スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
忘れかけた心
お手紙を頂きました。
小学5年生の女の子Aちゃんです。
年齢11歳。
この世に生まれてたった11年です。
手紙を読んで、涙がこぼれました。
「ありがとう・・・」と言う気持ちと、「これからも何があっても頑張るからね」と言う気持ちになりました。

最近、小学生のお子様がボランティア参加して下さいます。
もちろん、未成年さんですので、保護者同伴でお願いしています。
数日前も姉妹(小5・小6)ちゃんが来てくれました。
手には小さな紙袋。
中にはワンへのお土産です。
おやつ・缶詰・ビニール袋・シャンプー等など。
支援物資ご協力のページを見てくださって少しずつ揃えてくれていました。
ありがとう♪
シェルターでは、ワンが口にしてはいけないので、小石を一生懸命に拾ってくれました。



**犬のかぁちゃんへ**
「私は、○○県の○○小学校へ行ってる○田 麻○です。
お母さんがアークエンジェルをパソコンで見ていてお気に入りに入れています。
私は、おはぎちゃんが好きです。

私はお母さんのご飯が上手なので大好きだし、わんちゃんもお母さんのご飯が好きですか?
田舎に行くとお母さんと一緒に寝ます。
犬のかあちゃんも一緒に寝ますか?
私はお母さんが大好きです。
わんちゃんもおかあちゃんが大好きです。

夏休みに行っていいですか?
お父さんがいないからお母さんと二人で行きたいです。
おはぎちゃんと遊びたいです。

ワンちゃんのかあちゃんいっぱい犬を助けて下さいね。」

赤い花の絵が添えられていました。

純粋な心が私たち大人が忘れてしまっている大切な事を思い出させてくれます。
お子様から学ぶ大きな事が沢山あります。
子供の頃は世間を知らずにただ、遊び、勉強し、日が過ぎて行きました。
動物愛護も知らない、TVで放送される事もありませんでした。

私の家には「チロ」と言う子がいたので、動物には接していましたが、今思えばフィラリア予防薬は飲んでたのかな?とか不妊手術はしてたのかな?とか・・・
現代は動物達も長生きしています。
医療の発達、飼い主さんの意識の高さでしょう。

しかし、ペットブームで安易に購入し、放棄される子も沢山いるのが現状です。

子供が動物を捨てることは無いです。
むしろ、子供は動物を拾ってきます。

子供の頃経験した事のある方は多いはずです。
子犬・子猫を拾って抱いて帰ると、母親に「元のとこに置いて来なさい!!」と叱られた事が・・・。

子供の頃、野良犬の赤ちゃんが我が家にやって来た時の事を遠い記憶で思い出されます。
とにかく、嬉しかったと言う気持ちです。
夜遅くまで、子犬の前に座っていました。
ご飯をあげたい・散歩に行きたい。
眠ってる姿を見ていたい。
ずっとずっと側に着いて居たかったのでしょう。
学校から走って家に戻って犬の前に座って居た事が思い出されます。

遥か昔の思い出。
その時の子供の気持ちをずっとずっと持ち続けたいです。
みんながそうであれば、涙を流す動物達はきっと居なくなるでしょう。

Aちゃん。。。有難う。
あなたのおかげで忘れかけていた何かを思い出しました。
かぁちゃん、頑張ります!!

動画スタート
今日の天使達

《皆様へのお願い》
大阪・滋賀を合わせて、毎日ドライフード約30キロ+レトルト缶詰約30缶を消費しております。
メーカー様からの大量のご支援で現在までは、補えて来ておりましたが、倉庫内のフードも非常に少なくなって来ました。
グッズのご協力金でフード購入をしております。
皆さまのご協力を合わせてお願い致します。
【グッズ申し込み】

エンジェルズ・シェルター開設記念植樹の募集

*ご協力のお願い*

【支援金の募集のお願い】

里親募集
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/432-cc6c9f6a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。