FC2ブログ
頑張れナナ!!
今日は子供たちボラが参加してくれました。
小学生はテキパキ動き、雨の中、ランのウンチ回収も汚がらず、丁寧に取ってくれました。
昼の休憩が済んだ後は、お気に入りのワン達を抱っこしたり、屋内の運動場で走って遊んでいました。
しっかりと胸に抱く子に「可愛い~♪」と笑顔で話しかけています。
優しい大人になってくれるでしょう。

そんな中、里親様がいらして下さいました。
今日は朝から雨。
足もとが悪い中、3時間もかけて会いに来て下さいました。
ご夫婦と末っ子のお子様との訪問です。
「インターネットで写真は見てるんですが、実際の子に会ってからどの子と暮らして行くかを決めたい」との事でした。
ワンちゃんの生活の場所・家族構成などお話しながら、大きさや犬種が絞られて行きます。
先住のワンちゃんを3年前に送られました。
17歳だったそうです。
とても大事に育てられたのでしょうね。

ご夫婦から質問も頂き、色々説明していく中、幸せ切符を手にしたのが、「ナナ」でした♪

ここ数週間、ナナはあまり元気がありませんでした。
遊ぼう~と寄って行くと喜んでついて来ますが、私達が作業に戻ると一人ぼんやりと遠くを見たりしていました。

以前の日誌にも書きましたが、ナナはホスト様のおうちで2年間お世話になりました。
広島の現場を中心に活動している2006年の11月でした。
広島から大阪に走り、大阪市動物管理センターからレスキューし、ホスト様にお世話になったのです。

ナナにとっては、ホストのYさんは家族だったのでしょう。
シェルターに戻ってからは、来客があると、犬舎のフェンスから背伸びして外を覗いていました。
Yさんが帰られたドアの前で待つ姿が、何度も見られました。
ホストのYさんにお世話になっている時、お盆やお正月の1週間くらいは、事務所に戻っていたナナでした。
1週間が過ぎるとYさんが迎えに来て下さいました。
だから、ナナは迎えに来てくれる事を待っていたのでしょう。

私達もナナに何度も話しました。
「いつか必ずあなたの本当の家族がくるのよ」
「待っていようね」と。

そして、今日の日が来ました。
トライアルが開始されます。
ナナが団体に来た時からのお話もさせて頂きました。

里親候補様が「ナナちゃんでトライアルをお願いします。」の声を聞いた時、胸がいっぱいになりました。
代表とシャンプーし、ドライヤーで乾かしながらナナに少し話しました。


「ナナ、頑張りやぁ。良い子にしていっぱいいっぱい可愛がってもらって」
「あなたは頭の良い子だからわかるよね」
「お兄ちゃんやお姉ちゃんも待ってるよ。沢山の家族の中で沢山の幸せをもらってナナも沢山の癒しをあげてね」
大きな身体のナナですが、心はとっても繊細でナイーブなのです。
ジィーと話を聞きながら、ご挨拶のペロペロです。


「かぁちゃん、わかったよ!!僕、頑張るよ!!」
そう聞こえました。
「かぁちゃんも遠くから応援するからね!!もぅ、寂しくなんかないんだよ。
毎日ワイワイと楽しい声が聞こえて来るんだからね♪」

優しく声を掛けてもらっています。


いよいよ出発です。


「ナナ、頑張ってーーーー」
「バイバイ・・・ナナ」
走り行く車に代表と大きく手を振り見送りました。

犬舎に戻って、3番の部屋を見て、涙が溢れました。
大きなナナが居なくなった空っぽの部屋。

どうか無事にトライアルが成功しますように。。。

7歳のナナ。
明るい暖かいクリスマスとお正月が過ごせますように。。。

皆様へのお願い

緊急
*ベビー毛布サイズの敷物
*ドックフード(缶詰)
*w/d缶詰 OR 腸管アシスト



http://ark-angels.jp/hukuoka.html
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/240-ca0187c6
trackback