スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
レスキューから2週間
レスキュー14日目。
ワンコ達も落ち着き、自我がでてくるようになりました。
1頭1頭の性格もだんだんと判るようになってきました。
ボランティアさんにピョンピョンと抱きつく子も出て来ました。
遠くを見つめていた目がちゃんと人の目を見てキラキラと光って来ました。
皆が気にしているのが、スタンプーの子です。
悲しい目と人に対して脅えています。


何があったのでしょう・・・・
とっても利口な子です。
排泄もバリケン内では一切しません。
今後、一番の必要な事は心のケアです。

今日も全頭薬浴しました。
首輪を付け替えのんびりお昼寝。
毎日、段取りよく作業が進むようになりました。
日々、活動に参加して下さってるボランティアさんに感謝です。


広島ドックパークの件で沢山の応援メールを頂いております。
正直、どうして助けた方が加害者で経営者が被害者なんでしょう・・・と驚きました。
私は代表の傍にたいがいいましたので経営者の方との話も同席する事が多かったです。
あの時のあの悲惨なわんこ達にしたのはいったい誰なのでしょう。
餌も与えず、水も与えず私が初めて行った時はおしっこの取り合いで喧嘩が勃発したくらいでした。

土地所有者であるO氏も私は同罪だと思います。
T氏の話を聞くと表には出ていない話が沢山あります。
今回、完全に問題のすり替えで助けた方が加害者になり、犬をあんなにまで追いやった人間が被害者となった訳です。
罠にはまったとしか言いようがありません。
上手に矛先を違う方向に向け、自分から世間の目を逸らさせた訳です。

パークに入った数日後、O氏から話を持ちかけられ常務と二人土下座までして、「どうにかマスコミを追いやってくれ」と頼まれました。
私達は犬を助けるために大阪からみんなでやって来たのです。
O氏はT氏と同罪と見ていますので、そんな話を聞く事はできませんでした。

O氏は尽くお金で解決させようと話を持ちかけていました。
そんなお金があるのなら、どうして最初から犬にフードを買ってあげなかったんだ!!
どうして、電気を止めたりしたんだ!!
どうして、水を止めたりしたんだ!!
T氏と揉めたとしても、そこには沢山の命があったのに・・・
T氏は言いました。
「昨年の夏、プレハブ犬舎の中で自分は熱中症で3~4回倒れました。」と・・・
犬も熱中症で死んでましたと・・・。
元従業員が言ったのは最高で1200頭程いました。
救助に入った時が580頭。
半数は亡くなった訳です。
600頭以上も死に追いやった人間が何の罪も受けないなんて世の中おかしすぎませんか?
誰にも看取られる事も無く一人ぼっちで苦しみながら息絶えた子たちの無念さを思うと悲しみより怒りしか出ません。


代表は戦います。
物言わぬ小さな命の為にどんな事があっても前に進んで行きます。
日本が動物たちに優しなる日まで私達も後ろを振り返る事は出来ません。
ただ、前に向かって命を救い、法律を変えていくために頑張るしかないのです。

ただ、ひたすら人を信じて慕ってくる犬の目に私達は救われ力をもらっています。
皆で頑張りましょう!!
スポンサーサイト
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。