スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2005angels
 
[スポンサー広告
毛皮反対デモin osaka
土曜日に広島から本部に戻り打ち合わせ。
動物愛護関連の方からの呼びかけでスタッフ3名でデモに参加した。
約1時間の行進であった。
プラカード等に食い入るように見る方達が沢山いました。
温暖化の為、毛皮自体は激減しているが、ファッションのポイントでまだまだ沢山の毛皮が使用されている。
ご存知なのでしょうか?
生きたまま毛を剥ぎ取られている事を・・・
剥ぎ取られても裸のまま痛さに震え狂ったように走り回っています。
安価のコートなどのフードの毛は犬が使用されています。
毛は動物達の物!!
生きたまま頭の毛を剥ぎ取られてかつら等に使われているのと同じではないですか!!
人はどうしてこのような残酷な事ができるのでしょう・・・
動物達に優しい日本、いえ動物達に優しい世界であって欲しいものです。






スポンサーサイト
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
告発への一歩
広島県警本部に広島ドッグパーク動物管理者に対する告発状を嘆願書と共に提出し、広島市役所社会局局長(松井 正治局長)に要望書及び嘆願書を提出致しました。要望書の内容に関しましては「市からの告発」「支援の要請」です。












Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
広島ドッグパーク譲渡会
21日22日と譲渡会は皆様のおかげで無事終了しました。
21日201頭・22日118頭が里親様の笑顔と一緒に巣立って行きました。

朝6時集合でボランティアさん400人が集合




朝10時ゲートが開く頃には長蛇の列が・・・




アンケートもじっくり考えてご記入下さいました。


面談の列も1時間以上で大変お待たせしてしまいました。


ワンちゃんを見る目は皆真剣でした。
「よくがんばったね!!」と涙を流し抱きしめておられる方もおられました。








コカコーラ様からは5000本を超えるドリンクの協力を頂きました。


日本ポラロイド様からはカメラ・フィルムの協力をして頂きました。


沢山の企業・獣医師様から医薬品の協力を頂いております。


ワンちゃん達は新しい家族との出会いを期待一杯で待っています。




新品のキャリーに入って巣立って行った子も沢山いました。


当日里親様が決定した子は獣医師の診断を受け今後の治療について相談されました。


パークの子達は5歳未満の子がほとんどです。
これからまだまだ長い犬生を送ります。
どうか幸せな生活が続くことだけを願っています。

支援物資につきまして消毒薬等補充できました。
ありがとうございました。
ご支援のお願いはTOPに記載させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
皆が幸せになりますように・・・
日々表情が変わって行く子達を見るのが楽しみで何度も何度も足を運んで下さるボランティアさんに感謝。
散歩の時間は穏やかな時間が流れる。
一人の人と一頭の犬が向かい合って会話を楽しんでいるようだ。
犬は笑って体を摺り寄せ甘えている。
初めて人の優しさに触れ、優しい手に触れ彼らは安心しておなかを見せる。
もぅ、何も心配しなくていいんだよ・・・・
あなた達には明るい未来しか待っていないのよ・・・
どうかどうか全ての子に幸せが訪れてくれる事を願う。














そして、今までまったく治療も施されなかったワンちゃんが隔離室にいる。
同じ症状の子が2頭。
片目は栄養失調から眼球が萎縮。
片目は眼圧が上がりピンポン玉くらいに目が腫れ上がっている。
まったく目は見えていない。






彼女はすでに10歳を超えた老犬である。
昼間は犬舎の中で騒ぐ事も無く、丸くなり静かに寝ている。
彼女の10年に楽しい事はあったのだろうか?
彼女の10年に笑顔があったのだろうか?
残りの犬生を幸せに暮らせる事を皆が願っている。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
譲渡会を控え・・・
譲渡会の日が近づきスタッフ達はミーティングが続いている。
ワンコたちは日に日に笑顔を取り戻している。
お散歩の時間・食事の時間には笑顔でボランティアさんに呼びかけます。
太陽の光をいっぱい浴び尻尾をユサユサ振りながら散歩に出ています。
毎日沢山のボランティアさんの愛情を受けています。
どんな薬より抱きしめてあげる事・話しかけてあげる事が何よりもの薬なのでしょう。
ワンちゃんは生まれる前から何処に行くかは決まって生まれて来るといいます。
パークに居る子達は間違ってしまったのです。
寄り道してしまった時間は辛く苦しい時間だったけど、本当の家族が迎えに来る日まで彼らは待ち続けます。
私達は最後の一頭が巣立って行くまで彼らを守ります。
里親様を待つワンちゃん達
























全71種類のワンちゃんが待っています。
*譲渡条件等につきましてはホームページをご覧下さい。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。