スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
命を迎える前に・・・
日々、ワンコ達の鳴き声が力強くなって来ました。
おやつの時間はみんながバリケンの横窓から嬉しそうな表情でクンクンキャンキャンと催促します。
1ヶ月前に会った目は死んでいました。
全てを諦めた死んでしまった瞳。
現在は生きるために皆必死で頑張っています。
彼らに一点の光が見えた時、彼らはそれに向かって命を輝かせました。
そして、今は生きている楽しさを知ってくれていると思います。

全バリにした子達に毛がはえてきています。
綺麗な被毛が体を覆ってきました。
これから楽しみがいっぱいです。
どんな素敵な家庭に迎えられていくのでしょう・・・
数年後のあなた達の表情はどんなに変わっているのでしょう。
想像するだけで笑みがこぼれます。

日々、レスキュー依頼が入ってきます。
一般の飼い主からのSOS?もとても多いです。
電話を切った後、必ず愚痴っています。
「何があっても天寿を全うするまで見ないなら最初から飼うな!!」
無責任すぎるのです。
自分の子供だったらそんなに簡単に捨てれますか?
どうして、もっともっと考えないのか?
愛護団体は引き取り屋ではございません!!

見捨てるその子を迎えた時の気持ちはどこに行ってしまったのでしょう・・・
きっと、可愛い可愛いと抱っこばかりしていたでしょう。
いっぱいいっぱい話しかけていたのでしょう。
ワン子達はお母さん・お父さんと信じ切っています。
その純粋な目を裏切れるのでしょうか?
たった10数年の命。
人間の7倍8倍のスピードでワン子達は生きています。
その数年を簡単に諦めないで下さい。

そして、今からワンコを家族に迎えようと思ってらっしゃる方はどうかよく考えて下さい。
この時間が一番大切です。
何年もかけて考えて迎えられる方も沢山おられます。
子供さんの年齢・結婚・自分の老化など・・・を考え何年後の自分の家庭状況はどうなっているのだろうと検討した上で大切な命を向かえて下さい。
商品のように並ぶペットショップのショーウィンドウを見て「可愛い~欲しい~」と衝動買いする馬鹿もいるご時勢。
簡単に購入できる金額がついています。
ペットショップも値段の競い合いでとにかく値を下げまくっています。
こんな馬鹿みたいな金額で命の売買が行われていいのでしょうか?

以前、動物管理センターに持ち込まれた(放棄)ダックスフントがいました。
飼い主は20代前半。
友達と海外旅行に行くのに犬をペットホテルに預けないと行けない。
ホテル代を計算すると3万以上かかる。だからもぅ犬はいらない。
また、新しい子犬買えるし・・・という理由で放棄した。
「お前こそ、世の中に何の意味もない人間だよ。死んでしまえ!!」
と心の中で叫んだ!!
こんな馬鹿な人間が犬を飼っているのです。
売らないで!!買わないで!!と私達は常に思っています。
命なんだから100万以上の金額をつけてもいいではないか。
そうしたら簡単には手が出せない。

命を迎えたら必ずお金もかかります。
時間も取られます。
自分達の時間は間違いなく減ります。

しかし、大きな喜び・楽しみ・笑いを与えてくれます。
愛情をかけた何十倍・何百倍になって返してくれます。

どうかどうか小さな命を向き合う前に考えて下さい。
悲しむ子達がいなくなる為に・・・
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/594-9f85090a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。