スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
動物を迎えると言う事は?
この活動日誌を書く、きっかけは、こんな子達が世の中にはいるんですよ。と、言う事を知って頂く為。
そして、遠方から応援して下さっている御支援者様に、今日のシェルターの様子をお知らせする為でした。
近県等で、シェルターを訪れて下さいます方達は、動くワン達を見て下さってそれぞれに、喜んで下さっています。

遠方から、初めてお越し下さった御支援者様には、私達もいつも驚きます。
ワンを見て、百発百中で名前を当てられます!!。
「あっ!みどりちゃんだ!!  あれはタリタねっ♪」と。

「いつも写真でしか見れない子が、目の前で動いているのに、感動しました~~~!!何かアイドル歌手にでも会ったような感じです(^_^;)」なんておっしゃいます。

この子達は、シェルターに居ますが、沢山の暖かな方達の気持ちに包まれています。
幸せ者ですね♪

ある里親希望者さんの話。
「数年前に、保健所から犬を迎えました。でもその後、転勤になってマンションでは犬が飼えなかったので、泣く泣く保健所に返しました。一人暮らしになって寂しいし、また犬を迎えたいのですが。。。」

皆さんならどう考えられますか???
里親さんをお願いしますか???

放棄の理由の一つに、多いのが、
*引っ越しに伴って、次の所はペット不可で飼えなくなった。

まず、最初に感じるのは、ペット大国日本は、年々ペットと暮らせる住居が増え続けています。
何でペット可の所を探さないのですか?
としか思えません。

動物を終生飼育出来なかった人は、二度と飼ってはいけません!!くらいの法律が出来てもいいでしょう。

保健所から出して保健所に戻す。
それは、殺処分です。
犬の気持ちになってみたら・・・。
処刑台から救われ、楽しく生活していたのに、数年後信じていた飼い主に、処刑台送り。。。
犬にも感情があります。
叱られたら、しょんぼりします。
悲しかったら寂しい顔をします。
嬉しくって、満面の笑みを浮かべます。

しっかりと目で、話しています。

人間中心で全てが回っているような地球ですね。。。
確かに、ペットは人ありきでしか暮らす事が出来ません。
しかし、人も動物も木々も生きている物全てが、共存出来る地球でなければ、おかしいです。
人によって、地球は傷ついています。
温暖化によって、異常気象になっています。
世界のあちこちで災害がおこっています。
アフガニスタンの大洪水。
ゲリラ豪雨。
頻繁におこる地震。
みんな、人間が傷つけた結果の事です。
動物達も住む所すら、失っています。

みんな、自分に災難がおこらないと、気が付かないのでしょうか?

あっ!里親希望者さんのお話が、地球にまで行ってしまいました(^_^;)(^_^;)(^_^;)
軌道修正して・・・。

この希望者さんは、以前に最後まで飼ってあげる事が出来なかったから、今度は必ず!!とおっしゃいました。
償う気持ちですと。。。
でも、転勤があればまた無理になる?
犬を一緒に連れて行ってくれる場所を探してくれる?

一度、シェルターに来て下さるようですが・・・悩んでいます。
会ってお話しないと、判らない事がいっぱいです。

先日も記事にしましたが、里親様になって頂けるなら誰でもOKって訳では無いのです。
審査も面談もございます。
ペットショップのように、お金さえ出せばすぐに手渡してもらえるような所ではありません。
「エンジェルズはかなり審査が厳しいと聞きました」なんて言われる方がありますが、全然ですよ。
まともに飼って頂ける方には、当たり前の事!!と、言って頂いております。

第一に、里親募集対象の子達は、今まで何らかの虐待にあっています。
苦しんで悲しんでいた子たちなのです。
二度と同じような環境に置く事は絶対に許されないのです。
その場所を探すお手伝いが、私達の役割で、責任があります。

幸せになってくれて当たり前。
もちろん、動物達は人間と楽しく幸せに暮らして行くのが、当たり前なのですが・・・。

しかし・・・。
この活動を始めてから、色んな方に遭遇致します。
極一部でしょうが、あっけに取られる事もあります。
ショップで買わず、里親募集に目を向けて下さっている方でも、お断りする事もあります。
それは、今目の前の子が、幸せになれるか?と言うのに不安な気持ちがあるからです。
少しの不安を持てば、里親様には改善出来るかどうかも問わせて頂きます。

そして、里親候補様にも、もっともっとお勉強して頂きたいとも思います。
家族の一員になる子なんです。
この先、何年も一緒に暮らして行く子です。

ぬいぐるみなら、飽きてしまえば、しまっておけばいい事。
でも、飽きるなんて事は出来ないのです。
命ですから、ご飯も食べます。
散歩もします。
雨が降っても、雪が降っても行かなければなりません。
今日は、雨だから散歩なしね~なんて声も聞きますが。。。
そして、病気もします。
人間のかかる病気とほぼ同様の病気になります。
近年、癌に侵され死亡する子が、一番多いのです。
治療費も莫大な費用が掛かります。
ワン貯金も必要でしょう。
保険がききませんからね。

もちろん、大きな病気もせず、寿命を全うする子も居ます。

しかし、産めよ増やせよとドンドン犬を産ませている業者が多く、先天性遺伝疾患が非常に多いです。

犬種によって注意すべき、病気もそれぞれ違っています。
迎えて頂く前に、少しでも知識を持って頂きたいです。
今は、インターネットでどんな情報もすぐに入って来る便利な世の中です。
ペット関連の本も沢山出ています。

一例ですが、フィラリアの投薬は、犬を飼ってらっしゃる方は、もちろんされていると思います。
唯一、飼い主が守ってあげれる病気です。

フィラリア投薬は、一ヶ月に一度、その時期に行う訳ですが、薬を飲ませれば一ヶ月間フィラリアから守る予防薬と思ってらっしゃる方が多いです。
フィラリアを持つ蚊に刺された犬は、血液中に無数の卵を産み落とします。
その血液中の卵を落とす薬なので、これは、駆虫剤であると言う事です。
予防では無く、治療ですね。

私達もお時間を頂ける範囲で、色々と説明をさせて頂いております。
犬を飼おうかな?と、思って下さっている方。
情報を収集して下さい。
そして、判らない事があれば、何でも聞いて下さい。
私達も色々調べます。
ご質問を頂くと、私達も勉強になります。
どんな時も、すぐに対応出来るように心がけたいと思っております。

家族の一員は、必ずどこかで待っています。
あなたに会うために・・・♪

里親募集中

*今日のひゅうが*
angels-053_20100901154040.jpg
ランで散歩中のごんちゃんとコンニチハ♪
angels-054.jpg
2回目の腹水を抜いて、9日目。
溜まり始めています。
今回、時間が短いです。
先生の話では、どんどん短期間で溜まるようになる。
そうなると、身体への負担を考え、もう抜く事はしないで、見守ってあげましょう。との言葉でした。
1度目がちょうど1ヶ月持ったので、期待していましたが。。。
ひゅうが自身も横たわってハァハァと肩で息をしています。
ストレスが掛からないように注意です。

*緊急支援物資のお願い*
現在、メーカー様よりご支援頂きました一種類のフードを中心に使用させて頂いております。
しかし、合わない子もいまして、下痢になってしまう子達もおります。
ユーカヌバ(成犬用)小粒 OR サイエンスダイエット(成犬用)小粒
ヒルズr/d OR スペシフィック 犬 CRD-1

ご協力をお願い致します。 <(_ _)>
Posted by 2005angels
comment:1  
[未分類
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/09/02 14:58 | | edit posted by
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。