殺処分ゼロ?
今週の水曜日の朝7時、熊本へ向け出発しました。

熊本震災で、お預かりしていたワン達の返還です。

仮設住宅に移られ、やっと愛おしい愛犬のお迎えが可能になりました。

滋賀シェルターからおよそ830km。

果てしなく遠い・・・けど頑張る。

途中で何度も給水を行って、14時間後到着しました。

感動の対面。

ご主人、薄ら涙を浮かべられていました。

14歳の老犬のお預かりでしたので、最期をみとれないのかと、心配されていましたが、元気いっぱいのおばぁちゃん犬でした。

まだ、お預かり中のワンコ達が居ますが、必ず家族の元へお送りします。

6度目の熊本・・・・半端なく暑かったです。(^_^;)

そのままとんぼ帰りで、広島県へ向かいますが、さすがに疲れ果て、車中泊となりました。

翌朝8時、広島県動物管理センターに到着。

長く待ってくれたワンコのお迎え。

そして・・・今回もわちゃわちゃ子犬とニャンコが収容されていました。


私は、愛護活動を始めて、30年近くなります。

団体での活動が12年。

この、活動を通し沢山の事が見えて来ました。

エンジェルズのスローガン「殺処分ゼロを目指して!!」

愛護活動をされている方は、ほとんどがこれを願っています。

しかし、現実殺処分ゼロに日本がなる日はくるのか?

今の状況を見ていると、ほぼ無理ですね。

動物愛護という事を勘違いしてる、活動家が増え殺処分ゼロは余計に遠くなった。

一般の人は、助けられたから良かった!!そのことだけで、その後の事は考えられませんね。

例えば、愛護活動家と称する者が、ブリーダーから不要犬の引き取り屋をしている。

表立っては、不要になった犬は、処分されてしまうから可哀想で助けた。

ええええ~~~!!

助けたのでは無く、ブリーダーの商売の協力をしたんですよ。

不要犬を引き取れば、場所が空くのでブリーダーは、新しい犬を増やし繁殖さす。

散々商品を創りだし、産まなくなったらポイ!

そんな奴らの手助けする愛護活動家。

どんどん大きくなっている、日本のペットショップ。

お世話になった腹犬を最後まで見てあげれないブリーダーなんか商売するな!と言いたい。

そんなブリーダーを助けるな!!

廃業に追い込むべきです。


そして、殺処分ゼロにすると、管理センターから処分決定の出ている子達を何の適性も見ず、引き出す活動家。

こんなの、いつか止まるに決まってるんではないでしょうか?

自然界で、野犬たちが子犬を生んで収容されてきている数、どれだけ多いか・・・

まして、野犬やその子犬達は、人間を怖がり家庭犬のように慣れる訳ではない。

恐怖で、脱糞し失禁する。

窮鼠猫を噛むと同様に、追い込まれて来ると、牙を剥いて攻撃してくる。

このような子を多くの一般家庭の方が、迎えてくれるでしょうか?

団体にも3頭いますが、この子達は終生飼育と思っています。

スタッフ2名には、何とか心を少し開いていますが、2年かかりました。

処分機を可動させないためには、このような適正不可の多くの収容野犬を引き出す以外ない。

レスキューホーダーにならない事を祈る。

野犬たちは多くの感染症を持っている。

感染症対策は万全なのか?

私たちも、広島県から犬を引き出し始めた頃、感染症で頭を抱え、勉強した。

感染拡大を抑えるために、全ての事をする。

おかげさまで、年々死亡率は下がっている。

目に見えない感染はそれほどあまいものではない。


例えば、今年だけ殺処分ゼロなら、終生飼育を前提に行えるかも知れない。

リードすらつければ犬が殆どだから、散歩なんて行けない。

今まで山で自由に走り回ってた犬が、犬舎に入れられて飼い殺し。

それでも、生きてた方が幸せなのか?

もちろん、賛否両論はあるのは、分かっている。

人間が作った法律の狂犬病予防法で、捕獲収容された犬は、猫のようにリリースは出来ない。

現在、エンジェルズは広島県の殺処分対象から譲渡にまわった犬猫の三分の二を引き出し、里親に送り出して来ている。

この4年で、広島県は大きく処分は減ったが、殺処分にまわった子もいる。

常に冷静9・感情1で動かなければ、シェルターはパンクする。

「救ってあげる事が出来なくてごめんね。次に生まれ変わる時は、どうか普通の家庭に迎えられる犬になって生まれてきてね。」と、謝る。


何でもかんでも引き出すことは簡単なのです。

問題はその後なんです。

シェルターは一時の通過点で、全ての子を一般家庭に送り出すために、スタッフたちは訓練を重ねている。

一頭のワンコをセンターから引き出し、2週の隔離を終え直ぐに卒業出来る子も居れば、2年、3年、4年とシェルターで過ごす子も居る。

きちんとトレーニングも出来ないで譲渡し、もし人を噛んでしまったらどうなるのか。。。

大変な問題ですよ。

犬猫に関する法律も改善されなくてはなりませんよね。

狂犬病なんて昭和32年ですよ~~

狂犬病予防注射打つなら、先に混合ワクチンでしょ・

人間と動物が上手く共生できる世の中になれば、殺処分ゼロも夢ではない。



昨日のレスキューワンコです。
IMG_4743.jpg

IMG_4754.jpg


何があったの?

何でマスティフがいるの?

とってもとっても良い子ちゃんです。

1歳なってるかな?歯も真っ白です。

おとなしい女の子。


そして、今回もわちゃわちゃ子犬達が運搬檻から、見つめていました。
IMG_4736.jpg

IMG_4758.jpg

新しい家族に見つけてもらおうね♪

総数27頭引き出し、広島を後にしました。

さぁ~明日31日の日曜日は、滋賀本部シェルターで、100頭以上の子犬達が里親様を待ちます。
(小型犬の成犬達もいっぱい居ますよ♪)

皆様、どうぞお越し下さいませ。

滋賀県高島市今津町酒波1186-2

エンジェルズ滋賀本部にて、14:00から17:00です。



そして・・・・
心苦しいお願いでございます。

野山で蚊が半端なく多いです。
*ペット用蚊取り線香

子犬達のお腹は非常にデリケートです。
*いなば低脂肪ささみレトルト

老犬・子犬の食いつきの弱い子用に。
デビフのラム缶

ニャンコ達の遊びのキャットタワー老朽化の為
*キャットタワー

現在、成犬・子犬合わせ250頭が居ます。

日々のフードが大変不足しております。

銘柄指定はございませんので是非ともご協力を宜しくお願い致します。




*ご不用で倉庫に眠ってるテントはございませんか?
日よけ対策に大奮闘しております。


行政での殺処分対象になっている子達を懸命に救い続けております。
今年に入り、500頭近くを救ってきました。
が、まだまだ、カウントダウンの中に居る事が、沢山います。
私達に出来る事、そして皆様に協力をお願いしないと出来ない事。

沢山の命を繋げる為に、どうかご協力をお願い致します。
レスキュー後のケア(医療・飼育など)が大変な工程であります。
すぐに里親様から幸せ切符を頂く子も居れば、長年シェルターで、過ごす子も居ます。

皆様のご支援で、命を救う活動は前進致します。

どうかわんにゃんを助けるために、ご支援をお願い致します。
「命を繋ぐ基金」に、是非ともご協力をお願い致します。

郵便局:口座番号:14630-16534321

滋賀銀行:今津支店・普通口座・番号:598577

三井住友銀行:赤川町支店・普通口座・番号:1601289

(口座名義はすべて同じです)
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
   トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ


ANGELS活動ビデオ
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
comment
comment posting