スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
お星様になった・・・スヌー。
9月23日の活動日誌、一枚目の画像の子は、「スヌー」じぃさん。

N君が、ゆっくりのんびりと話しかけながら散歩をしています。
数日前から、後ろ足のふらつきが気になっていました。

スヌーは、浪江町にて最終段階で保護しました。
その時点でも、ふらつきが見られていました。

血液検査では、やはり重度のフィラリア。

寂しかった時間を長く過ごして来たスヌー。
一日でも楽しく過ごさせてあげれるように、皆が気に掛けていました。

24日、いつもと変わりなくの日を過ごしていました。

午後3時からお散歩ミーティング中、私がスヌーの散歩当番になりました。
「スヌー、散歩に行きたがるけど、ちょっと距離を少なくしないといけないよね」
と、話していた所でした。

一頭の散歩が終了し、犬舎に迎えに・・・
「スヌー~散歩やよ~~~いこっ!」と、声をかけました。

スヌーは部屋の隅で、眠っているような態勢でした。
そして・・・二度と立ち上がる事、目を開けてくれる事が無い事に気づきました。

慌てて、犬舎スタッフを呼びました。
「ええっ?ついさっき夕方の食事をあがて全部食べた・・・
前に出て来て喜んでたよ・・・なんで・・・・なんで・・・・」
食後、おしっこもうんちもいつものように、きちんとしていました。

驚きました。
フィラリア。。。
スヌーの飼い主は、一度もフィラリアの投薬をした事なんて無かったでしょう。
飼い主が、投薬さえしていれば、愛犬を守れる唯一の病気です。

フィラリアに感染している子が、非常に多い。
福島へ犬の返還に行き、飼い主と会って考えさせられる事が多々あります。

飼い主は言います。
「それ何?」
「金額はいくらくらいかかる?高い?」

何度・・何十回、何百回、飼い主にフィラリアの話をしてきたでしょう。

でも、狂犬病予防注射は、しているんです。
毎年、行政からハガキが来るからです。
法律だからです。

地域によってフィラリアでなくなる子は、とても多いです。
法律なら、フィラリア投薬してくれる飼い主が増えるのでしょう。

そうすれば、いいのに。。。が、実感です。

スヌーは、お空に帰って行きました。

原発圏内で、初めて会った時のスヌーの顔が浮かびます。
野良犬のように、さ迷いながら不安な眼をしていました。
地震後、1か月半が過ぎていました。
痩せていました。。。。

寂しかったね。。。
お腹すいてたね。。。
喉が渇いてたね。。。
不安だったね。。。

でも、沢山の優しさに触れれたよね。
飼い主に再会出来る事は、無かったけどそれでも良かったよね。

みんな、あなたが大好き!!

安らかに眠れ・・・スヌー・・・。
006_20110927083529.jpg

合掌
Posted by 2005angels
comment:6  
[未分類
comment
残念でなりません。
      

          ★スヌーちゃんのご冥福を心からお祈りi致します★


 被災地からスヌーちゃんを救出され、今までスヌーちゃんのお世話をしてくださっていましたエンジェルズ関 係の皆様ありがとうございました。
2011/09/27 10:49 | | edit posted by S
ご飯を食べて、お腹いっぱいでお空に行けたんですね。
お腹いっぱいのまま眠るように…
それだけでも救いです。お腹すかせて、苦しんでいくのだけは
可哀想で可哀想で…
数日前、うちにいた子は朝から何も食べずに行ってしまったから…
スヌー、飼い主のいない福島ではなく、優しい人や、
お友達のいっぱいいるココで最期を迎えれて良かったね。
皆さんに見送られて幸せな子だと思います。ありがとうございました。
2011/09/27 13:43 | | edit posted by さりぃ
スヌーちゃんのご冥福をお祈りします
今までお世話されたみなさまありがとうございました

今回被災犬の子たちがフィラリア感染が多いとのこと

それ何? 高い??の言葉には呆れます
防げる病気・・・フィラリアで亡くなった子たちの事を後悔も何もしない飼い主さんが多いのかしら?
とても信じられないです
2011/09/27 14:57 | | edit posted by ノアママ
恥ずかしながら、私もはるか昔、愛犬をフィラリアで
亡くした経験があります。
今ほどフィラリアの事も知られていなかったし、
そういう知識も持ち合わせていませんでした。
ほんとにかわいそうな事をしたと思います。

でも、今はそういう時代ではないです。
獣医さんも増え、きっとフィラリア予防の事も
教えてくれるはずです。
結局お金なのかな・・・
家族の一員として迎え入れた以上、最低限
出来ることはするべきですよね。

スヌーちゃんも予防さえしていればと思うと、
残念でなりません。
とっても可愛くて穏やかなお顔をしてますね。
もっともっと長生きしてほしかったけど、
最後にAAさんのところで大切にしてもらった事が、
唯一の救いです。

スヌーちゃん、安らかにね。
そして、AAさんありがとうございました。
2011/09/27 15:37 | | edit posted by クリステル
スヌー 安らかに
安らかに逝けたと思います。皆さんに出会えたスヌーは、幸せです。
最後までお世話をして下さり、ありがとうございました。

婚家には、一匹の犬がいました。すでに発作があり、フィラリアの末期だと思いました。
実家では、父がフィラリアが1番怖い!と話していましたが、発作を目の当たりにしたのは初めてです。
姑は、人の目があるからと… 玄関前に居た犬を、人気の無い車庫横に、繋ぎました。
それからは、私一人が犬の世話をしましたよ。
死期が近付くと、容赦なくハエがたかります。まだ、生きているのにです!

最後の日… 暑かったので、冷たい水に入れ替えたらゴクゴクと飲んで、嬉しそうな顔をしました。
そして横になり、そのまま息を引き取りました。
涙が止まらなかったです… 予防してあげられたのに!と、悔しかった…

フィラリアは、大変な苦痛を与えます。本当に、予防の大切さを身に染みて感じます。
2011/09/28 09:41 | | edit posted by
ヘルメットくん
スヌー君、頑張ったね! お疲れさま、そして安らかに・・・

そしてAAのスタッフの皆さま、スヌー君が人の温もりを感じながら旅立つことができたことに心より感謝いたします。ありがとうございました。


私が初めてスヌー君と会ったのは、5月下旬に初めて福島シェルターにボランティアに行ったときでした。白と黒の配色が珍しくとても印象的で、一度会ったら忘れない子でした。
スヌー君に会ったのはそれが最初で最後でしたが、なんだか記憶に残っており「どうしているかな?」と時々思い出していました。
先日もお散歩している姿の画像が掲載されており「おっ!!元気にしているな。ヘルメット君!!(私が勝手に命名。センスがなくm(__)m)」と嬉しく思っていたので、この訃報にはかなり落ち込みました。とても残念・・・

※なんだか頭の黒い部分がヘルメットを被っているようだったので“ヘルメット君”です。

きっと、今ごろ、レオ君、ロッキー、そしてへっくんと仲良く虹の橋の前で楽しく駆け回ってますね!!

あの震災がなければと色々と思うことはありますが、最後は一人でなかったこと、お腹がすいてなかったこと、そして皆さんの愛情を感じながらであったことに感謝いたします。
AAスタッフの皆さん、ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。


ヘルメット君!!(こう呼ばせてください。m(__)m)
虹の橋でもうみんなに会えたかな?
そこは、いつも暖かく、争いや飢え、病気もないところだから、安心して大丈夫だからね。
いつか一緒に虹の橋を渡りたい人に出逢うまでそこでみんなと仲良く過ごしてね。!
ヘルメット君! ごめんね。ありがとう。そして安らかに・・・

*** スヌー君のご冥福を心からお祈りいたします ***
2011/09/29 12:50 | | edit posted by Bunda
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。