FC2ブログ
後を絶たない遺棄
数日前、1本の電話がなりました。
小学校の先生からでした。
学校に犬が捨てられていたとの事です。

代表がお話を伺っていました。
当方としても、「はい!!どうぞ~連れて来て下さい~」と安易にはお返事できません。
保護犬達も沢山いる中、まず居る子たちに感染する病気はないのか?と心配します。

よくある事ですが、「犬を拾いました。そっちに連れて行っていいですか?」です。
いえいえ、まずは警察に届けなければなりません。
もしかしたら、迷子かも知れません。
飼い主さんは必死になって探されているかも知れません。
実際、そのケースも何度かありました。
そして、保護した人にも「責任」と言うものが付いてきます。
右から左に移して、助けた!!と思うのは偽善だと思います。
まず、警察。
そして、ご自分でも里親さんや預かり様を探して下さい。
私たちの活動はあくまでも飼い主が居ない子・責任者の居ない子を優先するのです。
ホームページ等でのご協力はいくらでもさせて頂きます。

今回のケースも先生が病院に連れて行かれ、感染症が無いと診断され、やってきました。
大阪で保護しております。
昨日大阪に戻り、再度くすのき動物病院で診て頂きました。

ヨークシャテリア・♀・13~15歳
体重2.7キロのガリガリに痩せた老犬です。
栄養失調から酷い貧血状態にあります。
両目は全く見えておりません。
白内障で両目共に白濁しています。
ドライアイで目やにが酷いです。
耳からも膿が出ており酷い汚れと臭いです。
乳腺腫瘍の大きなしこりが腹部にあります。

こんなになるまで、飼い主は何をしていたのか?
こんなになったから飼い主は捨てたのか?
人間で言えばすでに年齢は80歳くらいである。
おそらく、耳も聞こえていないだろう。
こんな酷い状態でこの寒い時期に外へ捨てたとは、なんとも許しがたい事。

現在、大阪スタッフが栄養管理と耳掃除を入念に行っております。
あと、どれくらいの寿命か判りませんが、「生きていて良かったかな?人間って優しいな?」と、このヨーキーちゃんが思ってくれるよう、過ごして欲しいと思います。

遺棄は犯罪です!!
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/559-ffdb7b03
trackback