スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
いじめらっれ子「ヘマちゃん」
神戸の現場ではプレハブ犬舎の中に小型犬が入っていました。
コーギーの大きさからボルゾイ等の大きさは庭でフリーの状態でいました。

私たちが始めて現場に行った時、傍に恐々と近づいて来たのはラブシュナの「ラブラ」だけ。
他の子たちはみんな怯えながら逃げ惑っていると言うか、身を隠すようでした。

入ってすぐの犬小屋にバセット(ヘマタイト)が居ました。


何と傷だらけの身体。
耳も噛み傷だらけで数箇所欠けています。

常設してあった何個かの犬小屋を撤去する際も何度もシェパードに追いかけられていました。
常に血を流している状態だったのでしょう。
周りの犬たちに常に追いかけられる状態です。
皆にいじめられているように見えました。

バセットのお顔自体が何とも情けない表情でお惚けな表情が可愛いのですが、この子は違っていました。
ご飯をあげると他から強引に奪われ、他犬の前を通ると唸られ、何もしていないのに、ガゥとやられていました。
食事をするのも身を丸め隅っこで小さくなって食べてました。

とにかく、バリケン内でゆっくり食べれるようにプレハブ犬舎に即移動しました。
誰にも取られず安心してゆっくりと食事を・・・

プレハブから外に出るとやはり自分の場所だった所に座ります。
すでに犬小屋はないのに「あれ?」と言った表情をしながら小屋が置いてあった場所に座るのです。
長い間、この場所で我慢していたんだよなぁ~と思うと可哀想と言うより切ないです。


犬の前を通る時も大回りをします。
怖いのでしょう。常に目を伏せて急いで前を通ります。

私たちはゆっくり安眠させてあげようと一番に大阪に連れ帰りました。
事務所内で毎日「ヘマちゃぁ~~~ん、あそぼ~」と彼女だけのバリケンをオープンにしました。
誰も見ていないといつの間にかウロウロと出てきていました。
あちこちをクンクン匂って満足したら、自らバリケンに入って眠っていました。

あれから・・・3週間が過ぎた現在のヘマちゃん。
それはそれは我侭???
やっとヘマちゃん自身の性格が発揮したのか、バリケンから出して欲しいと低い声でウォンウォンと要求もするようになりました。

犬舎内で排泄できない子がいますので順番にサークル等に出していますが、ヘマちゃんは一番のり。
いつも、身を潜めていた子が一番に名前を呼ばれ一番に餌をもらうようになりました。
ヘマちゃんに自信が出てきたようです。

バリケンから出てくる姿はスキップでもしているかのように「ラララァ~ン♪ラララァ~ン♪」と走っています。
フレブルの五平ちゃんとも仲良しです。


人も犬も皆、怖くないよ・・・
これから新しいおうちに迎えられ、毎日ヘマちゃんの鼻歌が聞かれる事でしょう。







追記:ヘマちゃんへ支援者様からお洋服が届きました。
丁度、避妊手術を終え帰ってきたので、腹部保護の為、早々着用させて頂きました。
ぴったりサイズでとっても可愛いです。


ちなみにヘマちゃん病院で鳴き続け翌日は下痢ピッピになってしまったそうです。
お気楽な日々だったのでやはり環境が変わったせいのストレスでしょう・・・
事務所に戻ってスヤスヤ眠っています。
スポンサーサイト
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。