FC2ブログ
ハンディキャップ
第2陣で、大阪から来た子たちの個体隔離期間も終了し、全頭フリーになりました。

今日はお天気も良く、初めて他の子達と遊びました。

それぞれの相性や性格のチェックです。
仲良く一緒に走りだす子。
いきなりバトル開始の子。

慎重に放して行きます。

ハンディキャップのある子達は、サークル内で様子を見ます。


みんな、興味津々。
全てが珍しくて、あっちへウロウロこっちをウロウロと冒険中。


そんな子たちをまたまた、必死で見ている3頭。
釘づけ状態のラブラ・う~・じぃ。




代表がおやつを配って各犬舎をまわっているのを、ブヒ軍団は追いかけまわしていました♪




繁殖場レスキューの里親様募集が始まって沢山のアンケートを頂いております。
現在、アンケートを入れて頂いてる、ワンちゃん優先で不妊手術を実施していっております。

保護犬達に目をむけて頂き、本当に感謝しております。

犬を飼いたいと思う方で、よく耳にする言葉は「子犬の時から飼わないと、懐かない」とおっしゃる方がおられます。
それは、全くの誤解ですね。
信頼関係が出来れば、何歳になってもまるで、子犬の時から居るように懐きます。

今回のレスキュー犬のアンケートの中で、「可愛くて、一番若い女の子希望」と言う文字を見ました。
里親様に手をあげて頂くのは、大変嬉しい事なのですが、なんか???と感じてしまいました。

また、「どの子でも、行き場のない子を希望」や「どの子をと決めれません。こちらの環境などを見て頂き、AAさんで決めて下さい。」とか・・・。
ありがたいお言葉を頂戴致します。

確かに、可愛くて元気な子は里親様が、見つかりやすいです。

今回の募集で、全く問い合わせが無いのが、ボストンテリアの子達です。
ボストンテリア・フレンチブルドックと目にハンディを持ってる子達が多いです。
全盲の子・方眼失明の子。

私は、ここ暫くハンディのある子達の観察をしています。
行動・性格。
健常犬との行動の差。

ボストンテリアのカロルは全盲です。


レスキュー当初、いきなりケージから出す時に、ガブッと来ました。
知らない匂いが近づいてくるのが怖かったのでしょう。
名前を呼び続け、抱く。
嗅覚は健常犬より優れている感じがします。
現在は、「カロル!!」と呼ぶと嬉しくてバタバタと出して~という行動をします。

広い所に置かれると、固まって動きません。
サークルの中に入れると、体を壁にあてながら、一周し広さを確認しているようです。

一生懸命に生きています。
一生懸命に努力しています。

この子達に暖かい家庭から手をあげて頂く事を願っております。

ボストンテリア:タルーラ・♂


ボストンテリア・タッシュ・♂


ボストンテリア:エミリー・♀


ボストンテリア:かんも・♀


ボストンテリア:サリー・♀


ボストンテリア:グラス・♀


フレンチブルドック:ますみ・♀



*ご協力のお願い*

*2008カレンダー(¥1500)購入ご協力のお願い*
カレンダー売上は全て、フードに充てさせて頂きます。

【支援金の募集のお願い】

エンジェルズ・シェルター開設記念植樹の募集



Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/501-158ee00f
trackback