FC2ブログ
神様・・・
あの日、出会った時の事は私は今も鮮明に頭に焼き付いています。
団体を立ち上げて3ヶ月目の時、処分施設にいつものように訪問しました。
7頭程のわんこが監房に入っている中、この子は寂しげな目で首をかしげ、飼い主がお迎えに来た?とでも思ってるように静かに外を覗いていました。
警察から処分施設にまわってきた子でした。
監房内では他のワン子がワンワンと鳴き喚く中、彼はじっと無表情な顔でただひたすら外を見つめていたのです。


とっても、男前のりりしいゴールデンレトリバーでした。
「もぅ、大丈夫やよ・・・帰ろうね。」と話しかけ事務所に戻りました。
いつから手をかけてもらってないのか、今までに無い凄い臭いでした。
何度も何度もシャンプーし、見違えるくらいの美しさを取り戻しました。
そして、ホストファミリー様の元へ・・・
とっても、良い子で毎日楽しくお散歩してもらっていました。
私達が通う病院のすぐ近くだった事もなり、毎日のように彼を訪問しました。
そして、運命の出会いがありました。
遠方から里親様が駆けつけてくださり、M家に年末29日に向かえられ、毎日を穏やかに過ごしておりました。
スタッフ達の中では彼の名前が日常よく出て、会いに行きたいね~といつも言っていました。
毎月1回は必ず、里親様から近況を知らせて頂けるお写真&メールを頂き、愛されてる事を確信し安心して見守っておりました。


数日前に気になる所があると病院に行かれました。
報告は受けておりましたが、大事にならないように・・・と私達は祈る気持ちでいっぱいでした。
そして、昨夜、検査結果の報告を聞き、耳を疑いました。
「悪性リンパ腫」
里親様が一番辛いのにも関わらず私達は涙涙で病気を憎み、間違いである事を願いました。
私達にお手伝い出切る事はなにか?
私達が彼にしてあげれる事は何か?
祈る事しかできないのか?
悔しいです・・・本当に・・・
酷い環境からやっと、抜け出し、生まれた時から赤い糸で繋がっていた家族と巡り合え毎日を満喫していた彼。
幸せは始まったばかり。
里親様も彼との旅行も計画中でした。
今からまだまだ、沢山楽しいが待っている。
見つけ出された大切な大切な命。
さよならするのはまだまだ早すぎる。
頑張れ!!

神様・・・
どうか助けて下さい。
どうか間違いでありますように・・・
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/795-e8f91a9c
trackback