FC2ブログ
愛護活動
ボランティアさんが来られた時に、よく質問されます。
「保護活動を始めたきっかけは、なんだったんですか?」
「犬好きだけでは、出来ない活動ですよね?」と。

私「うーーーん?何でだろう???」
色んな出来事があって助ける道に入りましたが、でも質問の答えは「犬が大好きだから!!」なんです。
確かに保護活動は大変な重労働です。
肉体的にも精神的にもボロボロになります。
レスキュー時のワンたちは凄まじいくらいの悪臭と汚れで、お世辞でも可愛い~なんて言葉は出ません。
家庭に居るワンとは比べ物にはなりません。
でも・・・みんなキラキラと輝くようになってくれるのです。

皆さんがおうちで飼われている犬種と同じ犬種が、酷い状態で泣いていたらどうにかしてあげたい!!と思うでしょう。
私も最初は、それと同じでした。
昔はワンに対して、こんなに酷い事がおこっているのすら知らなかったのです。


ある日、虐待から飼育放棄された、ボロボロになったゴールデンが我が家にやって来ました。
健気で遠慮がちで大変大人しい子です。
「寂しかったね・・・悲しかったね・・・痛かったね・・・。」と毎日撫でていました。
3歳の若さは全くありませんでした。
目が死んでいたのです。
我が家に来て数日は、眠り続けました。
よほど、疲れていたのでしょうか。。。




彼女を見ていると、良く言えば落ち着いている。
しかし、彼女はただ怯えていただけだったのです。
動くと物が飛んで来る。

元の飼い主の子供さんは当時、小学1年生でした。
ある日、子供さんと出会って聞きました。
「この子、おうちにいる時どうだった?」と。
子供は「いつもおかあさんに叱られていた。」と言いました。
「お家の中を見るとおかあさんにお茶碗投げられてた!!」と。

私は、胸がつまる思いと、もっと早くに出会っていたかったとしみじみ思いました。
いつも叱られていた?
我が家にやって来て、8年になりますが、今まで一度も叱った事はありません。


従順で大変利口な子なのです。
私は、彼女を紹介するときに、いつも「私の妹です。」と言います。
人間のようなのです。
言葉のほとんどを理解していると言っても過言ではないでしょう。
声を出さなくても、手招きや目で合図するだけで、理解します。
現在11歳の老犬です。
毎日を穏やかにマイペースで過ごしています。

そして、数年後にバーニーズがやってきました。



《皆様へのお願い》
大阪・滋賀を合わせて、毎日ドライフード約30キロ+レトルト缶詰約30缶を消費しております。
メーカー様からの大量のご支援で現在までは、補えて来ておりましたが、倉庫内のフードも非常に少なくなって来ました。
グッズのご協力金でフード購入をしております。
皆さまのご協力を合わせてお願い致します。
【グッズ申し込み】

エンジェルズ・シェルター開設記念植樹の募集

*ご協力のお願い*

【支援金の募集のお願い】

里親募集

繁殖場レスキュー里親募集

Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/477-3b38168a
trackback