この子達の声が聞こえますか?
今日は総勢10名の現場。
関東より駆けつけて下さった方や電車を乗り継いできて下さった方、本当に有難うございました。




犬舎への出入りが頻繁な為、入り口にビニールでカーテンをしました。


台風の影響で風があったおかげで幾分、過ごしやすかった気がしますが、レインコートの中は汗が流れおちて行きます。
レインコートを脱ぐと皆、服はびしょ濡れ状態です。
犬舎プレハブ内での作業は30分くらいが限界です。
とにかく水分補給を行う事を皆に知らせます。
一人ペットボトル2~3本は水分を取るのですが汗で出て行くために誰もトイレに行きません。

犬舎掃除が終わった後、庭犬舎の消毒をしました。
大型犬犬舎内はカビ・苔。
中に何故かセメントが散乱しわんこはドロドロになっています。


庭にあった水鉢の水をわんこ達は飲んでいたようですが、すごい臭いと苔が生えていました。


ブラシでこすりハイターで消毒し奇麗になりました。

リーダーの指示のもとスムーズに作業が流れ、2時頃から投薬・耳掃除・点眼等を順番に行いました。
ゆっくりと一頭づつ個体チェックを行います。

まずは、抗生剤の投薬


ほとんどの子が結膜炎にかかっており眼やにが酷く点眼


そして、耳掃除。


昨日のフロントラインのおかげで、かなり落ち着いてきましたが、じっくりみると本当に皮膚の状態は最悪です。
どのくらい、放置すればこんなにも酷くなるのか・・・本当に胸が痛みます。
このヨーキーちゃんは皮膚が割れ、常に血がにじんでいます。




チワワちゃんの背中も化膿してジュクジュク状態


このチワワちゃんも耳・背中・顔が酷い状態になっています。


耳チェックを行いましたが、ほとんどの子がマラセチアのようです。


膿が出てきている子、常に首を振っている子など、一言で表現するには難しく体全部がボロボロとしか言えません。
歯も凄い状態になっています。


このフレンチブルドックは片方の眼球が完全につぶれています。



どれくらいの次期、この子たちは苦しみに耐えていたのでしょう・・・
そして、何を楽しみにしていたのでしょう・・・
私たちが初めて現場視察に行った時、1頭だけは喜んで立ち上がりましたが、あとの子達は諦めた表情で静かにしていました。

この瞳が訴えて来る声があなたにはどのように聞こえるでしょうか・・・?
















Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |