スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
ブルセラ感染症のワン達をを救え!!
12月の末から気になっていたブルセラ菌感染犬の件で心を痛めていました。
ワンライフの代表と大阪府との約束事も流れが変わってきているようでした。
先日、事務所にまたたび獣医師団の代表夫妻がお越しになりました。
今回のブルセラの件で協力の要請でした。
そして、数日後ワンライフのN氏が事務所に来られ長時間に渡り、今回のブルセラレスキューの件でお話をされ要請を受けました。
幸いにも広島DPの終結と、その際に全国からご協力頂きました物資・余剰金を使わせて頂き、この子達の命を救う為に頑張ろう!!とスタッフ達は立ち上がりました。

翌日、とにかく現場を見ないと・・・という事で3名で朝から行きました。
この事件が発覚されてからすでに1ヶ月半が経っています。
大阪府も助ける為に救援チームを作り入ったと聞いていました。

現場を見て驚きしかありませんでした。
60頭近くワンコが居る部屋を一人のボランティアさんが必死になって餌をあげていました。
安定感の無いフードボールでワンコが動くとすぐにひっくり返り、クレートの皿が無いため上の子の餌は下にこぼれ落ちていました。








先週も代表が府へ物資の協力を申し出ましたが十分に足りているし、人も十分足りているとの返事しかありませんでした。
全くの嘘です!!
フードも全犬種同じ安価のドライフードでした。
今日も消毒薬・防護服・フード・バリケン・給水機を持って行きましたが、府は受け取りを拒否。
足りていると言いました。
どこが足りているんだ!!
私達はこの目で今、見たばかりです。

陰性の子の横にブルーシート1枚のカーテンで陽性の子が入れられていました。
それも2~3頭一緒に入っているのです。
投薬してるらしいですが、複数の子を一緒のケージに入れて便チェック等が出来るはずがありません。
いや、府はする気がないのです。
ボランティアさんに聞くと大型犬も小型犬も抗生剤は同量。
体重を計った事も一度も無いそうです。
投薬も直接口の中に入れる事は無く、餌皿にポンと置くようです。(飲む訳ないでしょ!!)
ボランティアさんが掃除した時に薬があちこちに落ちていたそうです。

玄関先に府の職員が3名立っていました。
完全防備で身を固めています。
全く仕事もせずに棒立ち状態の職員。
犬舎には一切入らないそうです。

府の人間に言いました。
どこがボランティアが足りてるんですか?
床もうんちだらけではないですか!!
不衛生極まりない!!
そんな時、下からボランティアさんが「誰か手の空いてる人いませんかーーー」と大声で叫んでいました。
ボランティアさんは皆、手がいっぱいです。
250頭近くを10名でなんて無理です。
府の職員も全く手伝う事もしておりません。
このままでは陰性の子も感染します。
府はそれが目的なのか?
生かそう!!助けよう!!なんて姿勢は全く見られませんでした。
隠そう隠そうとしている姿しか見えませんでした。

ワンコ達は叫んでいました。
「助けて!!」
「この中から出して!!」
「死にたくないよ!!」
その声が聞こえないのでしょうか。


何もしない府の人間を見て感じた事は行政が犬を虐待していると見えました。

クレートに小さなテープで張られた番号がこの子達の番号?
ワンコには何の表示もありません。
入れ替わったらどうなる?
責任者の人が言っておられました。
陽性ブースの中にも陰性の子がいると・・・
そして、陽性の子が陰性の中にいると・・・

救援チーム?
確かに職員の一人は獣医師免許を持っています。
しかし、免許があるだけのペーパードライバーさんのようです。

ブルセラ感染症=処分の前例を大阪府は作ろうとしています。
もし、あなたのワンちゃんがペットショップから来て、病院でブルセラ菌が・・・と言われたら二度とあなたの腕の中に帰る事無く処分されてしまうのです。

またたび獣医師団・ワンライフ共に全頭救出にむけて頑張ろう!!と誓いました。




Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/675-b8f31203
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。