌やりのようだった。。。
水は、ホースでケージに向けてかけ、下に溜まった水を飲んでいた。
これが、世話の仕方。
命あるものにする事ではない!!

私達の所にも、保護依頼や世話の頭数のマニュアルを作った。
優先は、当然身寄りのない警察や処分センターの子達。

可哀相だけでは、助けられないからである。
その場は保護出来ても、里親様に出るまでにどれくらいの時期を抱えるかは分からない。
あまりにも、無理をすると壊れてしまう。
シェルターの維持管理をするのは、これほどにお金がかかるとは思っていなかった。
普通に自宅で保護してやっていた頃とは全く違う。
今の頭数が、スタッフの数を考え限界である。
覚悟はしてシェルターを設立したが、自分の時間は全く無くなった。

本来は、一人5頭くらいであれば、もっともっとやってあげる事ができる。
しかし、あまりにも保護依頼が多く、限界の寸前である。
それでも、依頼は続く。
以前も書いたが、依頼者の責任の重さは無いのか?
電話口の向こうで、「動物愛護団体って、書いてるのに何故引き取ってくれないのか!!」と、切れられる事もしばしばある。
こっちが、切れるよーーー!!
「最後まで責任持てなかったら、飼うな!!」と心の中で叫ぶ。
人に丸投げして、自分は明日から普通の生活?
おかしいでしょ!!
センターで明日、殺処分される子が居るのに、飼い主が居る子を優先して保護する事なんかしません!!
自分の出来る事を考えて、一生懸命頑張ってそれでもぶつかったら相談して下さい。

今日は、何が言いたいかと言うと、行政の管理である。
通報があって動き出すお役所。
そりゃ、仕事は犬ねこの事ばかりじゃないと、役所の方はおっしゃいましたが、狂犬病予防注射すらほとんどしていない、業者をなぜ野放し!?
業者はそんな金が無いという。
200も、300も抱かえてたら、100万。
ワクチンを入れれば300万。
狂犬病予防注射は法律で定められている。
やっていなければ、法で裁かれる。
行政は、なぜ摘発しない???

従業員の数に合わせて、頭数を決めなくてはいけないと思う。
登録制では無く、許可制にすべきだ。
適切な飼育場なのか?
適切な管理がされているのか?
1頭につき、決まった広さがあるのか?
もちろん、狂犬病予防注射・ワクチンをきちんと毎年受けさせているのか?
子犬製造工場であってはならない。
悪徳ブリーダーは、潰さなければいけないでしょ!!
法律が変わらなければ、どんどん酷くなっていく。

母犬の姿を私達は、数えきれないほど見てきた。
今も、使い捨てのボロボロになった母犬が傍にいる。
可哀相すぎる。。。
ただ、子供を産まされるだけの道具に過ぎなかった。
愛情なんて知らない。
そんな子達の子供が、ペットショップのウィンドウに並んでいる。

買わないで欲しい。
簡単に買わないで。。。
買わなければ、業者も増やさない。
売れるから、作らなくてはならない!!
母犬は、泣いています。
苦しんでいます。
助けて!!と、叫んでいます。

多くのワン達を保護しております。
皆様の出来る範囲でのご協力を心よりお願い申し上げます。


ご支援金での協力

ご支援物資での協力

グッズ購入での協力
Posted by 2005angels
comment:2  
[未分類
comment
こちらのブログでこういう記事を見るたびに、「またブリーダー崩壊かぁ・・・」と
情けなくなってきます。
いつまでたってもこの手の問題は終わりがないようですね。

私いつも思うんですけど、日本には動物を売り物にしてお金儲けを
している企業がたくさんありますよね。
でも、だからと言ってこういう問題に取り組んでいる所は聞いたことが
ありません。
私が知らないだけかもしれませんが・・・

ペッと産業の陰で、地獄の様な日々を送っている仔達が
たくさんいる事を知らないのでしょうか。
いえ、そんなことはないはずです。
売れればいい、儲けさえすればいいという企業があまりにも多すぎて、
命の大切さなんて、過去の産物になっているのでしょう。

もういい加減やめにしてほしいです。
こんな日本に誰がした!って吠えたい気分になりました。



2010/05/14 13:33 | | edit posted by クリステル
エンジェルズの現場を拝見して、清潔に綺麗に世話されていて頭が下がりました
生きる気力をなくした犬の目に輝きと人間に甘えるしぐさが出てきていたので驚きました
エンジェルズにこられた犬達は幸せです
どこか、暖かい場所に引き取ってもらえない多くの犬がまだ沢山いるのですね・・・
行政はいつまで、動物の虐待を許しているのか・・・
本当に憤りを感じます
お金のためにむやみに繁殖をすると、ペットを買う人も同罪だと思います
余りに悲惨な現実をもっと知って、ペットを買わない人が一人でも増えることを祈るのみです
2010/05/16 21:33 | | edit posted by mim min
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。