終わりではありません!!
遠方からもブルセラ感染症のワンちゃんを沢山の方が見守って下さっていました。

晴天の空を見上げ、代表が「待ってるから花と線香もって行こう。」とポツリと言いました。
町はGWで笑顔の人たちばかりでした。
この子たちの無念の死を知っている人はどれだけいるのでしょうか?

献花台を作り、しばらく線香を焚き個々に冥福を祈ると共に二度と同じ過ちが起きてはいけないと手をあわせました。

28日の現場とは違って、中のケージ等は奇麗に撤去されていました。
大型犬の陽性犬が居たブースは陽も当たらない暗闇でしたが、テントが取られ風通りもよくなっていました。

陽性大型犬の中は真っ暗でした。

何もない部屋にポツンと転がっていたフードボール。
この、フードボールで数日前までご飯を食べていたのでしょう。
人が来ると喜んでフードボールを加えるゴールデンがいました。
あの子の笑ってた顔が頭を過りました。


どんな気持ちでこの世を去ったの?
苦しくなかったのか?
最後に抱きしめてもらったのか?
最後に声をかけてもらったのか?
最後に撫でてもらったのか?
考えれば考えるほど、大阪府のやり方に怒りが湧きます。

まだ、終わったわけではありません。
今から陰性犬の譲渡が始まります。
その前に再検査が実施されるそうです。
培養で陽性・擬陽性が出た場合同じ道に追いやられるのか?

見守り続けなければなりません。
闇討ちに合わないためにも大阪府には抗議を続けます。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
虹の橋で待っていてね・・・
飼い主が居た、動物たちは虹の橋の袂で飼い主が来た時に再会し一緒に橋を渡って行きます。

大阪府によって殺された、和泉のブルセラの子たちには飼い主はいませんでした。

この子たちはもぅいません。






不幸な境遇から生還した仲間たちもたくさん応援しました。

「僕たちの仲間を殺さないで!!」と・・・

大阪府には声は届きませんでした。
私どもの方には180人を超える里親希望者様がアンケートを入れて頂いていました。

アンケート内容は素晴らしいご家族ばかりでした。

一度も会う事無く、彼らは睡眠薬の過剰投与で痙攣をおこし苦しみ最期をむかえたのです。

アンケートを入れて下さった里親様へお願いです。

あの子たちは里親様へ託します。

虹の橋のたもとで出会った時にはどうか一緒に橋を渡ってあげて下さい。

私も待っていてくれる子と一緒に渡ります。

そして、力いっぱい抱きしめます。

そして、美味しい物を沢山食べてもらいます。

いつか、必ず会えます。

無念であった悲しみを取り払ってあげましょう。

その為には彼らの死を無駄にしないように、動物たちに優しい人間・国に変えていかなければなりません。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
人間たちの犠牲者に黙祷
本日、ブルセラ陽性犬が日も上がらないうちから119頭が殺処分に追いやられました。
闇討ちと言っても過言ではありません。
大阪府の職員は昨日、「明日は良い天気だから小型犬達を外で遊ばせます」と言いました。
その言葉を信じた現場ボランティアさんは今日、久しぶりに見れるのだと喜んで待っていました。
嬉しい対面どころか、現場はもぬけの殻でした。


前回バリケードで阻止した日、1頭の大型犬がとても悲しい声で遠吠えをした事が頭をよぎりました。
「助けてあげれなかった・・・ごめんね・・・本当にごめんね・・・」
胸が張り裂けそうな気持でいっぱいです。

何故、殺されなければならないの?
あんなに元気に尻尾を振って、たまに外に出ていたのに・・・
急いで現場に行くと、地面にドライアイスが散乱していました。
空になったバリケンが数多く、静かに並んでいました。




数時間前まで、あの子たちはこの中で朝ごはんを待っていたのでしょう。
大勢の人がやってきて、最初は喜んだのでしょう。
いつもと、違う動きに察し、どんなに恐怖を感じたのでしょう。
本当に辛いです。
可哀そうでなりません。

処分を決めていたのなら、何故最後に思いっきり散歩をさせて、思いっきり美味しい
物をたべさせてあげなかったのでしょう。
安らかに眠って二度と日本に生まれてこない事を願います。

閑散とした和泉現場で数名のボランティアさんと会いました。
会って話を聞きたかったボランティアさんでした。

お二人はワンライフからこの現場の犬を購入した人でした。
ペットショップで悲惨な境遇のわんこを見て助ける為に購入しようか悩んでいる時に、ワンライフ南宮氏から「実は訳ありの子犬がいるが5万で買わないか?」と誘いがあったそうです。値段の交渉は島田にしてくれと言う事になったそうです。

この犬が、大阪府から盗難で被害届を出しているというコーギーの親子3頭なのです。
2月の初めにワンライフの指示により現場ボランティアが連れ出し、病院を経てワンライフに行ったそうです。
親犬を売り、子犬2頭も売買が成立しました。

ご本人より売買に至るまでの話を聞き、お金を支払した振込明細書を頂きました。
そこには、はっきりと「ワンライフ、コーギー代金」と書かれています。



島田さん、私たちはあなたにブルセラ犬を助ける為に弁護士の事務所で当初の話を聞かせて下さい。とお願いを何度もしましたね。
アルバイトがいないとか用事があるとかで拒否されて、それなら弁護士が和歌山まで出向くと言っても拒否されましたね。
初めから救いたいと言う気持ちなんて無かったという事です。

南宮サン、あなたも事務所にお越しになった時、「島田はもぅダメや!!裏切った。
俺一人でも戦う」と言いましたね。
全て録音にとっております。
約2時間の会話でした。
大阪府に話し合いに行く際も同行を求めましたが、電話をかけても着信拒否。
またたび・林はやくざだ!!
募金詐欺軍団だ!とかデマを流しまくっているそうですね。
子供達に空手を教える先生の姿勢とは思われません。

本日、事情を良く知る現場ボランティアさんの証言をとりました。
そして、一人のある女性は「被害者の会」の原告側の方でしたが、原告をおります。と言われました。
涙ながらに「A・Aを誤解していました。ごめんなさい。」とおっしゃいました。
代表に「裁判を下りるには、被告の了解が必要です。」と言われ代表は「わかりました。了解します。」と答えました。

そして、相手には「誤解が解けて判ってくれたらいいのです」と寛大にお話をしました。
この方も豊中・AA大阪スタッフのデマで踊らされていたようです。
現場で活動され、自分の目で見てすべてを知ったと言っておられました。
AA内部告発とムーブでも放送されましたが、元大阪事務所に居た鬼塚さんからのリークです。と、はっきりと名指しで告白もしてくれました。
何が目的ですか?

鬼塚さん、自分のミスを隠すために沢山の方に迷惑をかけましたね。
一番辛い思いをしたのは、わんこでした。
それは、鬼塚さんから記入漏れでミスを隠す為に代表には言わないで欲しいと、頼まれた事です。
代表に内緒にしてくれと頼まれた里親様は、告白してくれました。もし、ばれたら犬を返さなければならなくなると、
それで悩んでいたのは、何よりもわんこを思っていらした里親様でした。
その里親さんは夜も寝れないくらいに悩まれたそうです。
そういう気持ちをわかっていますか!!

現在、数人の証言がとれております。
今後の愛護活動のためにも、名誉棄損罪で告発する方針で弁護士に相談しております。

疑惑、疑惑と言われながら、黙っていましたがこんなデマが飛び交わなければブルセラの子たちも助かったのかもしれません。
大阪市動物管理センターからの譲渡活動もストップされ、毎日たくさんの子たちが処分されています。
こんな、人間のデマさえなければ、殺処分されずに助かった命があったはずではないでしょうか?

何もしなければ、死んで行くのです。
どうか足を引っ張らないで下さい。
何が疑惑なのか? 堂々と正面切って明らかにしなさい。
一切隠す事も何もありません!!
Posted by 2005angels
comment:1   trackback:0
[未分類
氷山の一角
毎日、わんこ達のレスキュー依頼があります。
沢山の問題をかかえ、ひとつづつ解決するように頑張っていますが、ひとつ解決すれば3つの依頼が飛び込んで来るといった毎日です。
本日、依頼があった某繁殖場に視察に出向きました。
2週間ほど前からスタッフが入れ替わり現場を見ていました。
今日は代表とスタッフ2名で正面から改善の申し入れをし、先方の代表者とも話しました。
行政の立ち入りは何度かあったのだろうか?
ここの指導をしていなければ、全くもって職務怠慢である。

今まで沢山の繁殖場を見ましたが、ワースト3に入るくらいの所です。
ブリーダー全てが悪いとは言いません。
適正飼育数を守ればもっと管理が出来ます。

日本のペットブームにのり、どこも安価で命が売買されています。
犬が欲しい→ショップへ行こう!!
ではないのです。
天寿を全うするまで責任を持って飼育できるのか?
大病をしてもちゃんと治療出来るだけの経済的余裕はあるのか?
命を迎えるとは沢山の問題をクリアしなければなりません。
お金がかかる、手間がかかる・・・等で簡単に捨てる人が多い世の中です。
安価で手に入れたものは簡単に手放せるのでしょうか?

昨年、処分施設に持ち込まれたダックスフントがいました。
放棄の理由が「ハワイ旅行に友人と行くのにこの子を預けたらホテル代がチョー高い!!また、新しい子買うからいらないわぁ~」でした。
職員が何度も説得したそうですが、無駄のようでした。

命を買う
本当におかしな話である。
ペットを迎える家族にはそれなりの講習を受けなければ購入させない。
等、何とかできないものか!!

我が家にも保護犬達が6頭います。
レスキュー時を思い出すと今でも胸が痛みますが、横でスヤスヤ眠る顔を見ると、世界中の子たちが同じ眠りについて欲しいと、願わずにはいられません。

ペットショップで並ぶ、パピーのお母さんの現状を知れば、購入者はどんな気持ちになるでしょう。
購入するのでしょうか?

全国の繁殖場でもがき苦しむ、お母さん犬がいるのは事実なのです。
今日の繁殖場のオヤジが言いました。
「わしらの飯のたねや!!こいつらはペットではない!!子犬を産ますための物!!」だと・・・・
この、親父には赤い血は流れていないのでしょう。。。

病院に向かう際、外を眺め一筋の涙を流していました。
もぅ、自由になれたよ!!大丈夫だよ!!



眼球が飛び出し片目はすでに委縮して失明しています。
いずれ、もう片方も視力を失います。





長い間の狭い狭いケージ生活で4本の足には硬いたこができていました。



何度も何度も出産を繰り返しています。
このお母さんの子もショップのアクリルケースに並び家族を待っているのでしょうか・・・

今現在、犬を迎えようと考えている方、どうぞ考えて下さい。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
続:黙して語らずはやめます!!
訴状が届いたので、内容を読み確認作業をしている。

19名の方からの寄付金(募金箱に入れた等)と物資(トイレシーツ・ステン食器など)の返還要請である。

この中に広島DPレスキューに当初から係わっていたJR職員のM氏が入っていた。
正直なところ被害者はこちらだ!!とM氏に言いたい。

大阪に連れ帰ったラフコリーの死をあなたはどう考えられているのでしょうか?
私は衰弱しているから運転席で抱いてあげて下さいと言いました。
「あなたは大丈夫ですよ」と言いましたね。
愛護団体の理事であるあなたは何をもって活動をしているのですか?

ダンマリはやめましたので反論や真実を述べていきます。
Mさん、当団体の支援者の方はあなたから猫を2頭譲渡されました。
その後の報告を受けていますか?
それっきりでほったらかしだと聞いていますよ。

Mさん、私たちは誰にでも「はいどうぞ持って行ってくださぁ~い」などと言う譲渡はしていません。
里親様から連絡があって、「Mさんから何匹でもいいから貰ってやって下さい」と頼まれましたとパークのワンコを渡していましたね。
約30頭が未処理の状態で処理が大変でした。
先住犬が去勢していない所へ女の子を譲渡。
先方様に聞くと子供を作らせたいからもらった。とおっしゃいました。
唖然です。
Mさん!!あなたの愛護活動の信念はなんですか???
こっちが被害者であなたを訴えたいです!!

訴状の内容にも呆れました。
労働力16日X5000円
奥さんの分3日X5000円
パークにアルバイトで来てたのですか?
何千人の方がわんこのために汗を流し、動いて下さいました。
Mさん、あなたはアルバイトだったんですね。
愛護団体の理事のあなたが???

宿泊所6万もありますが、団体は一切、依頼しておりません。
Mさんがご自身で勝手に手配し、若い女性にだけこちらに泊まりなさいよ。と声をかけていたのは聞いています。

ある、若い女性と婦人がM氏に誘われ行きました。
着いてすぐに私に電話があり、あまりにも遠く往復の時間が無駄でその時間をワンコに使いたいと、すぐにパークに戻ってこられました。
パークのスタッフが寝泊りしていた宿舎も30名位までは寝れましたので、宿舎にお困りの方は事前にご連絡下さいとHPで申しておりました。
パーク内宿舎が満員になる事はなかったので、別宿舎は必要はありませんでした。

炊き出しの材料費の請求もあります。
O氏と同じですね。
当時はボランティアさんに食べてもらって欲しいと自発的行為でされていました。
それが、今は材料費を返して?

返還請求に缶コーヒー¥2640というのもあります。
皆さんに休憩で飲んで下さいとお持ちになったものを返して?

年代物中古石油ストーブを5万円と請求されているOさん。
お返ししますので取りにいらして下さい。

もぅ、おかしすぎませんか?
恥ずかしくはないのですか?

パークで犬が使っていたのを見てる本人がどうしてこういう事をするのかが不思議でなりません。
当団体が嫌いなら嫌いでいいです。

あなたたちは何も見えていないのですか?
毎日毎日殺されていく子を一度でも見た事がありますか?

パークをお祭り騒ぎのように感じていませんか?
パークレスキューは氷山の一角です。
不幸な助けを待つ子たちがいなくなったのではないんですよ!!

1頭でも助けたいと本心で思うのであれば、もう一度パークが混乱していた時のわんこ達の顔を思い出して下さい。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next