FC2ブログ
責任
いよいよ、冬本番。
雪が降り積もってきました。
現在、50センチほどが積もっています。


犬舎へ向かう通路も塞がれているため、代表は早朝より雪かきを開始しています。


都会育ちの私達は、雪道を歩くだけでも力が入り、かなり筋肉痛になり、作業後のシャワーが一番の幸せを感じます。
こんなに降っては、食糧買出しも行けません。
ワン達も喜んで駆け出しますが、足裏が冷たいようで帰って来た時は真赤になっています。




さて、レスキューが現在も進行している中、某警察からSOSの電話が入りました。
ワンコは拾得物扱いです。
この警察は拾得日から飼い主が現れるのをかなり待って下さっていました。
しかし、「これ以上警察にも置く事はできないので処分センターへ移動になります。なんとかお願いできませんでしょうか。」と電話が入っていました。
全部で8頭でしたが、最高齢の14歳の子は、迎えに行く前夜、飼い主が現れました。
嬉しかったです。
14年も一緒に暮らしたのに、捨てられたの?と私達もとても心を痛めていました。
本当に良かったです。

警察からの子は中型~大型犬です。
現在、7頭がおりますが、保護期限の浅い子に関しては、警察がもう少し飼い主が現れるのを待ってくれると言う事で、5頭の引き上げになりました。
全頭、首輪をしています。
飼い犬であった事は間違いない。

みんな、不安そうな顔をしています。
「どうなるの?」
「どこに連れていかれるの?」という感じです。
本当は全頭殺処分になっていた子です。
拾得者は皆、面倒見れないから引き取る事は出来ませんと、言われていました。

安楽死ではありません。
窒息死です。

子犬の頃は家族に笑顔で抱っこされていたのでしょう。
家族中が子犬を優しい目で見つめていたのでしょう。

ここにいる今の子を同じ目で見れないのでしょうか?
大きくなって世話も大変でしょう。
家族の一員ではありませんか!!
世話をしないから、どんどんと汚れて行く→汚くなってよけいに触らなくなる。→もぅ要らない

今回保護された子の中に、バーニーズが居ました。
診察を終え、はるばる滋賀シェルターにやって来ました。


被毛はベタベタでこってりと言う感じです。
頭・耳・おしり・胸全て毛玉だらけです。
糞尿がこびりついています。
1年や2年洗っていない感じではありません。
シャンプーで取れる臭いではありません。
毛玉をほぐす時間や負担を考えて、早々にバリカンを掛けました。
皮膚は油で白い塊が数々見られました。

バリカンの刃が骨にゴンゴンとあたります。
ガリガリです。


体長はかなりありますが、体重はたった21キロ。
ベスト体重は32~3キロだと思われます。
腰骨・あばらが浮き出て、骨の数が数えられるくらいに痩せています。

シェルターに着いて、犬舎に入れた時、私は胸がいっぱいになって涙があふれ出しました。
不安な目は昨年亡くした保護された時のライブの目と同じでした。
この子もきっと笑顔になります。

初めてのシャンプーだったのかも知れません。
すっきりしました。


綺麗に乾かした後、落ち着いて犬舎でゆっくりと休んでくれました。

推定年齢4~5歳。


何が起こったのか判りませんが、この子は生きるチャンスと警察の方の努力で命を救われました。
終生飼育の責任が持てなければ、動物を飼う資格はありません!!
まだまだ、犬生は続きます。
幸せになって欲しいと、ただただ願わずにはいられません。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/536-67e21b9a
trackback