FC2ブログ
「ジィ」ちゃんがやって来た。
今日は朝一番で処分施設で待機していた、ビーグル「ジィ」ちゃんの引き出しです。
待たせてごめんね・・・
落ち着く場所は出来たから帰りましょう。
車は始めてのようで車酔いに下痢と悲惨な状態で事務所に到着。
シャンプー隊2名待機していてくれたので、即効開始。
皮膚がボロボロと何度も何度も洗ってスッキリ。
食事をし、新しい犬舎でお昼寝で夢の世界に入っていきました。
今まで辛かった分、沢山甘えて出来る限りの皮膚治療をして行こうね。




先輩犬「ゆき」ちゃんのお顔も優しくなって表情が変わって来ました。
誰も見ていない時はヘソ天で寝ています。=^-^=


そして、本日施設からもう1頭レスキューしました。
飼い主放棄です。
色んな事情で放棄を考え直す感じで待ちましたが、結局「やっぱり、いらないです!!」の返事だったそうです。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
言葉が出ません。
何故飼ったの?
この子が何をしたの?
この寂しそうな目をまっすぐに見れるの?


温かな家庭を全力で探します。
皆様のご協力をお願い致します。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
弟10回譲渡会&チャリティーバザー
朝一番にJr.angels隊長、七海ちゃんと愛犬飛馬君からとても優しいお花が届きました。
犬舎前の小さな花壇に植えようと思っていた、虫除けのハーブでした。
そして、温かなメッセージが添えられていました。
いつも応援ありがとう♪
子供達からの応援に私達はとても大きな力をもらいます。

移転後、始めての譲渡会が行われました。
雨予報だったので、前日から大型犬犬舎前にテントを張り、準備は万端です。
会場1時間くらい前から沢山の人が集まって来てくださいました。
小型犬は事務所内、中・大型犬は犬舎と分け、スタッフも2手に別れました。
今里事務所はとても狭かったので混雑でしたが、今回はゆとりが出来スムーズに面談等が行われました。
雨も途中小雨がパラパラしただけで、なんとか持ちこたえ無事終える事ができました。
多くの方のご協力本当に有難うございました。
そして、今回もワンちゃん達に沢山のお申し出がございました。










Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
結ばれた赤い糸
昨日トライアルに入ったバーニーはどうしているかな~?とスタッフ達と話していた時にメールが入った。
お腹も見せるようになって安心してくれています。との文章の後、ご家族がアレルギーで発作をおこしたとありました。
すぐに、先方様に電話を入れた。
かなり、酷い発作のようで、今回のお話は残念ですが断念という事になってしまいました。
お嬢様は大変悔やまれましたが、やはりこういう事になった以上はお互いの幸せを考えると・・・
バーニーにも、とても可哀想な結果になってしまいました。

電話を切った後、ホストファミリーK様にトライアル中止になった事を伝えた。
K様はバーニーを見送った後、トライアル期間の2週間は万一戻ってくることも考えてあけているとおっしゃって頂いてた。
全ての事情を説明したら、バーニーに不安な時間を与えたくないので、ご主人の仕事が終わり次第、走ります。
とおっしゃって下さった。
先方様は岡山県。
大阪は横なぶりの強い雨。
高速で2時間半。
K様がバーニーを思って下さる気持ちがとても嬉しかった。
先方と連絡を取り合い、バーニーを引き上げて電話をもらった。
夜中の12時半。
バーニーは迎えに来てくれたーーーと大騒ぎで一目散に車に乗り込んだそうです。

今までトライアル中止が数件あった。
先住犬の体調異常(ストレスによるもの)・家族のアレルギーが一番大きな問題である。
これは実際、生活してみないと判らないものなので、残念な結果にはなってしまったけれど、仕方の無い事なのかもしれない。

今まで、ずっと見守って下さったK様。
バーニーは今年7歳になった。
大型犬では老犬になってきている。
早く安住の地に・・・と一番願って下さっていたのはホストファミリー様であった。

そして今回のトライアル中止でバーニーの事を考え、真夜中の帰宅後すぐに里親希望アンケートを入れて下さいました。
電話で今までの気持ち等、沢山話を聞かせて頂きました。
今後もホストファミリーを続ける気持ちを持って頂いていたので、里親にはなれない・・・
しかし、高齢になってきているバーニーの事を考えると・・・
末っ子の坊やが七夕の短冊に「バーニーがずっとおうちにいますように・・・」と書いてくれたそうだ。
ご主人をはじめ、家族全員が暖かく向かえて下さいました。

バーニー長い長い遠回りだったけど、やっと本当の家族に出会えたね。
ホストファミリーさんとして出会ったKさんだったけど、赤い糸は最初から繋がっていたのね。
後は元気で長生きしてくれるだけです。
K様、本当に有難うございました。
スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいでございます。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
バーニーの笑顔
今年のGWの時に、ARK-ANGELSに来たバーニーズの「バーニー」
2ヶ月半、ホストファミリーのK様が献身的に面倒を見てくださった。
保護当時、全てに諦めた無表情な目と怯えた行動は皆が心配していた。
全く、手入れが出来ておらず、全身毛玉で全バリをいれるしかなかった。
糞尿で皮膚は赤くただれ、過酷な状況の中、バーニーは長年過ごしてきていたのがすぐに判った。


そして、今日バーニーに新しい家族が出来た。
最初はオドオドした様子であったが、里親様の優しい手がそっとバーニーの首に触れるとバーニーは笑った。


沢山のお話をさせて頂き、全てを理解して下さり幸せの旅立ちとなった。
今、バーニーが幸せに巣立って行けたのは、ホストファミリー様の愛という名のお薬でした。
私達の活動で最も必要なのはホストファミリー様なのです。
助けを待つワンちゃんは悲しい話ですが大勢います。
ホストファミリー様の協力が無ければレスキューもできません。
幸せに巣立った後、また、次の子がお世話になります。
大型犬の老犬は特に引き受けが難しいです。
住宅事情で小型犬までという所がほとんどです。
しかし、実際には大型犬の遺棄が一番多いです。
今後とも、皆様のご協力を重ねてお願い致します。
Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類
子犬の涙
梅雨明けはいつになるのかしら・・・
と、毎日空を眺めています。
朝一番で、金曜に会ったビーグル君の譲渡で処分施設に電話を入れた。
3連休だった為、不安な気持ちがいっぱいあった。
もし・・・金曜に処分にまわっていたら・・・等と頭の中は不安モードでした。
朝の9時ジャストに連絡を入れるとセーフでした。

昼から施設に向かった。
そこには連休中に増えてしまったワン達が大勢いました。
幼い子犬の鳴き声もちらほら・・・
まっすぐな瞳で見つめる子犬がいました。
生後70日前後の子犬です。


処分対象になっています。
産まれてまだたったの数十日・・・
この子が何をしたの?
何の為に産まれてきたの?
幼い目は悲しそうに「助けて・・・」と小さな声で鳴いているいるようにも聞こえました。
通常この時期の子犬はいたづら盛りで笑顔が満開の時期です。
何の罪も無い小さな命が消されていくにはあまりにも可哀想です。
ホストファミリー様を緊急に募集させて下さい。
譲渡会で子犬ちゃんに手をあげて下さる事を願います。

本日レスキューのパピヨンちゃんもさっぱりし、今日は我が家でぐっすりと眠っております。


ビーグル君は譲渡会開催の関係で今しばらく、待機してもらっています。
譲渡会翌日には朝一番でお迎えに行きたいと思います。
今日、彼にそっと「もぅ少し待ってね。必ず迎えに来るからね」と声をかけて来ました。
金曜日は諦めの表情でしたが今日は自らが前に寄ってきてくれました。
来週は薬浴・病院と通うようになりますが、のんびりと過ごせる日はすぐそこに来ました。
ビーグル君を応援してあげて下さい。




Posted by 2005angels
comment:0   trackback:0
[未分類