理由は?
朝からバーニーズやピレの適正サイズの超大型犬用のバリケンを持って現場に向かいました。
そこに居たのはまた、結城女史でした。
現場でスタッフは「昨日、言っていた犬舎を持ってきましたので、移してあげて下さい」と言うと、「間に合っていますので結構です。受け取れません」の返事でした。
何故?
昨日、藤野先生も涙でおっしゃっていたではないですか!!
あんな大きな犬が狭い犬舎では可哀想・・・入れ替えてあげてと!!




お約束でしたよね。
1ヶ月以上も前から変わっていない。
所有者のブリーダーが使用していた、埃だらけでサビサビのクレートを今もほとんどの子が使っているではないか。
給水器も付いていない子がまだまだ居た。
これも受け取り拒否。






ブルセラでは無く、他の病気になる。
先日、療養食などを持って行った時は全て受け取った。
今日は何故?
快適に暮らせる犬舎が目の前に積まれているのに、拒否。

大阪府の職員は血も涙もないのか!!
陽性犬処分と発表し、何も知らずに残された時間を過ごしている、何の責任も無いワンコを少しでも快適に過ごさせてあげようとは思わないのか!!
断る理由を知りたい!!
これもまた、会議にかけて入れ替えるか入れ替えないかを決めるの?
ほんと馬鹿げている。
昨日から府の職員が犬の世話をしていると言うが、飼い犬さえいない人達だろう。
若い男女の職員が「もぅ、世話がたいへんです・・・」ともらしていた。
当初から毎日、世話をしていたボランティアさんが涙で中の様子を見守っている。
どうして、会わせない!!
病院で入院している子達の状態すら言えないと拒否。

ボランティアさんは毎日防護服は真っ黒に汚れていた。
府の職員は真っ白!!
寒い中、ご苦労にボーと立って、5時を待つ。

先日も病院に連れて行って欲しいとお願いしたら、ある職員が「もう5時ですから・・・」
はぁ?命は待ってくれないでしょ!!

このままではあの子達全頭が大阪府によって虐待死してしまう。

大阪府は当初からのボランティアは外さないと約束していた。
全て嘘!!
どうかワン達の見方を側に置いてあげて下さい。

皆様の声で大阪府にお願いして下さい。

*大阪府環境農林水産部 動物愛護畜産課*
      
        06-6944-6174
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME |