スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
ラハ元気です。
お久しぶりのボクサー「ラハ」。
栄養状態も悪く床ずれの繰り返しだったようで、浮腫のように足の関節が腫れていました。
病院でお世話になっていた頃が、遥か昔のよう。。。
優雅に走る事は出来ませんが、ご本人は走っているつもり。
全てを諦め、何の表情も無かったラハが、変わりました。
表情豊かで、シッポも降るようになり、ワンワン鳴くようになりました。
皆に、愛されています。

事務所での生活にもすっかり慣れてくれました。
最初は、所構わずジャージャーとおしっこをし、ボタボタとウンチを落としていました。
私は、日々ぼやいていましたね(^_^;)
「かぁちゃんは、あんた達のしっこを一日、拭きまくっているために生きているんじゃなぁーーーーい!!」と。
そんな、ラハが今では、デッキに出て排泄が出来ます。
シーツにも命中でしてくれます。
おしっこがしたくなれば、人の顔を見ながら行ったり来たりして知らせます。
犬って何歳になってもきちんと学習出来るんですよね。
感動しちゃいます♪

そして、今日物資を送って下さった中に、ベットを入れて下さっていました。
ひゅうが君にちょうどいいかも!!と、ちょっとリビングに置いていると・・・。
あれ?
何してるのーーー?
潰れちゃってるやん!!
ラハがグーグー眠っています。
angels-003_20100730071529.jpg

からだ入ってませんが(^_^;)
angels-002_20100730071644.jpg

ちょ ちょっと~~~どいてよー。
これ、ひゅうがのやし・・・。
はっ!!と目覚め「へ?」
angels-014_20100730072044.jpg

ラハが大宰府からやって来て、1年と5か月。
レスキュー現場で唯一、生き残っていたボクサーでした。
命が繋がるのだろうか?と、一番心配した子でもありました。
大宰府レスキューの子達は、ほんとみんな状態が非常に悪かったです。
死骸の中から助け出された子は、ほとんどの子が目に表情が無かったのです。

今、こうして一日を好きに暮らしているラハを見ていると、当時の苦労は吹っ飛びますね。
angels-020.jpg

シェルターで暮らす途中で亡くなる子もいます。
とても悲しいです。
しかし、皆に看取ってもらって沢山のお花とお線香に送られ、多くの涙を流してもらえた事にきっと満足していると。
こんな光景を見て、私はいつも思います。
一番可哀相なのは、誰からも看取られずにお腹を空かせ、喉を乾かせ、暑さ・寒さに苦しみながら、ひっそりと一人、息を引取った子達だと。。。
無念だったでしょう。
何の為に生まれてきたのだろう。
何の為に!!
苦しむ為に生まれて来たようです。
本当は、そんなはずでは無かった。
本当は、家族に愛され穏やかで温かい気持ちに包まれて生活しているはずだった。

レスキュー現場で、息絶えた子達を沢山見て来ました。
胸が張り裂けそうになるくらいに、辛く悔しいです。
そんな子達の死を決して無駄にしてはなりません。
助けられた子は、未来に向って生きています。
そう出来なかった子達の為に、動物愛護先進国にならなくてはなりません。

*今日のひゅうが君*
朝、タール便のような排泄物でした。
内臓で出血している可能性が考えられる。
先生に相談し、今後の治療方針を検討。
腹水が溜まって来ていないからと言って、良くなっているのでは無い事。
そうなんですよね。
目に見えているお腹の腫ればかりを気にしていますが、確実に中では何かがおこっている。。。

食欲も昨日と同じでよく食べてくれました。
かえでと散歩にも出ました。
私達が、犬舎に居るとひゅうがが、やって来ました。
元々居た、№8のお部屋の前で止まっていました。
「ひゅうがのお部屋はもうここじゃないよ。今はまるちゃんのお部屋だからね。かえでが待ってるから帰ろう。。。」
angels-160.jpg

お願い:利尿剤の投薬で、一日のおしっこの量と回数が半端ではありません。
ペットシーツ(スーパーワイド)の使用量も半端ではありません。
ご協力を重ねてお願い申し上げます。<(_ _)>
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。