FC2ブログ
責任
8時半現場で沢山のボランティアの職人さんが作業を開始して下さいました。
本日、犬舎床仕上げ・シャンプーブース床仕上げ・室内床張り等・・・
さすがプロの技!!作業はすごい早さで進行。






10時半頃、バケツを引っ繰り返したような豪雨。
一瞬にしてずぶ濡れ状態ですが、朝一で現場は雨対策のブルーシートで覆われていました。
犬舎はコンクリートが乾いて防水剤を塗り、出入り口をつけて完成の予定です。
そして、シャンプー場・・・
シンクは前事務所から移動しますが、ガス・水道の配管がいる。
これは免許がいるので業者依頼です。
これがかなりの高額らしい・・・室内設置にしたかったけど、大型犬の事を考え屋外。
夏場はいいけど、冬はどうなるのか???寒いだろうなぁ~~~
どこで完成?かはまだまだ先が見えません。
今は犬舎・シャンプー場の建設が最優先。
毎日、多くの方にご協力頂いています。
感謝の気持ちで一杯です。
本当に本当に有難うございます。

今里事務所では本日、トライアル開始が始まりました。
半年間、待ち続けたMix「真央」君。
ホストファミリー様と過ごした期間は長かったです。
お互いの胸の中は今は寂しい気持ちで一杯だと思います。
真央は全てを理解していたのか、ホストファミリー様の後を追う様子を見せず、
「ありがとう」の言葉だけを残し、里親様の車に乗り込んで行きました。
真央君、これからは本当のご家族と楽しい人生を送ってね。
毎日、笑顔で過ごしてくれるのを願っています。
おめでとう・・・
そして、ホストファミリー様、長い間沢山の愛情を真央に与えて下さって本当に有難うございました。

嬉しい旅立ちの後、2頭のGrがやってきました。
家庭の事情で放棄となりました。
最後まで面倒見れなかった事を飼い主さんはこの子達に何度も何度も謝って、後髪を引かれる思いで、事務所を後にしました。
ワン子達は一途な目で飼い主を見つめます。
飼い主に向かって満面の笑みで問いかけます。
「どうして?」
「一緒に帰りたい・・・どうして、置いて行くの?いつ迎えに来てくれるの?」




彼等には何の罪もありません。
長い間、生活を共にした家族と離れる理由は判りません。
暫くは寂しい気持ちが抜ける事は無いと思いますが、弟2の犬生に向かって希望を持ってほしいと思いました。
長い間、世話が出来なかったのか、体は小さく、痩せており、とても汚れていました。
大型犬の寿命は12年前後です。
人間に比べると6.7倍のスピードで老いていくのです。
とっても短いです。
どうか最後の時が来るまで見守ってあげて欲しいです。
飼い主としての一番の責任です。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/780-c41ea2d5
trackback