FC2ブログ
ハンディキャップ
今日から2月。
「えっ?もう2月やぁ~ん」って感じです。
寒い寒いと呪文のように口からもれる言葉もあと少しの我慢。
春はそこまで来ている。

が、今日は朝からみぞれ交じりの雨。
敷地内の雪は、ほとんどが溶けていましたが、この寒さで凍ってしまいそうです。

今日は日曜日。
里親様の面談です。

ご家族全員でお越し下さいました。
私はいつも家族揃って来て頂く事に、とても嬉しく思います。
家族が一人増えると言う思いで、皆で迎える。
N様は5人家族。
ご夫婦と下の方が大学生のお子様3人。

家族で話しながら、私達に質問をしながら、ワンちゃんをご覧になって頂きました。

子犬ちゃんにも目を向けられましたが、お嬢様が「子犬は皆が可愛いと思うから、沢山の人が声をかけてくれるでしょう」と。
そして、白羽の矢が当たったのは、「フェクタ」ちゃんです。


彼女は、福岡からやって来た子です。
シュナウザーの中でも、大人しくいつもビクビクしていました。
そして、後ろ足にハンディキャップが。
骨折からかそのまま放置していたようで、足がブラーンとなっています。
歩行には問題はありませんが・・・。

ワンちゃんを見に来て頂いて説明する時、皮膚疾患や内臓疾患があると言う事を話すと結構他に目を向けられてしまいます。
また、「誰にも手を上げてもらえない子を迎えたい」と、おっしゃって頂く事もあります。
大変ありがたいお気持ちで胸がいっぱいになります。

ワン達は、目が見えなくても里親様がいらして頂いた時、凄くアピールします。
みんな、同じなんです。
「私を抱っこして~」と。
健常犬と比べると、確かに大変かも知れません。
しかし、シャンプーや投薬で皮膚疾患は改善されます。
目が見えなくても、上手に歩く事が出来ます。
頭の中で通路などを記憶しているのでしょう。
一度ぶつかった所は必ず避けて歩いています。

この先、見える様になる事はありませんが、この子達にも家庭の温かさにご縁がある事を願います。
現在、目の不自由な子は、カロル・ボル・タッシュ・タルーラ・五平・ますみ・エニフ・・・と多く居ます。

目を閉じて静かに聞いてみて下さい。
カロル達は毎日この世界で優しい声・優しい手を待っているのです。

幸せの架け橋に私達は、出来る限りの事をお手伝いします。

皆様へのお願い

緊急

*ヒルズw/d(ダブル/ディー)缶詰またはドライ

*ドックフード(缶詰)

*ドライフード(成犬用・小粒)
ユーカヌバ・ロイヤルカナン等を現在使用しております。



http://ark-angels.jp/hukuoka.html

福岡レスキューの援助金募集
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://teamangels.blog89.fc2.com/tb.php/174-79d3bc96
trackback