殺処分ゼロ広島
数日前に、広島のセンターから電話を頂いた。

「子犬の収容が止まりません・・・・現在37頭・・・いつ頃お願い出来ますでしょうか?」の内容。

エンジェルズが広島県センターから殺処分決定が出た犬猫の保護を初めて4年目になる。

2013年338頭

2014年265頭

2015年601頭

今年度は、現在115頭となっている。

3年と2ヵ月で、計1319頭の保護をして来た。

広島は、全国の殺処分ワースト1にいた。

何とか助けて行かなければと動き出した。

最初は大変であった。

官民が一緒になって救って行く事。

多くの約束事もあった。

何より山々に住むワン達は、多くの感染症を持っている。

この3年、私達はホストファミリーさんと共に多くを学び、感染症対策・治療を行い、多くの命を繋ぐ事が出来るようになっている。

これは、行政の職員さんにも多くの協力を得ている。

信頼関係が出来、スムーズな譲渡が行われるようになった。

不名誉なワースト1からも、広島は抜けた。

そして、私達は、広島と並行して現在のワースト1の行政処分施設に出向いている。

茨城県・・・・香川県・・・わんさかと収容された犬猫が居た。

私達は、継続を一番に考える。

団体にもキャパがあるので、これ以上は無理だ・・・と、言うギリギリに居るのが現実である。


広島県の37頭の子達の事を思いながら、いつ走ろう・・・・と頭はその事ばかりが気になっていた。

そして、本日広島県の職員さんから電話があった。

「ご存知でしょうか?明日から殺処分をゼロにする為に、監房の処分対象になっている子全頭をピースワンコさんが引き出すと言う事で記者会見をされました。」と。

私「すごーーーーーーい!!でも、数年前にも出されたけど適正は関係なく老犬から噛む子・野犬まで出してられて、その後引き出しされてなかったんじゃないですか?」と、伺いました。

私「野犬の子達、どうなってるのか心配してたんですよね・・・」

私「私達は、もぅ行かなくても大丈夫になりますね?」と、言いましたが、

行政は「今まで通りでお願い出来れば助かります。」と。(^^;

広島県の殺処分が減って行ってるのが、どうしてかと言うのは私達が一番分かっていますから…と言うお言葉を頂きました。

そのYさんも、人事異動で明日からは別の職務となりました。

色々とありましたが、職員さん達と一緒に考え多くの命を救えた事。

これは、このYさんの力が非常に大きかったですね。

当初は、処分に慣れている訳ではないですが、それが当たり前のように行われていた事。

エンジェルズも必死でキャパ越で引き出して、何度もセンターへ走り、里親様に出し幸せになった報告などを続けてきました。

どんどんと変わって行きましたね。

一昨年に移動になったKさんが最後に言われた言葉をいつも思い出します。

「私達が一番嬉しい時は、エンジェルズさんに犬たちを引き渡せた時。命を繋げたと言う喜びです。」と。

私達が行くまでは、死なせてはならない!!

元気に命を繋ぎ、引き渡す。

嬉しかったです。

さて、明日からピースワンコさんが、頑張って引き出しを行って下さるので、期待が大きいですね。

監房に残す子達の眼を見て、ごめんねとしか声がかけれなかった。。。。
IMG_6032.jpg

そんな子達を全部助けて下さるんです。

感染症対策とかも心配です。

パルボ・疥癬・真菌・ジアルジアやコクシやオンパレードで居ますからね。。。。

本当に頑張って頂きたいです!!

今週末の本部譲渡会が終了後、また増えてると思いますが、センターに迎えに行ってきます。


☆東京新宿レスキューの子達の譲渡会☆

現在、治療に入った子達を含め、全頭の里親募集を開始させて頂きます。

詳細はこちら

今週末、4月2日(土)・3日(日)午後2時から午後5時まで、滋賀本部シェルターにて里親様をお待ちしております。

長年に渡り、心も身体もボロボロになった子達に、どうかどうか暖かな手を差し伸べて頂けます様、お願い致します。


☆緊急ご支援物資のお願い☆
*小型犬用首輪(中古可) (個体識別用で必要でございます。)

*ドックフード (どの子もほとんどの子が、歯が無いためレトルトが助かります。)

*ペットシーツ (消耗品で大量に使用しております。)

*使い捨て手袋 (こちらも消耗品で大量に使用致します。)

*小型犬用毛布

*リンクは参考までに入れさせて頂いております。


☆治療費ご支援☆
殆どの子に疾患があります。 現在、骨折後の放置により骨が固まってしまっています。 手術により、歩行可能かの検査を行います。 また、全盲の子も非常に多いです。 眼球委縮など、手術が必要な子が沢山います。 医療費のご協力を心からお願い致します。

郵便口座 口座番号 : 14630-16534321
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ

三井住友銀行   口座番号 : 普通預金 1601289
店番 : 赤川町支店(店番138)
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ
*お振込の際は、「東京医療費」と明記して下されば助かります。 明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。


皆様のご協力をお願い致します。


ANGELS活動ビデオ
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
繁殖犬の末路(緊急譲渡会開催)
「東京で、多頭のワンコ達が救護を求めています」と、言う電話が入った。

当初の話では、飼い主が失踪して、チワワ達が残されていると。。。

私達は、行政の施設で殺処分決定が出ている子を最優先に救っています。

実際、純血種なら沢山の愛護団体が、すぐに手をあげてくれるんじゃないの?と、思った。

その後、次々に画像が送られて来た。
si5.jpg

tiwa2.jpg

IMG_2081.jpg

IMG_2180.jpg

IMG_2163.jpg

IMG_2197.jpg

FullSizeRender (1)

IMG_2033.jpg

FullSizeRender.jpg

大まかな詳細を聞いて行くと、99%の子達が、老犬・障害・治療必要という事。

里親さんがつくのはかなり厳しい状態。

代表と相談し、翌日東京に向け出発。

一般の保護はしていない団体が、なぜ保護に向かったか。

それは、この子達が行き場を失ってしまうか、たらいまわしになる可能性が大きい事。

早急な治療が受けられない事。

エンジェルズは、収容頭数380頭の施設がある。

そのおかげで、東日本大震災の時もどこよりも早く一番に東北に出発し多くの犬猫を滋賀シェルターに搬送した。

もちろん、沢山のボランティアさんのお世話があっての行動でした。


今回の子達は、多分終生を見てあげなくてはならなくなる可能性が大きい。

老犬たちにとっては、一刻も早くに安住の地を提供してあげなくてはならない。


今回のレスキューで発覚した事。

現在、告発に向け調査中ですが、警察の立ち合いもありこの子達の訴えを代弁し真相を暴くつもりでいる。

現在分かっている事。

この子達は、元々はブリーダーの元に居た、腹犬(♀)と種犬(♂)

歳を重ねると共に、出産頭数も減り、病気も沢山出て来た。

ブリーダーから愛護団体に渡る。

似非愛護団体が、里親募集と銘打って、バックヤードブリーダーに流した。
*バックヤードブリーダー=動物取扱業を持たずに、自宅などで繁殖し出産させた子犬をブリーダーに売りブリーダーがセリにかけお金を稼ぐ

バックヤードブリーダーのK氏。。。数頭の犬を連れて失踪している。

連れ去った犬の画像もあるので、証拠品として提出。

まさか、また似非愛護団体に渡ってる事はないと思いますが、要チェックですね。


いずれにせよ、物言えぬ動物達が、人間の商売の為に心や身体に大きな傷を受け犠牲になっている。

ペットショップに並ぶ可愛い子犬達の母犬を想像する人はいるのだろうか?

知ってほしい現実。

先進国日本が、命の売買をしているなんてありえない。

2020年、オリンピックで海外から多くの人が来る。

ショーウィンドウに並ぶ生態を見てどう感じるのでしょうね?


さて、今回の新宿の子達ですが、生きるために、遠路頑張り滋賀シェルターにやって来ました。

翌日、個体識別が始まり全頭、医師の診察を受けました。

そして、混合ワクチン・狂犬病予防注射も接種致しました。

診察結果では、ほとんどの子が目に疾患があります。

全盲の子も多くいます。

また、骨折からそのまま放置され、固まってしまって歩行できない子もいます。

そんな子達を見ていると、怒りに震えて来ます。

商売に使っていたなら、どうしてもっと手厚く治療を行ってあげないのか!

子供さえ産めばどうでもいいのか!

そして、子供を産まなくなれば、お払い箱で愛護団体に泣きつく。

ブリーダー全てではありませんが、とにかく悪徳なブリーダーが多いのは現実です。

以前にも書きましたが、ブリーダーが泣きつき、愛護団体が保護?する。

ちょっと、ちょっと!!おかしいよ!

そんなのブリーダーに加担してる訳ですやん!

引き取ってあげたら、また新しい犬を入れて繁殖を繰り返すんですよ。

たしかに、不要となった子を見捨てる訳にはいかないと言う活動家の方もいます。

それならば、全てを引き取り廃業させるべきです。

不要犬なんて居ないのです。

ブリーダーは、最期まで仕事に協力してくれたワンコをお世話し送るのが当然です。


今回の新宿のワンコ達は、昨年の夏にはワンルームのマンションに120頭以上が居たそうです。


全頭引き上げたのは、33頭。

残りの子達は、どこへいっちゃったんだろう?

同室の人に聞くと、喧嘩で死んだ犬も沢山いたとの事。

治療されず、衰弱して死んで行った子も沢山いたんでしょうね。

今回の33頭は、やっと解放されたのです。

頑張って本当によかった💛

生きていて本当に良かった💛

これから、未来に向けて夢がいっぱいだよね。

新しい家族に出会える事を心より願っております。


外傷的な疾患は多く見られますが、血液検査での報告では内臓疾患のある子は、わずかでした。


レスキューから2週間が過ぎようとしています。

みんな、甘えて来ます。

健気にしっぽを振って来ます。

ほんと、良い子達💛

もぅ、人間に使われる事はないよ!

安心して時間を過ごそうね。

現在、治療に入った子達を含め、全頭の里親募集を開始させて頂きます。

詳細はこちら

今週末、4月2日(土)・3日(日)午後2時から午後5時まで、滋賀本部シェルターにて里親様をお待ちしております。

長年に渡り、心も身体もボロボロになった子達に、どうかどうか暖かな手を差し伸べて頂けます様、お願い致します。


☆緊急ご支援物資のお願い☆
*小型犬用首輪(中古可) (個体識別用で必要でございます。)

*ドックフード (どの子もほとんどの子が、歯が無いためレトルトが助かります。)

*ペットシーツ (消耗品で大量に使用しております。)

*使い捨て手袋 (こちらも消耗品で大量に使用致します。)

*小型犬用毛布

*リンクは参考までに入れさせて頂いております。


☆治療費ご支援☆
殆どの子に疾患があります。 現在、骨折後の放置により骨が固まってしまっています。 手術により、歩行可能かの検査を行います。 また、全盲の子も非常に多いです。 眼球委縮など、手術が必要な子が沢山います。 医療費のご協力を心からお願い致します。

郵便口座 口座番号 : 14630-16534321
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ

三井住友銀行   口座番号 : 普通預金 1601289
店番 : 赤川町支店(店番138)
口座名義 : 特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS
トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ
*お振込の際は、「東京医療費」と明記して下されば助かります。 明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。


皆様のご協力をお願い致します。


ANGELS活動ビデオ
Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
ありがとう「シャイン」 合掌
2004年3月、動物愛護にどっぷり浸かる前の出来事。
いつものように我が家のワン達4頭を連れて、河川敷でお散歩してた時に出会ったゴールデンミックスの女の子。

後に聞いた話では、河川敷で生活していたホームレスの飼い犬だったが、ホームレスが逮捕されパトカーで連行される後ろを必死で追いかけていたそうです。

我が家のワン達にずっとついて来て、家までつれ帰り保護。
警察にももちろん届け出をしておりましたが、飼い主不明で、里親探しが始まりました。

当時お世話になっていた動物病院の院長が、ホストとなって下さり、そのまま里親にと考えて頂いてた矢先に、里親に申し出があり、一般家庭に迎えられ幸せに暮らしてるんだろうとおもっていたら、、、、
奥様の精神的な病で、3年後に返還されてきました。

これからはキラキラと輝く生活が送れるように「シャイン」と命名。

花子➡︎エル➡︎シャインと、一生で三回、いやホームレスが付けた名前を入れると4回も名前が変わったのでした。

とってもとっても良い子で、ボラさんからも愛されるシャインでした。

1ヶ月前くらいから、足が思うように踏ん張れず、介助が必要になってきていました。
1年前に、脳梗塞のような症状が見られ、少しだけ後遺症が残りましたが、元気に暮らしていました。

晩年は、シェルターで仲間達と事務所犬として、ボラさんたちの癒しのワンコとして活躍してくれていました。

今朝、シャインは仲間達に見守られ、先に逝った仲間の元へ旅立ちました。

一週間寝たきりなり、皆んなで介護していました。

昨日、大阪に向かう前、最期のお別れをしたのです。
「シャイン!ありがとうね。もぅ頑張らなくてもいいんやよ。
しんどいよね。
かぁちゃんは、ワンコ助けに行かんとあかんから、付いてあげる事出来ないけど、ゴメンね」と、頭を撫でると、全く動かなかったシャインが、うんうんと、首を縦に振りました。
涙が止まりませんでした。

そして、昨夜大阪でデータ管理の仕事をしていると、腰下をツンツンする感じがしたんです。
シャインが、いつもおねだりの時にしてた仕草です。
昏睡状態の中、魂はあちこちに行ってるんでしょうね。

シャインを可愛がって下さった皆様に、感謝申し上げますm(_ _)m

あなたの元へシャインが、さよならを言いに行きます。。。。。




さやうなら、、、、シャイン

合掌
Posted by 2005angels
comment:1  
[未分類
緊急:滋賀本部譲渡会のお知らせ
行政の処分施設から、出しても出しても、次々に収容されて来る子達。

まるでいたちごっこ・・・。

いつになったら終わるのか?

今の日本の動物愛護法では、殺処分ゼロになる事はない。

強く法改正を求める。

全国殺処分ワースト5内をエンジェルズは必死に救い続けている。

それは、どんなに遠くても、尊い命を救うためなら、老体に鞭打ちながら走る。

どの子達も、「助けて!!助けて!!」と、訴えて来る。

9日にセンターからのSOSで走った。

大きな溜息が出る。

「えっ?またこんなにも収容されてるの・・・」

予備に持って来ていたケージも使い果たし、車パンパンに積み込んだ。

全ての子達を救ってはいない。

救えない・・・・・。

残して来てしまっている。

IMG_1820.jpg

IMG_1827.jpg

IMG_1829.jpg

IMG_1833.jpg

職員さんには、「必ず迎えに来るので、どうか処分には回さないで下さい。」と、お願いした。

しかし、残した子+また新たに収容されて来る子達で、次回も膨れ上がっているだろう。

こんな繰り返しをこのセンターで3年。

何とか頑張らないと、何の罪も無い子犬達が、ガスで窒息死に追いやられてしまう。

沢山の方々のお力を借り、是非救いたい。

大阪支部では、恒例になった譲渡会で、月2回幸せ切符が届いている。

大阪譲渡会まで、まだまだ日にちがある。

焦る・・・・・。

春が来、滋賀本部も暖かくなって来た。

今年は大雪には見舞われず、作業も捗った。

センターに残して来た子を迎えに行くには、現在居る100頭の子犬達を里親様の元へ卒業させてあげなければ救えない。

どうか皆様、19日(土)・20日(日)・21日(祝)の三日間に滋賀シェルターにお越し頂けませんでしょうか。

子犬達が、皆様のお越しを待って居ます。

ご友人など、子犬を飼いたいと思ってらっしゃる方々に、是非お声かけをお願い致します。

IMG_1967.jpg

IMG_1966.jpg

***滋賀本部シェルター譲渡会のお知らせ***

日時:3月19・20・21日(三日間)   14:00から17:00

滋賀県高島市今津町酒波1186-2

大阪から車で2時間弱です。

電車ならJR大阪駅から湖西線で1時間10分(近江今津下車)

子犬達に会って頂けます方は、先ずは事前アンケートをお願い致します。

担当者より詳細をお送りさせて頂きます。(現地でも事前アンケートを入れて頂く事も可能でございます。)

スタッフ一同心よりお待ちしております。

罪なき命を救う為、どうか手を差し伸べてあげて下さい。




そして、大変心苦しい緊急でのお願いでございます。

子犬用フードが全く足りません。(日に2回、子犬だけで30キロは使用しております。)
*アイムス子犬用(ラム&ライス)

*離乳期用のレトルト

大量のシーツを使用する為、すぐに無くなってしまいます。
*トイレシーツ(ワイドサイズ)

*老朽化によりサークルが足りません。

送り先:520-1651 滋賀県高島市今津町酒波1186-2
     動物愛護団体 エンジェルズ
     0740-22-3000






Posted by 2005angels
comment:0  
[未分類
あれから・・・・もぅ五年・・・・。
東日本の復興はまだまだですが、保護してきた動物達に節目の年でありました。

高齢のワンたちは、この5年で随分と歳をとりました。

若い子の一年とは違い、保護時7~8歳の子達の五年は、人間で言うと80歳近くになっています。

特に大型犬になれば、もっと歳を重ねているでしょう。

お家に帰りたかったね・・・・

もぅ一度、福島の地を踏みたかったね・・・・

福島の風を感じ、太陽の光の暖かさの下で、お昼寝したかったでしょう・・・・

ワンにゃん達は、言葉は話せませんが、大変苦労した被災者です。

知らない土地に移り、暮らした日々。

私達も家族同然の思いで出来る限りの事をして参りました。


あの日・・・・・

あの巨大地震さえなければ、様々な不幸は起こりませんでした。

自然の恐ろしさを実感し、あの五年前の日々を思い出しております。

2011年3月11日14:46 地震発生。

私と代表は、他の崩壊現場にフードを届けに走っていました。

急いでシェルターに戻り、一番に思った事。

「現場のワンコ達はどうなっているんだろう???」

人命優先・・・・

行かなければ・・・救えるだけ救う!!

そして、スタッフ・ボラさん達に緊急で連絡を入れ、シェルターの手配などし、物資を2台の車にドンドン積み込んで行きました。

12日緊急ミーティングを開き、その夜に東に向け出発致しました。
001_20160308135003e71.jpg

高速は全てが通行止めになり、いく手は阻まれました。

翌日、仙台市荒浜区に到着。

目の前の光景に言葉も出ませんでした。
098.jpg

097_2016030813500637f.jpg

152_20160308140434999.jpg

121_2016030814043388c.jpg


代表が素早く、捜索を開始。
087_2016030813500520b.jpg

泥濘の中、「どこやーーーー出ておいでーーーーー大丈夫だよーーーー」と、何度も何度も声を掛け続けました。

あの日から、原発警戒区域の閉鎖になる日まで・・・・ずっとずっとワンニャンの保護は続きました。

道なき道を迂回し、一日の走行距離は、500キロを超えていました。
147.jpg

077_20160308140749902.jpg

062_201603081407471e2.jpg

014_20160308140746642.jpg

捕獲部隊は、ボロボロになってシェルターに帰ってきていました。
035 (3)

086_201603081411374f2.jpg

073_201603081411350f8.jpg

046_20160308141134d99.jpg

268.jpg

エンジェルズは、約400頭の保護に至りました。

私が一番嬉しかったのは、浪江の請戸を捜索中に、出会えた子達。
227_20160308141654df9.jpg

「おいで~おいで~」と、声をかけ続けていると、瓦礫の隙間から、まるで羽が生えたように、パタパタと走り寄って来たのです。

本当に嬉しく涙涙だった事を思いだします。
202.jpg


飼い主様の元へ帰った子。

新しい飼い主様が出来た子。

どちらにもご縁が無く、シェルターで過ごす子。

天寿を全うし、お空に帰って行った子。

ワンにゃん達にも、この五年、様々な思いがあった事でしょう。。。。

自然災害と言え、原発は違います。

原発さえなければ、家に帰れた子は沢山います。

この子も・・・・
125_201603081424052a0.jpg

被災で家族を失ってしまった全てのワンにゃん達に、幸せの光が降り注ぎますように・・・・・・。
2757.jpg




東日本大震災で、犠牲になられた被災者様のご冥福をお祈り致します。

Posted by 2005angels
comment:1  
[未分類
| HOME |