スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
繁殖犬の末路(緊急譲渡会開催)
「東京で、多頭のワンコ達が救護を求めています」と、言う電話が入った。

当初の話では、飼い主が失踪して、チワワ達が残されていると。。。

私達は、行政の施設で殺処分決定が出ている子を最優先に救っています。

実際、純血種なら沢山の愛護団体が、すぐに手をあげてくれるんじゃないの?と、思った。

その後、次々に画像が送られて来た。
si5.jpg

tiwa2.jpg

IMG_2081.jpg

IMG_2180.jpg

IMG_2163.jpg

IMG_2197.jpg

FullSizeRender (1)

IMG_2033.jpg

FullSizeRender.jpg

大まかな詳細を聞いて行くと、99%の子達が、老犬・障害・治療必要という事。

里親さんがつくのはかなり厳しい状態。

代表と相談し、翌日東京に向け出発。

一般の保護はしていない団体が、なぜ保護に向かったか。

それは、この子達が行き場を失ってしまうか、たらいまわしになる可能性が大きい事。

早急な治療が受けられない事。

エンジェルズは、収容頭数380頭の施設がある。

そのおかげで、東日本大震災の時もどこよりも早く一番に東北に出発し多くの犬猫を滋賀シェルターに搬送した。

もちろん、沢山のボランティアさんのお世話があっての行動でした。


今回の子達は、多分終生を見てあげなくてはならなくなる可能性が大きい。

老犬たちにとっては、一刻も早くに安住の地を提供してあげなくてはならない。


今回のレスキューで発覚した事。

現在、告発に向け調査中ですが、警察の立ち合いもありこの子達の訴えを代弁し真相を暴くつもりでいる。

現在分かっている事。

この子達は、元々はブリーダーの元に居た、腹犬(♀)と種犬(♂)

歳を重ねると共に、出産頭数も減り、病気も沢山出て来た。

ブリーダーから愛護団体に渡る。

似非愛護団体が、里親募集と銘打って、バックヤードブリーダーに流した。
*バックヤードブリーダー=動物取扱業を持たずに、自宅などで繁殖し出産させた子犬をブリーダーに売りブリーダーがセリにかけお金を稼ぐ

バックヤードブリーダーのK氏。。。数頭の犬を連れて失踪している。

連れ去った犬の画像もあるので、証拠品として提出。

まさか、また似非愛護団体に渡ってる事はないと思いますが、要チェックですね。


いずれにせよ、物言えぬ動物達が、人間の商売の為に心や身体に大きな傷を受け犠牲になっている。

ペットショップに並ぶ可愛い子犬達の母犬を想像する人はいるのだろうか?

知ってほしい現実。

先進国日本が、命の売買をしているなんてありえない。

2020年、オリンピックで海外から多くの人が来る。

ショーウィンドウに並ぶ生態を見てどう感じるのでしょうね?


さて、今回の新宿の子達ですが、生きるために、遠路頑張り滋賀シェルターにやって来ました。

翌日、個体識別が始まり全頭、医師の診察を受けました。

そして、混合ワクチン・狂犬病予防注射も接種致しました。

診察結果では、ほとんどの子が目に疾患があります。

全盲の子も多くいます。

また、骨折からそのまま放置され、固まってしまって歩行できない子もいます。

そんな子達を見ていると、怒りに震えて来ます。

商売に使っていたなら、どうしてもっと手厚く治療を行ってあげないのか!

子供さえ産めばどうでもいいのか!

そして、子供を産まなくなれば、お払い箱で愛護団体に泣きつく。

ブリーダー全てではありませんが、とにかく悪徳なブリーダーが多いのは現実です。

以前にも書きましたが、ブリーダーが泣きつき、愛護団体が保護?する。

ちょっと、ちょっと!!おかしいよ!

そんなのブリーダーに加担してる訳ですやん!

引き取ってあげたら、また新しい犬を入れて繁殖を繰り返すんですよ。

たしかに、不要となった子を見捨てる訳にはいかないと言う活動家の方もいます。

それならば、全てを引き取り廃業させるべきです。

不要犬なんて居ないのです。

ブリーダーは、最期まで仕事に協力してくれたワンコをお世話し送るのが当然です。


今回の新宿のワンコ達は、昨年の夏にはワンルームのマンションに120頭以上が居たそうです。


全頭引き上げたのは、33頭。

残りの子達は、どこへいっちゃったんだろう?

同室の人に聞くと、喧嘩で死んだ犬も沢山いたとの事。

治療されず、衰弱して死んで行った子も沢山いたんでしょうね。

今回の33頭は、やっと解放されたのです。

頑張って本当によかった💛

生きていて本当に良かった💛

これから、未来に向けて夢がいっぱいだよね。

新しい家族に出会える事を心より願っております。


外傷的な疾患は多く見られますが、血液検査での報告では内臓疾患のある子は、わずかでした。


レスキューから2週間が過ぎようとしています。

みんな、甘えて来ます。

健気にしっぽを振って来ます。

ほんと、良い子達💛

もぅ、人間に使われる事はないよ!

安心して時間を過ごそうね。

現在、治療に入った子達を含め、全頭の里親募集を開始させて頂きます。

詳細はこちら

今週末、4月2日(土)・3日(日)午後2時から午後5時まで、滋賀本部シェルターにて里親様をお待ちしております。

長年に渡り、心も身体もボロボロになった子達に、どうかどうか暖かな手を差し伸べて頂けます様、お願い致します。


☆緊急ご支援物資のお願い☆
*小型犬用首輪(中古可) (個体識別用で必要でございます。)

*ドックフード (どの子もほとんどの子が、歯が無いためレトルトが助かります。)

*ペットシーツ (消耗品で大量に使用しております。)

*使い捨て手袋 (こちらも消耗品で大量に使用致します。)

*小型犬用毛布

*リンクは参考までに入れさせて頂いております。


☆治療費ご支援☆
殆どの子に疾患があります。 現在、骨折後の放置により骨が固まってしまっています。 手術により、歩行可能かの検査を行います。 また、全盲の子も非常に多いです。 眼球委縮など、手術が必要な子が沢山います。 医療費のご協力を心からお願い致します。

郵便口座 口座番号 : 14630-16534321
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ

三井住友銀行   口座番号 : 普通預金 1601289
店番 : 赤川町支店(店番138)
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ
*お振込の際は、「東京医療費」と明記して下されば助かります。 明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。


皆様のご協力をお願い致します。


ANGELS活動ビデオ
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。