スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
優しい心を・・・
早朝から滋賀シェルターに作業に出掛けました。

日置前ランプを降りた所からシェルターまでの距離に進出反対のポスターが張っています。


このポスターの内容を読むと全く誤解されている事と誰の情報でこの内容が出来たのか?と考えます。
ある、マスコミから聞いたとか、シェルター付近で写真を撮ってた兄ちゃんが言ってたとか地元のおじさんは言ってました。
当初、区長さんらに挨拶に行った時は「犬が来るんやったら猿がけぇーへんようになるから良かったなぁ」とか言う発言もあったのです。
このポスター作成者の進出反対期成同盟の会長:大森六巳さんは高島市市会議員である。
一度も話し合いも問い合わせもない。
会った事もない人である。

まず、ポスターの間違った内容訂正を・・・
「300頭の犬を飼育する事が判明」
*収容頭数は300頭位入れる面積はあるが、現在、移動候補は20頭以下です。
ホストファミリー様も継続してお願いしています。
また、この不幸な環境に居た子たちはこのシェルターに終生居るのではありません。
新しい飼い主さんの所へ行くまでの一時避難所なのです。
そして、「その中にはブルセラ症に感染した子もいます。」と断言していますが・・・
TV等でも放送されましたがブルセラ感染症の子たちは大阪府によって陽性犬全頭が殺されました。

「騒音・悪臭」とありますが、ご飯の時間は確かに喜んでワンワンいいますが、以外は鳴く事はほとんどありません。
今までの環境のストレスを取りのぞいてあげる為に私たちがわんこの世話をしています。
寂しさから鳴く子は一緒に犬舎で寝ています。

また排泄の悪臭ですが、現在も大阪の犬舎では日に2度「ビルコン」で消毒し先日保健所からの視察がありましたが臭いはないと言う事でした。
便は常に取り別処理になります。

反対されている地元の方に細かく説明すればきっと判って頂けると思うのですが・・・
私たちは近隣にご迷惑にならないように細心の注意をはらいます。

地元でも沢山飼い犬がいます。
ここに来る子たちも一緒なのです。
虐待や遺棄で本当に辛い思いをしてきた子たちです。
少しだけ優しい気持ちを持って頂きたく思います。

さて、滋賀シェルターは外回りのフェンスも出来あがりました。


2か所の入り口は逃走防止の為、2重ドアになっています。
犬舎側に行くにはまた2重になっていますので、わんこ達が居る所から出るためには4重のドアを超えなければなりません。

今日は4人で施設内の草刈りです。
黙々と作業しながら考える事は「早くこの施設を利用したい・・・」だけです。








ガス供給をしてくれませんので、世話をする人間が泊まれません。

数ヶ月前から某警察から保護の依頼があります。
留置限界なのです。
大阪犬舎も現在は一杯です。
滋賀のシェルターさえ稼働できれば、警察で待つ子たちは救われるのです。
とっても良い子なんです。
人間が大好きなんです。
人間に甘えてくる眼は信用しきっている目です。
殺処分する事なんて出来ません。
一部の心ない人から流れた情報で助けを待っている子たちが処分へと導かれます。

皆様から支援した頂いたおかげでシェルターが出来ております。
支援して頂いた方は皆、1頭でも多くの命を助ける為にご協力頂けたのです。

草刈り作業しながら考えると涙が止まりませんでした。
私たちはあの子たちを助けるために活動しているのです。
そして、辛い苦しい思いをしている子たちが一日も早く笑顔を取り戻すために環境を整えたいのです。

今日、同行したパークの老犬「ティム」も無表情でした。
滋賀に来ると笑顔で1日過ごしています。




一日も早く稼働させなければなりません。
誰も知らない処で闇に消えて行く小さな命の為に!!
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/645-f793defe
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。