FC2ブログ
優しさを・・・
現在、事務所にて常駐しているスタッフ・ボランティアが計6名。
そして、遠方等からお越し下さる方が2~3名活動に参加して下さっている。
先週は神奈川県からアニマルセラピーの専門学校の学生さんが泊まりで参加して下さっていました。

犬に対する接し方では大変勉強になりました。
そっと抱く手、そっと撫でる手、優しく語りかける声・・・
ワンは落ち着いた穏やかな表情で顔を見上げていました。
動物は接している相手の心が判る。
人間同士は腹の探り合いをしたり、人を騙す事もする。
動物たちは人を騙す事はしない。
ひたすら信頼し着いてくる。
動物たちは信用しようしようとしているのに、どうして人間は裏切るのか?

今日、滋賀のシェルターの準備に行っていました。
大型犬舎の柵のペンキ塗り。
先週はGご家族の子供たちも一緒に顔中ペンキだらけになって塗ってくれました。優しい目をしたお子様達は犬を触る時もとっても優しいです。
そして、はじめてのわんことの接し方もよくご存じです。
ご両親が大切に子供様を育てられているのが解ります。

当初は処分センターを思わせる寂しいイメージでした。
暖かな気持ちで過ごせるように、ベビーピンク&ベビーブルーに塗り替えています。




早く出来るといいなぁ~早く走らせてあげれるといいなぁ~と思いながら一生懸命、作業しています。
現場の職人さんも雪や雨の中も休まず、かじかんだ手で一生懸命やって下さっています。
周りには菜の花が咲き春を感じさせています。

動物愛護に関わってから色んな事を知り、良い面・嫌な面も見て来ました。
某マスコミと話しましたが、地球は全ての生き物が共存して暮らしているのにどうして、人間が中心になっているのか?
シェルターのある、滋賀県高島市の市議会委員会のビデオを見ましたが、そこである議員が「鹿を撃って撃って撃ちまくって!!」等と発言していました。
はぁ???何故?
森に帰す努力はしないのか?
村に下りてくるのは餌がないからではないか!!
なぜ餌がなくなったのか解ってるの?
山ではトラバサミの罠にかかって足を切断されている子もいる。
物言わぬ全ての動物たちは人間をどう見ているのだろう・・・

これでいいのか!!先進国日本!!
これでいいのか!!動物愛護後進国日本!!

動物へのふれあい、そして命の大切さを子供達の情操教育の一環に取り入れてほしい。
動物に優しい国になれば、犯罪は少なくなる。

マスコミにも話しましたが、ネット掲示板等でデマを流し誹謗・中傷が飛び交っていました。
書く人は後は知らない!!言論の自由だとか言いますが、言論の自由はあくまでも人を傷つけてはいけなのが前提です。
人を傷つけると言うより、私たちの後ろには本当の家族を求めているわんこ達がいます。
皺寄せが来ているのは、わんこたちへなのです。
私たちは一日でも早く本当の家族のもとへと送り出してあげようと思っております。
心無い一部の人たちの行動で物言わぬわんこは悲しい目をします。
どうか、優しさを持ってそっと見守ってやってほしいと思う気持ちが日々続いています。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/663-b6ff9ce8
trackback