和泉ブルセラ現場
26日2時の会議で陽性犬の安楽死が決定し、翌日の朝7時から執行されると発表があった。
何をするのも遅い行政がこれは驚くほど早い行動にびっくりした。

皆、言葉を失った。
私達に出来る事はなに?
このまま簡単に、はいどうぞ!!って納得していいの?
ブルセラ=処分の前例を作らせてはいけない。
ブルセラは治療すれば治る。
現在も普通に暮らしている。

陰性になり、キャリアとなってもちゃんと血液検査をしていれば全く問題はないのだ。

私達は大阪府に最初に申し出をした。
*感染を防ぐ面で一番、重要なのが避妊・去勢手術。
この件はまたたび獣医師団の山口先生が行って下さる。
*今後の投薬についても製薬会社からの協力がある。
*隔離施設についても準備は出来る。

犬は人間の寿命と違い、70年80年ではない。
まして、中年層のわんこが多い中、何十年もない小さな命達である。
私達は終生飼育を踏まえて府に交渉をしたが、話は聞いてもらえませんでした。

所有権が大阪府にあると言うので、書類の提示を求めても府庁の方に・・・としどろもどろ。

所有権がない子達の命を奪う事は出来ない。

生きているんですよ・・・
心臓が動いているのですよ・・・
この子達の目が訴えています。


人間の勝手であの子達の心臓を止めて良い筈がない!!
どうして、前向きに治療しようと考えないのか!!

昨夜からボランティアさんが心配で居ても立ってもおられず、現場で夜を明かしました。
スタッフも現場に向かい沢山の人達が一睡もせず、府のやりかたに抗議しました。

朝、現場に行くと、それはそれは悲しい声が大型犬舎から響いてきた。
当初からお世話をしていた、Kさんに聞くと、こんな鳴き方した事がないと言った。
悲しい遠吠えが耳から離れない。
何とも切ない声である。

毎日、人が来るとご飯だ!と喜んではしゃぐ子達。
今日、最初に会う人間はご飯をくれるのでは無く、殺しに来る人間なんだよ。
あなた達は判っているの?
本当にこれでいいの?

抗議で本日の処分は中止になりましたが、白紙になった訳ではありません。

私達は今、出来る限りの事を行っています。

こんなに簡単に殺処分が行える事に絶対反対しなければなりません!!

僕達は何の為に生まれてきたのだろう・・・


そして、府は府民の声をもっと聞きいれなくてはなりません。
交渉には一切応じないのは何故なのでしょう?
正確な情報が府から全く伝わって来ない現場は裏切られてばかりなのです。

皆様の声も是非、大阪府に届けて下さい。

*大阪府環境農林水産部 動物愛護畜産課*
      
        06-6944-6174
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |