スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
再会
大宰府の現場の小型犬の中で、一番痛んでいた子。
それは、黒プードルの「アンデ」と白プードル「サラ」。

レスキュー現場の画像
0331-DSC_0012.jpg

0331-DSC_0069.jpg

0331-DSC_0161.jpg

0331-249.jpg

私達が現場に入った時に見たこの子達は、顔は毛玉で覆われ前か後ろかすら分からない状況でした。
あまりにも酷いので、現場ですぐにバリカンを使用する事は無いのですが、ボランティアさんにお願いしてバリカンを至急に手配して頂きました。
糞尿と毛玉に覆われて口も自由に開けなかったのです。
どうやって、水を飲めるのか?
どうやってフードが食べれるのか?
本当に可哀相な状況でした。

サラちゃんは、バリカンを入れて判ったのが片眼を失っていた事。
たぶん・・・犬同士のトラブルで負傷を追い、手当もされずに放置状態での後遺症だと思います。

アンデは滋賀で、サラは大阪で一生懸命にケアされて来ました。
日が増すごとに二頭とも、元気になってくれました。
本当の家族と出会える日をずっとずっと待ったのです。

そして、運命の出会いがありました。
サラに続き、アンデも卒業♪

サラとアンデの再開は1年ぶりでした。
二人がシェルターに到着したとき、見違えるくらいに可愛く、綺麗にお手入れがされていました。
プールドは被毛のケアが大変です。
お二方とも、お嬢様です♪
いえいえ、女王様ってくらいに輝いていました。
幸せだね。
二人は、久しぶりの再会に何を話しているのでしょう。。。
0331-049_20100603085449.jpg

0331-062.jpg

0331-051.jpg

アンデのママさんのお話では、散歩に出ると「子犬ですか?」「1歳くらいですか?」とよく言われるとおっしゃっていました。
赤ちゃん返りというか、一番遊び盛りの時は狭い狭いケージの中に、閉じ込められ人間の暖かな手に抱かれた事も無かったのです。
それは、先日の宗像レスキューのグミも同じでした。
たった3ヵ月の子犬がじゃれる事も知らず、寂しい目をしていたのです。
瞳は死んでいました。
劣悪な環境下で笑顔が出る事もなく、辛い思いしかしなかったからでしょう。

今、こうしてご家族の大きな愛情に包まれ、彼女達は本当の幸せを噛みしめています。

皆の協力で救えた命が、生き還って輝いています。
レスキュー現場にいち早く駆けつけて下さった福岡のボランティアさん・搬送スタッフ・ケアして下さったボランティアさん・・・・多くの協力が一つの命を救いました。
そして、何より里親様の思い・愛情がこの子達を幸せにして下さったのです。
二人の再会のシーンを拝見でき、私達は今後も同じように、皆で力を合わせ前進していこうと、強く思いました。

譲渡会・同窓会当日は代表も私もバタバタとあちこち回っていまして、なかなかゆっくりとお話出来ませんでした。
残念です。
いつでもゆっくりと遊びにいらして下さいませ。
大歓迎で心よりお待ちしております。

大阪支部に滞在しているワン達の紹介です。
「天使達の笑顔 in osaka」

多くのワン達を保護しております。
皆様の出来る範囲でのご協力を心よりお願い申し上げます。


ご支援金での協力

ご支援物資での協力

グッズ購入での協力
Posted by 2005angels
comment:5  
[未分類
comment
本当に、見違えるようでしたっ☆
アンデも サラも 本当に、見違えるようになっていて、びっくりやら、感動やらでした。


特に、サラは 長い間、大阪にいたので、ずっと気になっていました。
元気にしてるかなぁ~ママの膝、独り占めして、甘えてるかなぁ~と。

サラは もう おばあちゃんということで、サラの性格もあって、とっても大人しく、いつも 静かに、遠慮気味に、ガチャガチャ軍団の隙間を狙っては、人間に そっと甘えにやってきていました。
抱っこが大好きで、腕の中にすっぽりと入る大きさで、抱っこすると、ふわっとかだらを預け、気持ち良さそうにしていました。
サラは 片目が潰れ、目が開けられないんだと思っていたのに、先日、里親さまと一緒にシェルターにやってきたら、なんと ちゃんと、目が開いていましたね。
きっと、毎日、毎日、ママさんが サラに語りかけながら、ケアした下さったんだろうなぁ~と、感謝で、いっぱいでした。

どんなに、私たちが 可愛がっても、どんなに 心を砕きながら、世話をしても、本当の家族の愛情に勝るものはありません。
サラの開いた目を見て、そう思いました。

トライヤル面接の時、ママさんが サラを抱っこして、「もう離しません!」と おっしゃってくださいましたね?
幸せにしてやって下さいと お願いしたら、力強く、「はい!」と答えて下さいましたね?
その時の お言葉も すごく嬉しかったですが、同窓会の時の見違えるようなサラを見て・・・あの時、約束してくださった通り、サラを 幸せにして下さってるのが分り、本当に、感謝と感動でした。

ありがとうございました。
これからも、サラのこと、よろしく お願いします。
2010/06/04 18:46 | | edit posted by 大阪ボラ
幸せになって本当に良かった・・・
統括もどんなにうれしくて、感動したことか、目に浮かぶようです

しかし、ひどい状態だったのですね・・・(ーー;)

今までの分まで一杯幸せにしてもらってくださいね
2010/06/05 06:21 | | edit posted by mim min
無責任な人から解放されて返って良かったかも、ひどい扱いをされてもワンちゃんたちにはどうすることも出来ない、それをいいことにひどい人はすきかってな扱いをしている、そんなワンちゃんたちが可哀そうです。でもこれから幸せになってほしいです。
2010/06/05 08:43 | | edit posted by りゅう
アンデちゃんもサラちゃんもとっても幸せになれて
本当に良かったです♪
エンジェルズさんに救い出してもらえたからこそですね。

保護してもらっている子が家族として迎えられていけば、
現在、辛い状況におかれている子達にも、
救い出してもらえるチャンスが巡ってきますね。。
これからも幸せになれる子がどんどん増えますように☆

統括さん、お会いしたことはございませんが、
どうぞお身体を大切になさってくださいね。

2010/06/05 15:48 | | edit posted by ぽこ
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/06/07 10:19 | | edit posted by
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。