FC2ブログ
笑って暮らす日が来ますように・・・
午後から要望を持ち行政側との話しに出向きました。


2時間以上の会議になりましたが、前向きな考えに今後、大きな期待が持てました。
行政側も民間の協力が必要である事はよく理解されています。
私達は警察から送られてきた最終処分施設の犬・猫を見てきました。
毎回、今日はどれだけが収容されているのか・・・?となんとも言え無いくらいの気持ちで向かいます。
ひとつの命が今、まさに最後を迎えようとしている。
監房の中から私達を見る目は何を訴えているのでしょう・・・
中に居る子は全て自分がどうなってしまうのか判っています。
部屋が変わって処分に近づく子達ほど目に気力がありません。
生きたい!!と思っていた事が諦めになって来ているのでしょうか・・・
彼等は目を逸らしません。

金曜日に私達の元にやってきたゴールデンの「まさこ」もここにいました。
野犬数頭と一緒に収容されていました。


彼女は何も言わずにただじぃっと見つめるだけでした。
目には光が無く、疲れ切った表情と悲しみを体いっぱいに表していました。
何と悲しい現実なのでしょう。
私達は胸が引き裂かれるような思いで語りかけました。
あれから、1週間が過ぎた今、まさこは笑うようになりました。




体力はまだまだありませんが、一生懸命について来ます。
ソファに呼び寄せると一生懸命上がって来ます。
そして、手をペロペロと舐めてくれます。
あの、環境から出て、普通の暮らしに慣れて来たようです。
まさこに何があったのか?
どんな生活を送ってきたのか?
と、想像してしまいますが、まさこにはもぅ辛い過去は必要ないのです。
今を幸せに生きて、残りの犬生を楽しく過ごし、生きてて良かったなぁ~と思ってくれる事を願っています。

全ての飼い主・ワンコが毎日笑って暮らす日本であって欲しいです。

*バザー商品のご協力をお願い致します*
日々レスキューされる子達の医療費が膨大な金額になっています。
長期治療の子もいます。
細心のチェックと治療を受けさせてあげたいのですが、現状はかなり厳しいです。
月1のバザーに加え、スタッフ達はフリマに参加しようと思っております。
新品・未使用品でございましたら、何でも結構です。
皆様のご支援・ご協力をお願い致します。

Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/727-4c54ec0a
trackback