スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
未来への望みをかけて
梅雨に突入していますが、雨は一向に降らず。
洗濯物やワン達の遊び場所を考えると、ラッキーって感じなんですが、小さな農園への水やり作業に時間がかかる。
菜園作りは代表も私も全く初めてです。
皆さんに手伝ってもらって、一生懸命に育てています。

水を沢山あげないといけないサツマイモ。


水をあげてはいけないスイカ。


雨にかかってはいけない、フルーツトマト。


そんなの知らずに場所も考えずに順番に植えてしまったから、水をあげるのにザザザーーーと放水する訳には行かないのです。

毎日観察し世話をして、それぞれが新しく実をつけた時、感動です!!
とうもろこしも大きくなりました。


きゅうりとなすびの赤ちゃんも顔を出しました。




グミの実も真っ赤になりました。


都会に住む子供たちは、スーパーに並ぶ果物・野菜しか知らないです。
どうやって実を付けているのかを知りません。

先日子供さんが、とうもろこしを見て、
「どこ?何処にあるの?」って地面を探していました。
「違うよ~~~茎の所にひげがあるでしょ?」と声を掛けると、
「ヒャーーーこんな所にあったぁーーー!!」と、凄くビックリしていました。
「学校ではこんな事、教えてくれないよね。」と言うと、
「うん!!図鑑で見るだけぇ~」との返事。

夏休みには、また理科のノートを抱えてこられます。
観察日誌を書くそうです。

子供達が、興味を持って得るものは、深く記憶に残ります。
大人になっても忘れる事はありません。
興味が無い事を詰め込まれても、拒否反応のようにすぐに忘れてしまいます。

学校の授業でもそうですよね。
先生の力は、興味深く教える事が大きいと思います。
「この先生の授業は楽しい!!」と思う事から、どんどんと吸収するのでしょう。
「この先生の授業つまらない・・・」と思っていると、「早く時間が過ぎてほしい・・・。」と思うだけで、なかなか身には付かないものです。

まっ、これは私の子供の頃の経験上の事ですが・・・(笑)

シェルターに子供さん連れで、家族でお越し下さるご家庭も多いです。
もちろんご両親、特にお母様にワンの説明、お世話の仕方をお話します。
そして、同行のお子様にも必ず、お願いします。
子供さんの年齢に関係なく目をしっかりと見てお話します。
「○○ちゃんは今日からおうちに行くけど、仲良くしてくれる?」
「大切にしてあげてくれる?」
「妹が出来たからちゃんと面倒見てあげてね♪」と。
子供さんは大きく「うん!!」とうなずいてくれます。
そこに、家族全員の笑顔が生まれます。
素敵な笑顔です。
この笑顔に包まれて、ワンは生活をして行くんだなぁ~と私達も嬉しく、笑顔で送り出します。

子供さんは感受性がとても豊かです。
子供の時から、沢山の喜びを感じ取って、どんな小さな生き物にも優しく接する大人に成長して頂きたいと、常に思っております。

この子達が大人になった時、SOSを発信する動物が居なくなっているように・・・。
そして、動物愛護法が前進している事に、願いを込めております。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/398-66a9f3f5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。