FC2ブログ
小さな小さなお星様
訃報です。
いつものように、いつもの時間に犬舎へ行き、食事の用意にかかりました。
毛布を取りこみながら、各犬舎のワン達の、便チェックをします。

スタッフが、慌ててワンを抱きかかえながら走って来ました。
「ポーラの様子がおかしい??」
すぐに、獣医師に電話で指示を仰ぎ、代表とスタッフで地元の病院へ走りました。

1時間後、ポーラは涙顔のスタッフの胸に大切に抱かれ、戻って来ました。

「駄目だった・・・。昨日まであんなに元気に食べていたのに・・・」
スタッフの声は涙声で聞こえないくらい・・・

小さな小さなポーラはお空に昇って行きました。

プードルの「ポーラ」
手のひらに乗るくらいの大きさで、体重はわずか1.5kg。
皮膚はボロボロで、骨と皮だけ。
心臓が悪かったようです。

ポーラはシェルターで44日間を過ごしました。
プードル・チワワなど、超小型犬の前はいつもストーブがガンガン焚かれています。
みんな、お洋服を着せてもらっています。
この1ヶ月半、ボランティアさんやスタッフに、大切に大切にケアしてもらってきました。
ケージの生活から解放され、自由に走っていました。

過酷な現場から救われたポーラ。
ある方が、おっしゃいました。
「ほっとしたんではないかな?」

「ポーラ・・・。まだ、ほっとするのは早いんだよ・・・。
あなたを待ってくれてる人が、必ず迎えに来てくれる。
その時が、ほっとする時。」

私達はポーラを囲んで、沢山の涙を流しました。
「ごめんね・・・。」

病院に走る時のポーラは目を大きく見開いて、みんなの顔を見ていました。
抱いていたスタッフの話を聞くと、静かに目を閉じて逝ったと言う事でした。

穏やかな、お顔のポーラ。


太陽がキラキラと降り注いでいる中、背中に羽を付けたポーラがフワフワと舞い上がって行く姿が、浮かびました。


「あなたが共に頑張ってきた、仲間たちには必ず新しいおうちを探すね。約束するね。」

ポーラは暖かな家庭を知らずに逝ってしまいました。

繁殖場での生活がほとんどでした。
こんな小さな身体で、何度も出産を繰り返していました。

何のために生まれてきたの?
子供を産む道具だけに使われてきた、可哀想なポーラ。

数年前、ティーカッププードルと名づけられて、100万近い値段が付いてブームになった。
繁殖業者は必死で小さな子を作った。
そんな影響にポーラも利用されていたと言っても、過言ではない!!

購入者がいるから、業者は作る。
ペットショップに並ぶ子犬の母犬を見たら、購入者の考えは変わるだろう・・・。

現在、「犬を飼おう!!」と考えていらっしゃるお友達やご近所さんが、おられる方は是非教えてあげて下さい。
近親交配による、遺伝性疾患が非常に多い事を。

そして、人間によって傷つけられた子が、シェルターで新しい出会いを待っている事もどうぞ伝えてあげて下さいませ。

さよなら、ポーラ。。。


あなたの死は決して無駄にする事はない!!
私達は、今以上に前進し、今後も無謀な繁殖業者とも戦っていく!!




*ご協力のお願い*

*2008カレンダー(¥1500)購入ご協力のお願い*
カレンダー売上は全て、フードに充てさせて頂きます。

【支援金の募集のお願い】

エンジェルズ・シェルター開設記念植樹の募集


Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/502-5dbe4abd
trackback