熊本大地震
15日、熊本へ向け出発。
IMG_2660.jpg

緊急車両が、西へ西へ走っています。
IMG_2670.jpg

現地到着まで、熊本在住の方と連絡を取り合っていました。

現場までのルートなどを把握していきます。

到着し一件目へ。
IMG_2697.jpg
小屋の上には、屋根から落ちてきた瓦が直撃です。
おちおち寝ておられませんよね。
IMG_2702.jpg

怖かったね・・・
ku1 (1)
歯を出して笑って、お腹なでて~~と大興奮。
やっと、安心して眠れます。

本当は、現地に一時保護のシェルターを設置しようかと考えましたが、獣医師などと相談した結果、ピストンでも現場から動物を移動さす事にしました。

犬の五感は、人間の数十倍、数百倍発達しています。
一時間に何度も起こる余震の体感は、地面に近い分人間の感じる3倍と言われています。

現場もいつ余震により災害が拡大するかわかりません。

助けに行っている人間が、現地で助けられる訳にはいきませんものね。

次の現場へ向かいます。
FullSizeRender (4)
IMG_2758.jpg
IMG_2795.jpg
IMG_2796.jpg
ku1 (2)
益城に入るとあちこちで、通行止めです。

飼い主さん避難で、ワンちゃんだけ家に居るとの連絡が入り、駆けつけました。

寝てました・・・(^_^;)
誰?って感じです。(^_^;)
kum1 (5)

さぁ~安全な所に避難しようね。
kum1 (1)
出発前に、おかぁさんに行ってきますのバイバイをしに避難所に行きました。
kum1 (2)
おかぁさんも頑張ってください!!
ワンコは責任を持って帰れるようになるまで、お預かりさせて頂きますね。
涙涙のお別れが続きました。

移動途中、ワンコが繋がれていたり・・・猫が屋根に乗ってたり・・・
飼い主様へ
もし、避難所へ連れて行けなければ、ご連絡下さい。
ただ、繋いでるだけでは、飼い主がいるのか?放浪してて誰かが係留したのか?全く情報がわかりません。
飼い主さんが居るのに、無断で連れ帰る事も出来ないし、今回もこの問題で、レスキュー協会の方がとてもお困りでした。

さて、どこも危険な状態の家屋がいっぱいです。
FullSizeRender (2)
FullSizeRender (3)
FullSizeRender (1)

次の要請場所へどんどん移動します。
kum1 (3)

kum1 (4)
移動中も電話がひっきりなしに鳴ってきます。

車が満杯になれば、ひとまずシェルターへ引き返します。

夕方6時益城役場出発。

翌日朝に滋賀シェルターに到着しました。

ワンコ達は、各部屋に入りのんびり♪

大地は揺れてないよ~
今日から、元気に頑張って家族の元へ帰ろうね。
kum1 (6)

第二陣出発いたします。
依頼電話の子達でいっぱいですので、私も明日の夜から再び熊本へ向かいます。

滋賀出発となります。
ご支援物資にご協力頂けましたら、直接シェルターへお持ちくださる方でしたら、熊本行きの車に積み込みます。

また、保護依頼者の方からの人間用物資のご協力品もお届けします。

現地は、ボランティアさんの数も全くたりておりません。

危険な状況が続く中、ボランティアセンターが立ち上がっておりません。

物資の行き場が、偏っています。

民間の人力で運ぶしかないです。
昨夜は、何を召し上がられたんですか?と、聞くと「ハンバーガ?ハンバーグの入ってないパンです。」と。

インスタントラーメンなどが、一切ありませんでした。

私も今回、スーパーでレトルト食品とインスタント麺を買い込んで支援致します。

国民ひとりひとり、必ず何か出来る事は、ひとつはありますよ~。

助け合いましょう!!

熊本大地震のサイトが立ち上がりました。
bnr_kumamoto.jpg
こちらをご覧ください。
*熊本行きへの搬送のボランティアさんのご協力もお待ちしております。
命のリレー隊です。
ご協力お願い致します。


ANGELS活動ビデオ
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
comment
comment posting