スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
第14回譲渡会in真田山公園
週間天気予報では、ほぼ雨と思って前日までは譲渡会会場の変更も考えていましたが、神様はワンコ達のみかたでした。
1月末の気候にしては暖かな日で何よりでした。
朝早くからGRのボスが応援に駆けつけてくれていました。
幸せな顔を見ると胸がいっぱいになり、現在里親様を待っている子達も、こんな顔になるんだろうなぁ~と祈るばかりでした。

久々に代表と会ってご挨拶してくれました。



レスキュー時のボス。


ガリガリに痩せていました。
ガレージに置き去りにされ、空腹で色んな物を食べ腸閉塞で即、手術しました。
生還してくれた時の顔を今も鮮明に覚えています。
ボス・・・生きててくれてありがとう。

さて、譲渡会の様子ですが、みんな頑張ってくれました。
パピー・老犬たちは早めに退散しました。
里親候補様も面談にとても真剣に望んで頂けました。
沢山の子達が決定してくれる事を願います。





スポンサーサイト
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
譲渡会前日
譲渡会前日で朝から飛び回る日でした。
倉庫へクレートの整理・バザー商品種分け等3分担に分けて行動しましたが、作業終了は11時をまわってしまっていました。
会場への搬送がある為、作業は大変です。
明日はワンコ達は最終便で現場に入ります。
素敵な出会いがある事を願って、頑張って欲しいです。
広島からの応援も日帰りで新幹線で来てくれています。
沢山の人が応援してくれています。
私達も頑張らないと・・・

昨年、遺棄されたのち、処分寸前だったフォーちゃん。


化膿した眼球が腫れあがり、手術を予定しましたが、心臓も弱く麻酔の心配から入院治療をして頂いていましたが、検査をすると腎不全でした。
懸命に生きようとしています。
獣医師の診断では治療して長くて余命1年と宣告を受けました。
フォーちゃんはすでに13歳くらいです。
こんなにボロボロになった老犬を遺棄した飼い主は今頃普通の生活を送っているのでしょう。
天寿を全うする日まで頑張って欲しいです。
本日退院し、ホスト様のお宅でゆっくりと治療を開始して頂きます。


明日の譲渡会でホスト様宅から数頭が事務所にお泊りしています。
タッキー本日健康診断に行きました。


耳がかなり汚れていたので洗浄して頂き、暫く投薬。
つばさもフカフカベットで爆睡


みんな良い夢をみているんだろうなぁ~♪





Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
おかえりなさい。
ご心配の電話がありましたので、まずはご報告させて頂きます。
ばっちゃん・タッキー・ツバサ・アルフが帰ってきました。
早々にばっちゃんは診察を受けました。
パークでも受診しておりましたので、判断できております。
今までのストレスを考慮し、医師と相談しオペの日程を決めます。
ばっちゃんは沢山のスタッフと再会し、笑顔を見せました。
いつもお世話をしていたスタッフの肩にしっかりと抱きついていました。
今夜からはもぅバリケンで寝なくていいのよね・・・
もっと早くにゆっくりと眠れたのにね・・・
すでに里親様が決まっていた、ワンコもいました。
早く戻ってくればいいのにね・・・と応援して頂いてた方たちからもお電話がありました。
有難うございました。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
沢山の笑顔が到着
事務作業が遅れている中、毎日正式譲渡契約書が沢山到着しています。
譲渡会から3ヶ月が経ち、家族の一員となったワンコがニコニコ顔で集合写真の中に納まっています。
感謝の気持ちでいっぱいです。
引き取った当初からまだ3ヶ月しか経っていないのに、昔から彼等は我が家に居たような存在です。と嬉しいお言葉が添えてあります。

沢山の来場があった譲渡会で、ワンと家族が呼びあって結ばれ、迎えて頂いたご家族が沢山おられました。
そして、ご縁が無くお断りした方も沢山おられました。
大勢の人間の中、ワンたちは一生懸命頑張りました。
10月の末にも関わらず、暑い日でした。
今のパークは雪が降っているそうです。
私達が撤収する数日前も凄い雪が降っていました。

大阪に戻って1ヶ月。
1日が凄いスピードで流れています。
まだまだ、作業は山積みですが、ワンコ優先活動です。

幸せになったワンコのページの作成に取り掛かっています。
全国からボランティアでお越しくださって、お世話頂いたワンコが幸せな家族の一員として笑顔で紹介されます。

そして、ここ最近お願いの電話が入っています。
私達は存じ上げなかったのですが、とあるサイトが立ち上がっていて、パークから巣立ったわんちゃんの情報を知らせてくれと里親様に何人もからひつこく連絡があるそうです。

ワンコ達は家族の中でやっと落ち着いた暮らしに慣れてきている時期です。
「もぅ我が家の子なんです。そっとしておいてほしいのです。」とおっしゃいました。

どういう意図でそういう事をされているのかは判りませんが、里親様にご迷惑になっている事には間違いありません。
自分の身になればと置き換えて考えて頂きたいのです。
お祭り騒ぎではないのです。
一つの命が新たな家庭と共に歩き始めたのです。
私達は見守る事しかできません。

どうか静かにワンコ達の幸せを祈ってあげて下さい。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
元気になりました。
譲渡会まで後3日・・・
色んな作業に追われ、泊り込みボラさんも疲れモードが頂点に達しそうです。
とにかく寝るに限る。
しかし・・・ワンコの世話と病院搬送で時間はアッと言う間に過ぎて行きます。
譲渡会までに避妊・去勢を済ませてエントリーです。
病院の先生にも大変ご無理を言って申し訳なく思っています。

昨年の広島レスキューの際から、○○動物病院の院長にお世話になっているラブちゃんがいます。
この子と出会った時、私達は人間てなんて酷い生き物なのだろう・・・と胸を痛めました。
標本のような体。骨盤がはっきりと判り、床ずれが酷く深い穴があいていました。
体全身の毛も抜け落ち、頭骸骨は陥没
表情の無い眼差しは一点を見つめ生きる希望すら持ち合わせていなかったです。
飢え、渇き、苦しみ、痛み、寂しい、悲しい、・・・どれも避けたい事ばかりがこの子達を襲っていたのです。

皆の目が人間に訴えています。(右端が彼女です。)










レスキュー当日


現在の彼女


レスキュー当日


現在の彼女


病院に搬送された日からは落ち着き、今までの疲れを取るかのようにひたすら眠った事だと思います。

あれから4ヶ月・・・
こんなにも元気になり、院長の後を追っています。


誰からでも愛される性格です。
今までの分を取り戻して幸せを掴んで毎日、笑って暮らして欲しいです。
譲渡会にも参加します。
彼女の笑顔を見に来てあげて下さい。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。