FC2ブログ
ブリーダー規制を!!
以前から大阪の某所の繁殖場がとても酷い状態でどうにかならないものか?と数か所から相談のメールと電話が入りました。
まず、「行政に指導に行ってくれと電話をして下さい。」と申し上げます。
「何度も連絡はしているが一向に改善もされず、行政も動かないです。」との返事があり先日からその繁殖場を視察に行っていました。

それは酷いものでした。
電気が通っている気配は無く、コンテナ生活です。
コンテナから枠を組みブルーシートが覆われ、そこにも30頭近い小型犬。
中には一つのケージに5~6頭入れられている子たちもいました。
スタッフと客を装って数度見に行き、数日後代表が現場に行きました。


繁殖場責任者のT氏の言葉「子犬は人間に買われて行くからペットであるが、親犬は商売道具でペットでは無く物や!!」と言いました。
最悪・・・
まさに犬を商売道具としている。

現在の動物愛護法から説明し、改善を要求した。
事務所に戻り同経営のペットショップの社長から連絡が入った。
代表は社長に必ず繁殖場の現場を見て、改善を強く要望。
*適正飼育頭数
*給水機の設置
*換気
*ケージの適正サイズ  等

現場に行ってから日をあけ数回訪問し、現場のT氏とこんこんと話をしました。
目が潰れ、狭い場所でいるため体中タコだらけになった子、爪も伸び放題であった。
1頭1頭に手をかけていないのが明らかである。

「値段を安くしないとどこも競争で子犬も売れない。
必然的に頭数を増やさなければならなくなる。」
そこには法規制も全くない!!
少しづつ変わっていく動物愛護法の中で一番に行わなければならない事ではないだろうか?

ブリーダー崩壊が後を絶たない今、根本からの見直しが絶対に必要である。
わんこ達の眼はいつも悲しそうで一生をケージ生活で送る。
同じわんこで生まれて来て、生まれる先によってこれまでも境遇が違うのには本当に胸が痛い。

どこの繁殖場でも無謀な数を抱かえている。
一人10頭が限界だ!!
先進国日本!!
いつになったら動物愛護先進国になるんだ?

今回、繁殖場の経営者が代表と話し、管理場所に対して大きな改善が見られた。




諦めないで、足を運ぶ。
泣いているわんこ達のためにも、根本から改善しないと後を絶ちません。
劣悪繁殖場が無くならない限り
今後、繁殖場視察を行って徹底的に管理の要求をしていきたいと思います。

今回、現場でボロボロになっていた子達を3頭レスキューしました。
繁殖場からの引き上げは賛否両論ございますが、見るからに眼圧があがり緑内障で痛みに耐えている子を放置する訳にはいきませんでした。




暗い場所で見ると一瞬ミニピン?
ガリガリで毛は全て抜け落ち皮膚病にかかって搔き毟っていたプードルです。おなかには沢山の乳腺腫瘍が見られます。




体中タコができていました。
お尻部分は床ずれで血が流れていたのです。
大きめのフレブルで理想体重は15キロほどですが、ガリガリで10キロジャストでした。狭いケージに入っていたのか耳は傷だらけです。




外に出て笑顔が出ました!!


Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/654-e4a69011
trackback