第12回譲渡会&バザー
恒例になってきた譲渡会もおかげさまで1年を迎えました。
沢山のワンコが巣立って行き、温かな家庭でのんびりと過ごしている姿に私達スタッフは里親様に感謝の気持ちでいっぱいです。

今日も沢山の里親候補様がいらして下さいました。






今回、お子様も沢山の質問を投げかけて下さいます。
ワンちゃんを見る目はとても穏やかな優しい眼差しです。
大切に大切に抱き上げて下さって、そっと撫でて下さっていました。
面談の時もご両親と一緒に私達の話を真剣に聞いて下さいませ。
「僕の妹になる子やから一緒に何処へでも遊びに連れて行く。」
「学校が終わったら一番に僕が散歩に行きます」
と力強い言葉ももらいました。
この坊やが大人になった時、また、自分の子供に命の大切さを伝えていくんだろうなぁ~と思いました。






沢山のバザー商品のご協力でバザーも大盛況でした。
今回600人を超える方々が開始1時間近く前から来てくださいました。
裏庭には入りきらない方で皆様に待って頂く事もございました事をお詫び致します。




アンケートも沢山入りまた、幸せを掴み巣立って行く子が増えました。
やっと、本当の家族に巡り合えたんだよね。。。
新しいスタートが楽しみです。


まさこちゃんも頑張りました。お疲れ様~。




先日のレスキューで来たBMDのクララちゃんも参加しました。


そして、ニューファンのチャンス君はお昼寝です。


Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
頑張れ!!ラブこのみ!!
昨夜は安心しきったのか食後、皆深い眠りの中に入って行きました。
もぅ心配はないのよ・・・心と体のリハビリをゆっくり時間をかけてやっていこうね。

朝一番で病院に向かった。
病院について先生は絶句。
「なんという痩せ方なんだ!!見た事も無い光景だ!!」と顔をしかめておっしゃった。
待ち時間無く、緊急で診察・検査が行われた。
ラブの女の子は状態が酷い。
肝臓・腎臓など臓器全ての数値が異常に悪い。
仮名:このみちゃん。
緊急入院




立っている時間はわずかですぐに横になってしまいます。




どれだけの長い期間辛抱してきたのか・・・
どんなに辛かったのか・・・
このみちゃんの命はロウソクの火のように小さくなったり大きくなったりしている。
頑張れ!!
全国の沢山の人が応援してくれている。
負けないで!!
これからは楽しい暮らしが待っているのよ。
このままお空に行ってしまってはあまりにも可哀想な犬生ではないか・・・・
みんながあなたの帰りをまっているのよ。。。
どうかどうか命の火を消さないで・・・

この子達の目は何を語りかけているのでしょう・・・
諦めた寂しい目は無表情です。
キラキラ輝く笑う目が必ず来る事を願っています。


Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
弟3陣到着
400キロの道のりを生きるために彼等はやって来た。
今回は状態があまりにも酷い。
まるで老犬そのものである。
が、まだ2歳か3歳だと言う。
何度も何度も休憩を取りながら大阪に到着したのは夜の9時。

ボランティアスタッフが続々と集まって来た。
いつもながら皆さんご苦労様であります。
みんなで手を繋ぎ、1頭でも早く救い出そうと言う団結心がそこにあった。


そして、レスキューされたワンコのケアが始まった。
全員、骨がゴツゴツと出て、目の上は大きく窪んでいる。
よく、生きていてくれたね。
よく、頑張ったね。
皆は声を掛けながら、胸は張り裂けんばかりで涙がこぼれ落ちた。
酷い!!酷すぎる。
骨盤・背骨は床ずれ状態で穴がぽっこりと開いて血が流れていた。








背骨や骨盤は全てズルズルに化膿していた。




歯茎は真っ白になり重度の貧血である。
立っている事も辛いようでフラフラと倒れこむ。
全員が目に全く表情が無い。
水もボールに沢山入っているのに、排水口に流れて行く水を飲もうとしていた。
泥水をすすり、他のワンコがした尿を舐め、水分を補給していた。
何十頭もがそこに群がり、喧嘩が始まる。
地獄であった。
いつから水が与えられていなかったのか?
いつから子の子達に食事が与えられなかったのか?








暫く経過観察になる子達も入院が必要になってきそうである。
そして、残された子達を一刻も早く救出しなければならない。

*医療費が膨らんできております。
里親様の元に迎えられるまでの期間はまだまだ掛かりそうです。
充分にケアしてあげるためには皆様の温かなご支援金のご協力が必要でございます。
どうか、お力をお貸し下さい。

(お振込先)
郵便口座 14040-31760911 
「アーク・エンジェルズ」


ジャパンネット銀行
店番001:(本店営業部)
口座番号:5872070
口座名義:アークエンジェルズ 林 俊彦
(アークエンジェルズ ハヤシ トシヒコ)
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
レスキュー第2陣到着
現地スタッフと中間地点で合流する為、昼から女性スタッフ2名が走りました。
走行400キロ
遠い!!
現場まで行くよりはかなりらくではある。
ボランティアさんの手によりレスキューされ現地スタッフに引き継がれ、そこからまた本部スタッフへと命が運ばれて来る。
私達が高速サービスエリアに到着するとすでにワン達は休憩で後ろのハッチバックをオープンにしてもらってのんびりした表情であくびをしていた。
開放された喜びなのだろうか・・・


窓から一列に並んだ顔を見ると何故か私は胸が締め付けられるような思いになった。
全て成犬である。
何年間過酷な場所で苦しんできたのか?
人間に左右され苦しんでいる。彼等が何をしたというのだ。










産まれてくる場所が違っただけでこれほどに辛い環境で生活しなければならなかった。
まるで標本のような体は骨と皮だけです。
雨が降って気温が下がると体温は極度に低下し命の保障はないでしょう。
座る時は体を折りたたむようにゆっくりと座りますが、骨があたってコツンコツンと音をたてます。
何ヶ月餌をまともに食べていないのでしょう。

到着後、病院へ走り健康診断。
獣医さん曰く、1ヶ月はろくに食べていないでしょう・・・との事でした。










事務所では多くのボランティアスタッフがシャンプーで待機。








ホストファミリー様も沢山駆けつけてくださってシャンプーが終わった子達は順次出発していきました。
今夜は暖かなお布団でゆっくり良い夢を見てね。
助かったんだよ。生還したんだよ。もぅ何も怖い事は無い。
みんなあなた達を守ってくれる優しい人達ばかり・・・

この子達には全てが始めての事です。
名前も無い。
外に散歩に出た事も無い。
一人用ボールからご飯を食べた事も無い。
優しく撫でられる事も抱きしめてもらった事も無い。
これからの犬生の幸せを願うばかりです。

そして、これからどんどん寒くなっていきます。
雨も多くなります。
一刻でも早く、残されてる子達を現場からどんどんと救出しなければなりません。

関東地方の愛護団体様の方へも状態が回復した子からお願いする予定でおります。
全国的にホストファミリー登録を重ねてお願い致します。

沢山の方から物資が到着しております。
連日、スタッフ・ボランティアスタッフが現場・事務所で深夜まで作業しております。
お礼の記載が遅れております事を深くお詫び申し上げます。
何卒、ご理解・ご協力をお願い致します。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
必ず助ける!!
レスキューから3日が過ぎた。
連日の薬浴などタオルが全く無い状態になってしまった。
洗濯が追いつかないのと乾きが悪い。
真夏なら2時間もあればカラカラ状態なのに・・・
ワン子達にとっては今の気候が最高に良いんだけれど・・・

皆様のご協力のおかげで、次々と一時預かり様の元へ出発していく子達。
事務所に来て頂いたホストファミリーのご家族は彼等に会って絶句。
そして、胸の中に抱き寄せ優しく撫でてもらっている。
ワンは目を細め、体をあずけてとても幸せそうな顔をする。
あななたちが何故こんな酷い目に合わないといけないの?
辛かったね・・・寂しかったね・・・
よく、生きててくれたよ。
もぅ、何も心配しなくていいから帰ろう。と抱きかかえてもらう。
私達スタッフは感謝の気持ちでいっぱいで「ありがとうございます。」の言葉しか出ません。

全頭、栄養失調。
抱き上げると間接が外れそうで怖い。
しかし、みんな食べる意欲は満々である。
生きる意欲に繋がっている。

3日が過ぎ、慣れて来たのか甘えてくる。
成犬でありながら皆、仔犬のようだ。
顔も幼いように見える。
大型犬が簡単に片腕で抱き上げれる。
そして膝の上で寝れる。
小さすぎる。
現在3頭が事務所滞在。
そして、今週中にまた、20頭近くのレスキューを予定している。

皆、大人しいです。
中型犬サイズです。
1ヶ月の期間でも結構です。
ホストファミリー登録を重ねてお願い申し上げます。

1陣でレスキューされた子達はきっちりと管理された中、食事が出ている。
残されて待っている子の事を思うととても辛い。
息絶えていないだろうか・・・?
頑張って!!としか祈ることしか今は出来ない。
必ず、助けに入るから頑張って!!
すでに息絶えている子の側にやせ細った子が隅で諦めた目をしていた光景が頭から離れない。
自分の行く末を察しているような目だった。
誰からも看取られる事無く、一人寂しく息耐えた子の事を思うとなんと可哀想な事なのでしょうか・・・
名前も無く、誰からも愛されなかった子達。
何を楽しみに日々を過ごしていたのでしょう・・・

悲しみの極地にいる膨大な数の子達。
私達は全ての子達を救い出したい!!

離れた地で現地スタッフも3日間寝ないで走り回っている。
現地での協力を求め無我夢中で動いている。
大阪組みもメールの返信などで明け方まで作業にとりかかっています。

多くの方の激励メール・お電話。
遠く離れたアメリカ・ロシアなどからも物資の協力メールを頂いています。
企業様も深夜遅くに犬具などを届けて下さいました。
協力関係にある全国の動物愛護団体さんからも全面的に協力、支援をして頂けると心強いお電話を頂いています。
感謝。

目指すのは救出!!
決して消えさせてはいけない命!!

のんびりと眠るようになりました。






甘えてくるようにもなりました。


お部屋で寛ぐ事も・・・






皆、足裏から血がでていましたが、膜も張ってきました。


先輩犬ジャス&まさこも優しく迎えました。




日中は裏庭で太陽の光を浴びながら散策


Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next