FC2ブログ
退院
自力で食事も出来るので先生から退院しますか?とのお言葉が出たので、自宅に連れ帰った。
レスキュー当日は体の糞尿を流しただけだったので、連れ帰ってタオルに抱きながらよく見るとおなかや股辺りは一面が絨毯状態であった。
耳の毛もカチカチに固まっていた。
床ずれ部分に毛が張り付くので毛を短くした。
栄養状態が悪いため毛の伸びも悪いだろうけど、新しい出発で嫌な物を全て落としてあげようとも思った。
体の負担になっては駄目なのでサササーーと終了。
毛も片手にのる量で絹糸のように細かった。


床ずれ部分4箇所のうち2箇所は固まってきているが、他は穴があいている。徐々に栄養つけてお肉がつけば・・・良くなるね。




帰宅後すぐにヤギミルクを少量。
病院から出た療養食のi/dを四分の一。
食事の用意をしていると、立ち上がってくるが、1センチの段で倒れている。
何度も何度も起き上がっては倒れの繰り返し・・・
そして、下痢が続いている。
血液検査の結果は極度の栄養失調と脱水状態で他にひっかかる所はあえて無かった。
先生は相当の期間餌を与えてなかったんでしょうね。とおっしゃっていた。
我が家に戻って9時間。7回の下痢。
今はスヤスヤと寝ています。
1ヶ月もしたら見違える体になっているのかしら。
みんなの応援をいっぱいもらってるんだからキャドも頑張らないとね。




そして、キャドを引き出した日、某警察署から緊急の電話があった。
期限が過ぎています。このままでは・・・と言う事であった。
黒ラブの若い男の子である。
とってもフレンドリーで迎えを待っているとおっしゃった。
大阪府下の為、処分施設に入ってしまうと飼い主以外は引き出せない。
ホストファミリーさんで大型犬OKの所は少ない。
とにかく、迎えに行くので出さないで下さいと伝えた。
とりあえず、スタッフの家で一時預かりしホストファミリーさんを探そうという事になりました。
その翌日、ラブOKのお返事がI様ご家族から頂けました。
神様は見ていてくれたのです。
明日、遠方よりお迎えに来てくださいます。
キャドも黒ラブ君も明日に向かって大きな希望を持って欲しいです。

<お願い>
キャド君の床ずれ防止に柔らかなマットを使用しておりますが下痢が続き汚れて洗濯がおいつきません。
不要になった、柔らかめのタオルケットがございましたらご協力頂けませんか?宜しくお願い致します。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/817-6d710cdc
trackback