FC2ブログ
ミニピン「ジャック」君
忙しいをと通り越して何が何だか判らないまま、時間が過ぎている。
8時、新事務所の現場から始まった。
沢山のボランティアさんのおかげでドンドンと犬舎は仕上がっていっています。
びっくりするスピードです。
シェルターと言うイメージでは無く、普通の家のお庭でゆっくりと気持ちをリラックス出来るように配慮されています。
レスキューしてすぐのワンちゃんは不安で一杯です。
冷たいコンクリート・鉄の檻のシェルターイメージについて、私達皆、考えさせられていました。
我が家の犬がもし、保護されていたら、どんな所で過ごしていたのか?そして、どんな所だったら安心なのか?
沢山の方から案をもらって、素敵な犬舎が出来上がりそうです。
いつもながらですが、今回ワンを愛する気持ち・助けたいと言う、人の繋がりの大きさ・大切さにとても感謝しております。
当初は自分達で少しづつ作り上げようと思っていましたが、毎日何か手伝いが出来れば・・・と沢山のお電話を頂きます。
そして、プロの職人さんも大勢参加して下さっています。
動物達を救うために、個人の力が集まって、大きな物を作りあげていく日々に驚きと感動をさせて頂きました。
今日は昼から大粒の雨が落ちてきている中、黙々と雨に打たれながら作業をして下さっていました。




そして、昨日のミニピンちゃんが沢山の人のリレーのもと大阪に到着しました。
夕方、一番で病院。
出来る限りの検査をしました。


レントゲン結果は「骨盤・左足骨折」
骨盤は左側に大きく、曲がっていました。




放浪している時に、車に跳ねられたようです。
幸いにも脊髄・内臓にダメージが無く、一命をとりとめたようです。
事故にあって、半月は経過しているようです。
座ると腰が砕けたように左に流れます。
事故後、動けずにどこかで潜んでいたんでしょうか・・・?
怖かった事でしょう・・・不安だった事でしょう・・・
床ずれのような傷が数箇所見られます。
血液検査からは大きな異常は見られませんでしたが、栄養状態がやはり悪いです。
暫くケージレストで絶対安静の指示が出ました。
今後、骨折箇所の接合など考え、外科専門医と相談して行く予定です。
沢山の方がミニピンちゃんを心配されていると思います。
名前は「ジャック」と名づけました。
日誌にて経過を報告させて頂きますので、ご安心下さいね。
本日はスタッフが見ております。
里親様の元に旅立つのには少し時間がかかりますが、心の傷を癒して笑顔で送り出せる日が必ず来る事を願っております。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/781-9a10624f
trackback