FC2ブログ
経たない放棄犬
10日ほど前に1本の電話が入った。
「息子からもらった犬が大きくなって、散歩も行けず、飛びつくので、私達老人には無理です。保健所に連れて行こうと思っています。」
の内容。
里親様を探しましたか?
何故、犬種を理解せずに購入しましたか?
色々聞いたけど、返って来る言葉は全てワンの気持ちを優先するものでは無かった。
この類の相談はよくある。
こちらとしては、里親探しの協力はさせて頂くが、すぐに「はい。でわ引き取りに行きます」とは言えない。
犬はラブラドール・昨年の11月の末に産まれたまだまだ、子供である。
何故?と言う言葉が何度も出るが、ひとつの命を家族として迎い入れる前に何故もっと勉強しなかったのか?
責任を持って終生飼育出来る決意が無ければ、安易に迎え入れないで欲しい。
犬を飼うのにはまず、時間と費用が掛かる事を理解してもらわなければならない。
特に大型犬の場合は病院代や薬代も体重によってかわるので半端な額ではない。
散歩の量もかなり必要である。
今回依頼のラブラドールに関してスタッフは話し合いホストファミリー様が見つかり次第、引き受ける事になった。
老夫婦のご主人は車椅子でした。
ほんと?の世界である。
8ヶ月の大型犬の子供のパワーは凄い。
どうやって散歩させようとしていたのか?
プレゼント主の息子も犬種を知らずに?
寂しさからワンを向かえたのであれば、膝に抱っこできる大きさではないのか?

そして、今日スタッフが2時間以上の道のりを走りラブラドールを迎えに行きました。
散歩は無かったようでした。
まだ、8ヶ月の子が散歩も無く、不要になって保健所?
やってられない!!
この子が何をしたというんだ・・・
産まれて飼われる場所によってこれまでも扱いが違うのかと思うと涙が出る。
当の本犬は陽気にニコニコ笑っていた。
子供なんだから当たり前の笑顔と当たり前の行動。
新しい家族が必ずどこかであなたを待っている。
ボールを投げれば喜んで取って戻って来る。
離しかけるとジィーと目を見て笑っている。
早く素敵な家族が迎えに来てくれるのを待とうね・・・「アルト」君






*「家族なのに・・・」
是非、ご覧下さいませ。

Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/764-482cbc21
trackback