スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
ドリームボックス
日々、飼い犬・猫の相談電話や保護依頼の電話が入る。
今週になって、犬で合計15頭のSOS。
「全頭、助けたい」の思いはいつも一緒。
けど、人間の身勝手な問題での保護依頼には、いささか???が頭の中を走る。

「全頭、助けたい」この言葉を発したのは、私が初めて動物管理センターを訪れた日だった。
悲しい瞳のワン達が、緑の格子越しに「ここから出して・・・助けて下さい。」と、訴えていた。
行政の方に、「みんな、助ける!!助けたい!!」と涙ながらに訴えました。
職員さんが「そんな事を言っていたら、保護活動はできないよ」と、おっしゃった言葉が、今でも深く胸に刻まれている。
初めての施設訪問で、胸が抉られる思いをした事を覚えている。
あれから、5年の月日が流れたが、動物管理センターの抑留室で最期の日を待つ子達を見るのは、今でも胸が抉られる思いになる。

今、管理センターで処分機(ドリームボックス)のボタンを押す人が綴った本を読んでいます。
ページをめくる数が増える毎に、初めて訪れた日の気持ちが思い出され、一向に進まない読書。
話せない子達の声が、聞こえてきそうで。。。
追い込み通路と処分機の間で、不安そうなワン達の中に、カメラを向けられたゴールデンが笑っている画像がある。
この子は、数分後には、この世にいない。
なぜ、笑っている?
カメラマンに対して、笑顔になっている。
そう・・・人間が大好きだから・・・。
犬は人を恨むことを知らない・・・。
この画像はインパクトが大きすぎて涙なしでは見れません。

日に、2~3ページ読んでは、本を閉じ深く考える。

今日の作業時間、「じぃ」を前に暫く座っていた。
じぃも、大阪市動物管理センターから来た子。
あの日、じぃと会って居なかったら、じぃを知る事も無く、この世に居なかったじぃ。
じぃの場合は、飼い主の持ち込みだったので、5日の期限は無い。
即日処分か翌日の処分である。
あの日の、じぃの目は諦めた瞳をしていた。
大阪市の場合は、不要犬とは書いてはいないが、処分対象になっている子は黄色のビニール紐が首輪などに括られ目印としていた。
じぃは、飼い主に連れられ、トボトボとセンターにやって来たのだろう。
そして、飼い主が処分費用を払って、書類を書いているのを横で見ていたのだろう。
じぃの心の声は、何だったのだろう。。。。
落胆。
絶望。

現在の処分方法は、二酸化酸素ガスでの窒息死。
密閉された処分機の中に、ガスを送り込み呼吸困難を引き起こして意識不明になる。

この処分機を「ドリームボックス」と言う。
直訳すれば「夢の箱」。
何が夢だ!!
そんな、名前を付ける必要なんか無いと、個人的には思う。

この処分機が現れる前は、撲殺であった。
木製バットで頭を目がけ、力任せに殴り殺されたそうである。
現在の施設は、全て自動で職員の手を取らず追い込まれて行く。
大阪府の処分施設は、自動では無かった。
追い込み棒で、床を叩き処分機に導いて行く。

その後、処分機が登場し、苦痛を少しでも和らげ眠るがごとくと、祈る気持ちから「ドリームボックス」と名づけられた。
私達も何度も処分後の亡骸を見てきた。
その度に、人間はなんと恐ろしい生き物なのかと思う。

じぃを持ち込んだ飼い主は、知っている。
ここへ連れて来たら、殺される事を。

今現在も各地の動物管理センターの抑留室に、沢山の犬や猫が居る。
昔と違って、大半が純血種である。
数ヶ月前にお邪魔した、センターでも驚いた。
ペットショップのようであった。
プードル・キャバリア・チワワ・ダックス・ラブラドール・パグなど。。。
処分日が来れば、この世から消えてしまう子達。
どう考えても、野犬ではない。
飼い主が居た子達。

行政側も、この子は純血だからとか可愛いからとか小さいからとか言って、処分しないでおく事は無い。
大きな犬も小さな犬も≪犬1≫である。
期限が来たら、処分である。

私達が、保護出来るのには限りがある。
第一に、どうか知って下さい。こんな子達が居る事を。
犬を飼おうと思ってらっしゃる方は、どうかまずは管理センターの子達に目を向けて下さい。
その前に、自分が最後まで責任を持って、飼える事が出来るのかよく考えて下さい。

人間の身勝手によってあまりにも犠牲になる子が多い。
昔に比べれば、処分数が減った減ったと言っているが、飼い主持ち込みの数は減っていない。
増えたかも知れない。
これは、ペット産業が大きく伸び、沢山の生体販売店があり、簡単に買えるからである。
一方、不妊手術が普及し、一般で増やされる事は減っている。

今日の日誌で、何が言いたいかというのは、飼った以上最後まで責任を持ってほしいと言う事。

行き場のなくなった子達が、管理センターで助けを待っている。
私達は、最後の砦である所から一刻も早く、助け出したい。

色んな事情で、愛護団体に連絡をされて来ますが、結構自分勝手な理由が多いのが現状。
「あなたにできる事を最後までやって電話をされましたか?
今、そばで居る子の心の声を冷静になってよく聞いてあげて下さい。
あなただけを信じて、暮して来た子なんですから。。。
あなたが、声をかけてあげると、必ずその子は笑顔でいるでしょう」

「引っ越しするのですが、次の所がペット不可なので引き取ってもらえますか?」
ブチッと、血管が切れる音が聞こえそう(怒)
「ペット可の所を探せばいいじゃないですか!!
今日もこんな電話に、情けなくて腹立たしくて、切れた。
アホな自分勝手な人間が沢山居る。。。ふぅぅぅ。。。。

新しい家族を待っている子達

「譲渡会&天使達の同窓会」開催
日時:平成22年5月30日(日)
時間:AM10:00 ~ PM4:00

プチバザーも同時に行っておりますので、ご参加下さいませ。
*お手数ですが、同窓会参加の方は下記よりお申込みをお願い致します。
「天使達の同窓会」参加申し込み(パソコン用)

「天使達の同窓会」参加申し込み(携帯電話用)

バザー商品ご協力のお願い
犬用品(服・リード・首輪・おもちゃ・ベット等)
日用品(食器・タオル・台所用品・寝具関係等)
(衣類・食器等は新品でお願いします。)

おりじなるTシャツが完成しました。

皆様へお願いです。
4月より宗像の子たちの不妊手術を開始して行きます。
混合ワクチン・狂犬病予防注射・畜犬登録・フィラリア予防投薬・フロントラインなど、多額の医療費がかかって来ます。
皆様のご支援・ご協力を重ねてお願い致します。

郵便口座 口座番号 : 14040-31760911
口座名義 : エンジェルズ

ジャパンネット銀行 口座番号 : 5872070
店番 : 001本店営業部
口座名義 : エンジェルズ 林 俊彦

*お振込の際は、「レスキュー基金」と明記して下さい。
  明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。

緊急:ご協力の物資お願い
犬用おやつ
ワン達の楽しみの一つに、お掃除終了後と午後からの運動の後、お部屋ではおやつが待っています。
みんな、一直線にお部屋に走りこんで来ます。
そのおやつも底をついています。
ワン達へ、ササミジャーキーなどのご協力をお願いします。

小型犬~中型犬のクレート(中古可)

スーパーワイドシーツ

大型洗濯機(中古可)
Posted by 2005angels
comment:5  
[未分類
comment
私も数年前動物管理センターへ足を運んだ事人間です。

初めて行くまでは処分=安楽死と思っていました。

以前テレビでは管理センターの犬や猫は
殺処分と言う言葉は殆ど使われず安楽死という言葉が使われていました。

しかし実際見てみると安楽死なんてありえませんでした。

私が見たとあるセンターは処分室が地下に存在し
ダストボックスの様な所に犬を落とし込み
(2階から1階位の高さがあった記憶があります)
二酸化炭素を注入するものでした。

センターの人曰く
『ドリームボックスへ入るまでに骨折する犬とかもいる』との事も聞きました。

『改善してやりたいけど予算がない。自動の追い込み柵も壊れて今は手動で追い込んでいると・・・』



また、別の管理センターでは猫が処分を待つまで麻袋に入れられ殺されるのを待っていました。

『子供が生まれたけど貰い手がない』『歳だからもう飼えない』と言う持ち込みの猫を飼い主が泣きながら『ごめんねごめんね』と麻袋に詰めるそうです。

麻袋に詰め込まれた猫は殺されるまで硬く縛られた麻袋の中で処分のときまで待っています。
そして時間がきたらそのまま処分されてしまいます。

春になると子猫の数はどんと増え一日に数十頭持ち込まれたりしています。
私が行った数年前の春には26匹の猫が処分を待っていました。

未だにあの鳴き声は耳から離れません。


そんな犬猫の現状をどれくらいの方が知っておられるのでしょうか?
『可哀想だから知りたくない』
『そんなの見れない~聞きたくない~』

大概の人が口を揃えてこう言います。



聞かなければ・・・見なければ・・・いい事なんでしょうか?
残酷なものから目を背けたい気持ちは分かりますが勇気を出して一歩踏み出して
知って貰いたいと思います。

2010/04/21 14:42 | | edit posted by 動物好き
いつまで続くのか・・・
こういう悲しい現実は、人間という生き物が世の中にいる限り
なくならないのかもしれませんね。

モラルの向上や啓蒙活動にも限界があるのかもしれません。
「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる」
この思いを皆さんに持ってほしいです。

自分が変われば人も変わり、未来も変わっていくと私は信じています。
今動物を飼われている皆さんが悲しい現実にしっかりと目を向け、
間違っても途中で飼育放棄をせず、最後まで面倒みる事を
改めて心に誓ってほしいです。
飼われている動物たちは、飼い主さん命ですから・・・


2010/04/21 16:39 | | edit posted by クリステル
ほんとうに、心が痛み、苦しいです。
どうして人間はここまで残酷になれるのでしょうか。涙が止まりません。
2010/04/22 09:11 | | edit posted by Bezner
かつて私は子犬を捕獲した行政に なじり言葉を発したことがある 近隣の通報での捕獲であり ノラの仔だからである飼い主に捨てられ仔を産んだことがなぜいけないのか 自然な事である ノラだからか 行政は近隣に やっと捕まった!良かった!親も捕まえないとならないが残念!とつぶやいてた いかにも楽しい顔での言葉に声をあげてなじった 言葉の使い方が間違えている 生きるすべを考えての捕獲をしない 人間社会の頼み事ものらりくらりなくせに こんな事は御満悦になる 職員や近隣はおどろいてはいた 今も行政に行くとき 私は変わり者の目でみられるが気にしない。
かつて私は子供であり社会人として一人前ではなくあの仔たちを救えなかった 今は ノラの仔を飼い母親はなつかせ 避妊し保護している飼うことになるだろう
厄介払いの近隣と 教育のない行政にたいし私はやるべきことをやった
今になり 誉められる言葉が飛び交うがこれも気にとめない。何もしない人はから誉められても嬉しくないからだ 変わり者も個性であると思う 私は助けてあげたかった それだけである

たった1匹さえ飼えず処分に出すことは無責任さをさらけだしていること 初めから飼わない! 中途半端な思いは動物や人間社会にも迷惑だ
2010/04/22 10:46 | | edit posted by
許せない・・・
酷すぎます・・・
言葉かありません・・・
一日も早く方の改正を望むばかりです・・・
頑張ってください・・・
2010/04/23 16:19 | | edit posted by mim min
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。