スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
ニャンコさん達に幸せを
ここ数日の間に、何十件もの猫保護依頼が入っています。
年に、二度の出産シーズンでの依頼。
これは、毎年の事なので、この時期が来ると本当に心が痛みます。

今までずっとワン飼いのいわゆる犬派人間のスタッフやボラさんも今年は猫を保護しています。
ありゃりゃ???と思うより偉い!!凄い!!
私は生まれた時から犬が側に居て、ニャンコさんの飼育経験ゼロ。
少しずつ、勉強させて頂いております。

さて、今年は猫保護も課題の一つです。
TNR活動に力を入れて行きたいので、全国の御支援者様やボランティアさん等と、現在アイディアを出し合って協力体制で動けるように検討しています。
一歩進めば壁にぶち当たると言うのが、現状なのですが・・・(苦)

先日、2件の管理センターに訪問した時も、深く考えさせられました。
処分機の前にならぶ子猫達。
ミャーミャーと籠から出してと叫んでいます。
しかし、その前には処分機が大きな口を開けて待っているのでした。

「何の為に生れてきたのよね。。。
神様に命を頂き、この世に舞い降りて来て、数時間でまた空に戻されて行く」

可哀相すぎますよね。。。

今まで色んな事を考えていますが、やはり辿り着くのは法なんです。
猫には犬と違って法律がありません。
行政によっての犬の捕獲(狂犬病予防法)はありますが、法律が無いので猫の捕獲は行っていません。
畜犬登録のように猫には登録制もありません。
狂犬病予防注射のように、ワクチンが義務つけられている事もありません。

命に重さなどあるはずがありませんが、今まで色々な状況を見て来て、猫の命に対して凄く軽く感じられる事があります。
犬の殺処分数は年々減少気味ではありますが、反面猫の殺処分はドンドンっと増え続けています。
目の前で、助けて!!ここから出して!!と、叫び続けるニャンコさん達を何度見て来たでしょう。
しかし・・・私にはどうする事も出来なかったのが事実です。
多くの犬を保護する中で、猫に手を差し伸べるスペースや人員を考えると無責任な考えだけで手を出す事が出来なかったのです。
保護して、猫飼いの方や猫ボラさんに丸投げのようにお願いするのにも、とても抵抗がありました。
犬の保護活動をする中で、多くの方がニャンコさん保護にも力を入れられています。
沢山の相談を受けますが、飼育経験の無い私にはアドバイスする事も出来ません。

この活動の5年の中で、日に日に猫問題を避けて通る事は出来なくなっています。
大きな問題が山積みされていますが、根本的には増え続け消されて行く命にストップをかける事が一番ではないでしょうか?
TNR活動が大きな課題。
各地で、協力体制に手を上げて下さっています。
「地域猫として一代限りで止めたい。自分たちに出来る事なら協力したい」と。

皆様に、また大きな力をお借りしなければならないかも知れません。

小さな命を皆で守って行きたいと、仲間達と動き始めています。
今期に活動開始になるかどうかは判りませんが、一歩踏み出さなければ救えないと言う事です。

大阪支部に滞在しているワン達の紹介です。
「天使達の笑顔 in osaka」

多くのワン達を保護しております。
皆様の出来る範囲でのご協力を心よりお願い申し上げます。


ご支援金での協力

ご支援物資での協力

グッズ購入での協力
Posted by 2005angels
comment:1  
[未分類
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/06/16 06:26 | | edit posted by
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。