FC2ブログ
幸せへの切符
朝一番に支援物資を車一杯に積み込んで、東京からボランティアに参加して下さいました。
O様。
本当に有難うございます。
感謝の気持ちで一杯です。
深夜2時に出発し、朝9時シェルターに到着。
すぐに犬舎の餌やりと掃除をお手伝い下さって、11時半には再び、東京に向けて出発されました。
ワン達に一目会いたかった事。
フードが無くなって来ている事。
心配で居られなかったそうで、駆けつけて下さったのです。

その後、すぐに名古屋からも4名が入って下さいました。
こちらは、小学生・中学生のお子様も2回目の参加です。


優しい眼差しでワンコを抱き、微笑みながら見られています。
うんち掃除や毛布交換など、汚れた事も率先的にどんどんやってくれます。
動きも大人顔負けで、次々と仕事を探してくれます。
毛布切りも沢山してくれ、明日・明後日と毛布の貯えが出来、ほっとしています。

こうやって、子供の時から不幸な環境下に置かれていた、動物達の世話をする事。
日本の動物愛護の状況を知る事。
経験が必ず、大人になっていつか役にたってくれると願っています。
目には見えない事かも知れませんが、必ず優しい気持ちを持って成長される事だと思っています。

本当にありがとう。。。

そして、今日は幸せへの切符が4枚も渡されました。




同時間に重なってしまって、出発前のシャンプーや用意などでバタバタとお見送り。
夜、投薬の為に犬舎に入った時、空きになってる犬舎を見て、改めて寂しさが込み上げてきました。

嬉しい出発です。
3頭は丁度、半年間お世話をさせてもらいました。
毎日過ごした子たちの様子が頭の中を巡っていました。

そして、もう一頭は、1年4か月の間、出会いを待った子です。
赤い糸は必ずどこかで繋がっている。
「長い長い赤い糸だったね。。。」
「一生懸命に呼び寄せられたね。。。」
「あなたの心の声が里親様に聞こえたんだよね。。。」


沢山のワンが居る中、やはり思い入れの大きな子がいます。
レスキュー時から治療や行動に手をかけた子は、接する時間が長い為、思い出が沢山出来ます。
「行ってしまうんやね・・・」
寂しい気持ちが先に走ります。
子供と同じなんです。
面談で沢山、お話させて頂いて、「自分の子供をこの方ならお任せ出来る!!」と決断します。

素晴らしい犬生を送って欲しいです。

一昨日、2005年10月活動開始から、1110頭目の子がシェルターにやってきました。
活動から、2年4か月。
こんなにも、沢山居たんだ・・・と言う気持ちと、こんなにも沢山の子達がSOSを発信していたんだ・・・と言う気持ちの方が大きかったです。

色んな問題で、里親決定も足踏み状態になっていました。
ワン達に、しわ寄せが来ていました。

現在、団体では137頭の小さな命が、暖かな家庭の出会いを今か今と待っています。
皆、本当に可愛い子達です。
多くの方が、この子達に目を向けて下さる事を、心よりお願い申し上げます。


*支援物資のお願い*

*2008カレンダー(¥1500)購入ご協力のお願い*
カレンダー売上は全て、フードに充てさせて頂きます。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/527-e4728528
trackback