FC2ブログ
祈り
一昨日、緊急で病院に診察に行った「ゴボちゃん」回復に向かっています。
自力で立っているのも揺れが無くなって来て、ご飯も力強く食べるようになっています。
瞳もキラキラ光っています。

同日、少し便が気になったので、同行した「マップちゃん」。
今朝はマップが、ぐったりとしていました。
体温が下がって来ていたので、急いで病院に走りました。


鶏がらのような身体。
標準体重の半分以下です。
骨と皮だけという感じです。


可哀想にお乳は何度、出産させられたのか?と言うくらい垂れ下がり、乳首の大きさは人間の親指位あります。

目に力が全くありません。
診察台に座るマップを見て涙が込み上げて来ました。
私の顔をずっと見ます。
「しんどいね・・・辛いね・・・マップお願いだから頑張って・・・」
「私らは何でもしてあげるよ。マップが頑張ってくれるなら何でも力になるよ・・・」
マップは顔を支えるのもやっとで、コックリコックリと揺れています。
悲しそうな目で見つめます。

大阪でも子宮蓄膿症の為、緊急でオペが行われました。
目に見えない所で、痛んでいる子。

この子達は、ただ子供を産まされるためだけに、生まれて来たの?
ボロボロと言う表現しか無いです。
ブリーダーの放棄犬には、賛否評論ではございますが、私達がこのレスキューに着手したのは(今後一切繁殖業の再開をしない・廃業届けを出す)目の前に居る子が、数日で処分される。。。

小さな物言わぬ命は叫んでいました。
「助けて!!ここから出して!!」と。

助けなければ・・・助けてあげなくては・・・
この子達には何の罪も無いのです。
生まれて、来た場所が、たまたまブリーダーの元だった。

一般の普通の家庭に居れば、どんなに溺愛されていた事でしょう。
それほど可愛い子達なのです。
毎日を共にしていると、この子達の個性がよく判ります。
私達を笑顔にしてくれます。

今、目の前に居るマップを必ず、元気にします。
そして、必ず幸せを掴み旅立たせます。

マップ・・・
「幸せで暖かな世界はもうすぐ先にあるんだよ・・・」
「諦めないで、頑張れ!!暖かな手のぬくもりや暖かな膝の上・優しい声が、あなたをどこかで待ってるよ」

食事も水も今朝は全くとれませんでした。
点滴を入れ、毛布に包んで帰宅しました。
とにかく温める事。
そして、シリンジで3時間おきの水分補給です。
スタッフが交替でマップの看病にあたっています。

そして、神様に祈ります。
「どうか、マップを連れて行かないで下さい。
マップはまだ、何も楽しい事を知りません。
どうか、マップに幸せをあげて下さい。」

少しずつ、少しずつ光に向かって回復する事を祈ります。

PS:深夜マップの水分補給に行くと、「ええ?」顔が・・・


ああぁぁぁ~~~首に打った点滴が前に流れてきてほっぺがぷくぷくになっていました。
私達が行くと、「なぁ~に?」と顔を起してくれます。

明日も元気で私達を迎えてね。

Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/526-c82b0d1b
trackback