スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
幸せの魔法
今年の初めにある少年との出会いがありました。
近所の高校1年生の少年。
私達が事務所外で作業をしていると、
「僕に何か出来る事はありませんか?」
「何か手伝わせて下さい。」
と声を掛けてもらった。
今の世の中でこんな事があるんだ?と大人達は少しビックリしました。
彼は高校でラグビークラブに属し、立派な大きな体です。
当日も力仕事を一生懸命こなしてくれ、「ありがとうございました」と言って帰って下さいました。
それから、譲渡会等で何度も来てくれるようになり、処分施設に居る子達の現実も知りました。
彼はまだ16歳です。
自分に出来る事を一生懸命さがしてくれました。
自分に何ができるのか?とご両親にも話してくれていました。
「勉強して獣医になって、沢山の子達を助けて行きたい。」と言ってくれました。
素晴らしい少年です。
数ヶ月前からは学校が終わって、そのまま犬の散歩の為に、事務所に毎日来てくれるようになりました。
ご両親もとても協力して下さっています。

1ヶ月ほど前、マルチーズのレスキュー時、私達が必死でホストファミリー様にお願いの電話を入れていると、
「うちが預かります」と言ってくれました。
マルチーズ「アトム」
アトムはレスキュー当時、腸炎で下痢が続き、1日入院していました。
便で汚れたアトムに「可哀想に・・・」と彼は優しくそっと声を掛けていました。
アトムの世話は彼が自宅でも担当していました。
食事や投薬もとても、気にかけておこなってもらったおかげで、アトムは日増しに回復し元気になりレスキュー当時のガリガリから
ふっくらとして来ました。
そして、今日アトムに素敵な出会いがありました。
トライアル開始が急遽決まったため、すぐに少年に電話を入れると大雨の中、駆けつけてくれました。
「宜しくお願いします。」
少年は涙で語れませんでしたが、とても素敵な涙でした。
アトムも少年をずっと目で追っていました。
「おにいちゃん・・・有難う。僕、幸せになるよ・・・本当に有難う・・・僕を忘れないでね」
アトムは必ず幸せになります。
少年がアトムに幸せの魔法をかけ、旅立っていったのですからね。




Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/790-c2142472
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。